会社でお花見2014

松本 知彦 for Private Time/2014.04.07/仕事仕事

今年もこの季節がやってきました。
例年のごとく、駒場公園でのお花見です。

imgかなり広いスペースが必要になってきました。

今年はスタッフが増えて、去年の倍の数での開催でした。
去年よりブルーシートが2枚追加されて、輪も一回り大きくなりました。
過去10年間、食べ物、飲み物、ゲームの道具購入、予算の管理まで、ずっと松本が一人で企画運営を行ってきましたが、それを5年くらい前に管理部門の女子に引き継いでもらって、去年からはスタッフの当番制に切り替えました。
思えば前日にバドミントンの道具を買いに行ったり、ビールを買ってきたり、地面に敷くシートを家から持って来たり、いろいろしたのを思い出します。
ここへきて当日の準備、食べ物の手配からゲームの企画進行まで、完全にスタッフにまかせるスタイルがやっと実現しました。
たかが花見ですが、こうした変化を肌で感じることができるのは、とても感慨深いです。
スタッフが増えたとか、仕事が増えたとか、特にスタッフが成長したということを、普段仕事をしていて実感できるシーンは意外に少ないです。
しかし組織の変化をこうしたイベントで感じることができます。
今まで我関せずだったスタッフが積極的に(と思いたいですが)、企画運営をしているのを見ていると、なんだか組織自体が少しずつ成長しているようで、とっても嬉しく、、、。
こういうイベントは仕事と同じくらい大切であることを実感しました。
そして、こうしたイベントでリーダーシップが発揮できるかどうかが、結構重要だったりするのです。
仕事と同じだと思います。

そして残るは、、、
イベントがある度に僕自身がレポートしてきたこのブログも、今後はスタッフに渡していきたい。

img

img

img

imgなかなかこれがキツかった。

さて会食のあとに行われたゲーム大会です。
今年はくじ引きでグループに分かれての、チーム対抗大縄跳びでした。
みんなで身体を動かすのはいいですね。
楽しかった。
お世辞ではなくて楽しかったですねえ。
そして翌日筋肉痛です・・
この程度で筋肉痛とは、年齢を感じて愕然としてしまいました。

勝ったチームのスタッフ全員にはスタバの無料券が渡されました。
罰ゲームじゃなくて賞品だったんですね。
ちゃんと準備されていました。

img良い天気でよかったです。

楽しかった花見と同じくらい、楽しく仕事をしていきたいものです。
何でも一生懸命にやることは楽しさにつながるのです。
みんなでがんばりましょう。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版