digのバンドがデビューします。

松本 知彦 for Private Time/2016.07.04/仕事仕事

さて、いよいよ今週水曜、あさって6日に迫ったdig創立20周年パーティ。
現在、その準備が着々と進んでおります。
既に100名以上の方の出席を受け付けました。
ありがとうございます!

パーティの企画は主に3つ。
1つ目は、先日からこのブログでもお伝えしている松本正彦・知彦親子展です。
会場となる代々木上原のファイヤキングカフェで先週から開催がスタートしました。
既に売れてしまった作品もありますが、展示は7月17日までやっていますので、皆さんどうぞお越し下さい。
パーティの当日は、僕を支えてくれた父親の絵に囲まれてイベントを行う予定です。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13012564/

2つ目の企画はスタッフによる動画作成です。
全員がそれぞれ異なる場所で、自分自身で動画を撮影し、それらをつなげて1本にするという企画。
こちらは当日会場で流す予定になっています。
僕もまだ出来上がり見てないですが。

imgスタジオで練習中のメンバー。

そして3つ目がバンドの演奏です。
今回3つのバンドが出る予定になっています。
1つは、僕が20歳くらいの時に一緒にバンドをやってた友人と、つい最近組んだバンド。
当時、僕はリリー・フランキーとバンドをやっていましたが、その彼に頼まれて別のバンドも手伝っていました(僕のパートはドラムです)
元BOOWYのサックスの人がいたバンド。
BOOWYのメンバーにサックスがいたなんて、皆さんはたぶん知らないと思いますが、ファーストアルバムの時にはいたんですよ。
ジャケットの写真にも写ってますが、NO NEW YORKの作詞をした人です。
そのバンドでギターを弾いていたのは同じ大学の後輩でしたが、大学卒業後に彼はプロになり、今は宮藤官九郎とバンドをやっています。
そしてベースの彼とは、その後もm-floのリサとバンドをやってCD出したり、フィンガー5のバックをやったり、色々やりました。
そのベースの彼と最近何十年ぶりかで再開して、一緒に遊びでやってるバンドです。
出会ったのが玉川上水なので、ニュー玉川カルテットというバンド名にしました (注:浪曲はやりません 笑)

img自宅で練習中の兄妹。

もう1つはリンタロとアンヌ隊員のユニッットです(松本家の長男と長女)
同じく兄弟で、彼らの好きなバンド、キリンジの曲を演奏するようです。
リンタロが弾くギター1本です。
キリンジの曲はコード進行が相当難しいですからねえ、本当に弾けるのかナゾです。。

imgまずは演奏を担う僕以外の3人。重要です。

img笑ってますが、1回目の練習なのでチョー緊張しています。

そして3つめがdigのスタッフによるバンド。
これがですねえ。
もちろん僕がやろうと提案したんですが、最初は誰も賛同してくれませんでした。
かなり雰囲気が悪かった。笑
参加したい人もいないし、楽器も本当はできるのに手が挙がりませんでした。
とにかく、みんな相当に腰が引けていたんです。
僕は、みんなで力を合わせて1つのことを体験するのはよいこと&絶対に楽しいはず!と思って提案したんですが、みんなはそうは思わなかったようでした。
その様子を見て僕は、みんなが嫌な思いをするなら、また強制的にやらされるという感覚なら、そもそも本来の目的と異なるのでやめようと提案しました。
目的は来た人も、それを迎える人も楽しむことですから。
でもみんな僕に気を遣ってくれたようで、、、(汗)最終的には渋々やることになったのでした。。。

img初めてみんなでスタジオに入って楽しかったー

img僕もドラム叩きます。

でも、いざ練習してみたら、、、、
みんな楽しそうでした。
伝えたいこと、わかってくれたようでした。
事実、楽しかった。
練習はみんなが1つになる、本当に楽しい時間でした。
自分のパートに集中して、全員の共同作業で完成する音楽ってやっぱりいいですね。

img当日全員が着るオリジナルTシャツも出来上がってきました。

というわけで、7/6水曜18時半から
誰でも参加可能ですので、もしお時間ありましたら、皆さんお越し下さい。
※クライアントの方は無料ですが、その他の方は恐縮ですが、お1人2,000円いただきます。
↓↓
http://goo.gl/forms/p3PSF9aONSB7XWmt1

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版