創業20周年記念プロジェクト2

松本 知彦 for Private Time/2016.06.16/仕事仕事

前回の続きです。
普段クライアントの実案件では、守秘義務もあるので、ブランド構築のプロセスは、なかなか紹介することができません。
今回はうちの会社の20周年を記念したVI&ロゴマーク制作事例として、この機会にプロセスの一部を紹介します。

制作するロゴマークは、招待状、封筒、名刺、Webサイト、ポスター、ムービーなど多媒体に展開する前提がありました。
紙、デジタル問わず、様々なコンタクトポイントで、齟齬のない同一イメージをマネジメントしていくことがブランド構築の根幹の考え方です。
初回の提案はモノクロでしたが、プロジェクトメンバーの意見も聞きながら、そこからブラシュアップしていきました。

img調整後に完成したロゴタイプ

今回は、めでたい行事として水引から発想しています。
そのコンセプトをデザインの細部にも落とし込んでいきました。
水引は、中国の陰陽説に由来しており、奇数本数の紐で結ぶというルールがあるので、まずラインを5本に修正。
色は、日本古来から使われてきた伝統色である朱とシルバーを基本カラーにしています。
そこからメキシコオリンピックのVI事例を参考に、オリジナルの書体を制作し、各種ツールへと展開していきました。
※この辺のくだりは前回の記事を参照してください
http://blog.10-1000.jp/cat35/001329.html

今回は記念行事的な意味合いもあるため、イメージとは別に、今後会社が向かうべき方向性を暗示するスローガンも必要だと考えていました。
受け手側に記憶してもらうことを目的の1つとするなら、見た人が事後にそのイメージを思い出し、頭の中で再構築するような仕掛けが必要です。
それには饒舌で明快な機能訴求より、すべてを言い切らない情緒的な視覚的アプローチが有効。
20年間行ってきた企業の魅力作り、それを今後もさらに高い次元で実践していくという意味を含めて、CREATE BRANDというメッセージを考案しました。
しかしこれは、主役のビジュアルを引き立てる脇役程度に。

img招待状のデザイン

imgグレーに見えてますが、実際にはシルバーです。

img写真だとわかりにくいですが文字部分が凸になっています。

最初に着手したのは招待状のデザインです。
20th、1996、2016、企業スローガンであるMAKE DIFFERENCE、YOYOGIUEHARA、そしてCREATE BRAND。
印象的な言葉を羅列して、タイポグラフィとして組み合わせました。
印刷は、朱色とシルバーが映えるフォーマルな白で、凹凸が出やすいクッション紙を選択。
1ミリほどの厚さがあるクッション紙は、その名の通りクッション効果があり、エンボス加工の効果が出やすい紙です。
カフェで出てくるコースターのような紙と言えば、イメージしてもらいやすいですかね。
通常エンボス加工を使うときは、凹処理をすることが多いですが、今回は水引ということもあり、凸加工を指定しました。
全体が沈んで、文字部分だけが浮き上がる処理。
写真だとわかりにいくかもしれませんが、ライン部分が凸になって飛び出しています。
同様に同じ色である朱色とシルバーを使って、透かしのある日本的な和紙の封筒にデザイン、印刷しました。

img記念サイトは、5年ごとの実績画像とテキストで構成しています。

imgサイト用に制作したオリジナルのフォント

並行して、間髪入れずに20周年の記念サイトを制作。
創業から5年ごとに区切ってページを作り、実績画像と言葉で構成しています。
全体のデザインエレメントは、ロゴのVIをベースに。
ここは通常の業務でもポイントになるところですが、ユーザはブランドに対してどのルートで接触してくるか?ということがデザインする上で重要なことです。
今回の場合なら直接Webにはアクセスはして来ないだろうと。(この記事を読んでいる方は別ですが)
郵送した招待状を受け取ったクライアントの方が文面を読み、サイトにアクセスし、そこから応募していただく、という流れを想定しています。
ですので、エンボス加工された招待状で目を引いた後、来訪してくるサイトでは、招待状の世界観が失われないよう情報を絞って演出することが必要です。
留意したのは各コンタクトポイントにおける、統一されたイメージコントロール。
ほかにもいくつかツールを作っていますが、それはまた後日紹介しますね。

img

20周年記念パーティは、7月6日の18時半~代々木上原のファイヤキングカフェで開催します。
どなたでも参加OKですので、みなさんお誘いあわせの上、ぜひ気軽にお越しください。
ワタクシ、10年以上ぶりにバンドもやらせていただきます。汗
そして同時に、僕と父親の作品も当日展示する予定です。
ただ大変に申し訳ないのですが、クライアントの方は無料、その他の方は2,000円の会費をいただきます。
これについては悩んだ上での決定で、、、来ていただける方は、何卒ご了承いただければと。
ちなみに素敵な?ノベルティもご用意してお待ちしていますので。

皆さん、応募はこちらから是非!参加される人数をお知らせください。
↓↓
http://goo.gl/forms/p3PSF9aONSB7XWmt1

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版