春の「日本酒の会」開催!

松本 知彦 for Private Time/2016.04.26/仕事仕事

先日スタッフをうちに招いて日本酒の会を開催しました。
これは今までにない初めての試み、と言っても会社のイベントではないですが。
過去に自宅に友人数人を招いたことはありますが、10人を超える人を呼んだのも初めての経験でした。

img一晩でこんなにたくさんの種類の日本酒を飲んだのは初めて

imgキツキツ詰め詰めでテーブルに座ってます 笑

さてさて、僕自身は日本酒を飲む機会も少なく、特別詳しいというわけではないのです。
じゃなぜ日本酒の会を??
開いた理由はスタッフからのリクエストに応えるため。
しかし、まったく日本酒に詳しくない僕は、お店の人に日本酒の会を開くことを伝えて、どのように揃えればよいのか、またどのくらいの量が必要なの、などアドバイスをもらいながら、買い揃えたのでした。
ちょっと勉強になりましたが、日本酒にも色々あるのですね。
どうせ開くならみんなも日本酒について味だけでなく、知識も学びながら飲んだ方が楽しいだろう思い、店の人からウンチク=解説ももらって当日披露しました。笑

せっかくなので、ちょっとここで紹介しますね。
左から

img今回、各地から選んだ(選んでもらった)日本酒

1、天吹 すぱーくりんぐ  佐賀県
洋風の前菜にも合うお酒 
2、小左衛門   岐阜県
山田錦と違って複雑な風味が特徴の「雄町」を使ったお酒
3、独楽蔵 円熟  福岡県
熟成されているのでまろやかな甘みがあるので肉にも合う
4、冽(れつ) 山形県
純米吟醸では珍しく辛口のお酒。お米の甘みと切れを愉しむ
5、大七 皆伝  福島県
江戸時代から続く生酛(きもと)造りを行っている数少ない蔵元。生酛ならではの強い風味
6、奈良萬 中垂れ  福島県
自重で垂れてくる物だけで作った生酒でピリッとした呑み口とメロンのような香り。
7、菊水 無冠帝  新潟県
辛口で風味がしっかりとしたお酒。スッキリした切れ味
8、おたる 凍結仕込みナイアガラ  北海道
北海道のスタッフが持ってきてくれたお酒。日本酒ではなくワイン。葡萄の香りと凍結仕込みの濃厚な甘み。
9、魅惑の青みかん  愛知県
スタッフから。こちらも日本酒ではなく、三重県のみかんを使って作られたリキュール。
10、天吹 雄町  佐賀県
いちご酵母を使ったお酒。フルーティな香りの中に苺の花がほのかに香る日本酒。
11、獺祭  山口県
皆さんご存知のヒット作。世界20ヵ国で認められている。
12、魅惑のもも  愛知県
スタッフから。こちらも甘い飲みやすいお酒。ネクターみたい
13、雪の芽舎  秋田県
フルーティな甘みが特徴で女性に人気

img日本酒に合わせて、こちらも洋モノなしの国産地ビールで

こちらは一緒に揃えたビール。
1、天涯  秋田県
2、だいたいエール  茨城県
3、ナギサビール  和歌山県
4、ホップリラックス  神奈川県
5、I Hop Drip IPA  静岡県
6、COEDO  埼玉県

img写真は酔っぱらう前に撮影しておいた方がよいという教訓

11人で終電まで、うちにあった15本は全部空。
ベロベロになったスタッフもいましたが、楽しい時間でした。
手料理とお寿司もおいしかった。
しかし、みんな帰ったあとの洗い物の多さにビックリ・・・笑
リクエストがあればまたやりたいですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版