ひな祭り

松本 知彦 for Private Time/2012.03.05/私の履歴書私の履歴書

先日の土曜はひな祭りでしたね。
松本家でもお雛さまを飾りました。

img

img個人のfacebookでアップしたので、既に知っている人もいると思います。後ろの切り絵は父の作品。

ひな祭りと言えば、やっぱりお雛様。
赤いひな壇の一番上に、御内裏様とお雛様、その下に右大臣、左大臣、そして五人囃子、総勢15名が飾られる7段飾り。
女の子の子供がいて、これを全部揃える家って今どのくらいあるのでしょうか?
調べたわけではないですが、昔より減ってるんじゃないですかねえ。
女の兄弟がいない僕は、小さい頃これがうらやましくて仕方ありませんでした。
同級生の女の子の家に遊びに行ったとき、雛壇があると欲しくてねえ。
人形が欲しいというより、実物をそのまま小さくしたミニチュアの造形がジオラマみたいで、男心をくすぐられたのでした。
当時はいっつもプラモデルを作っていて、模型が大好きでしたから。

それ以外に、吊るし雛というものがあることを最近になって知りました。
これは布で作られていて、高いところから吊るすタイプ。
こんなのあるんですねえ。
子供の頃、雛祭りの時に見たのがこれだったら、欲しがらなかったと思いますけど。笑

img

img

雛祭りには、ちらし寿司を食べる習慣があるというのも、大人になってから知りました。
うちでも、近所にある「すし勘別館」というお寿司屋さんでお寿司を注文します。
このすし勘、にビル・ゲイツが来日のたび食べにくるという、知る人ぞ知るお寿司屋さんです。
とてもおいしいのです。

こうした日本古来の行事・文化は、ずっと続いて欲しいものですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版