お墓のデザイン2

松本 知彦 for Private Time/2012.07.10/私の履歴書私の履歴書

さて前回の記事の続きです。
父親のお墓を東京に作ると決めて6年。
お寺が決まったので、次はお墓のデザインですが、これって誰もが経験する機会があるわけではないと思います。
お墓の購入について、ご存知ない人のために少し説明すると、
成約後、土地のお金はお寺に、お墓のお金はお寺と契約している石材業者に支払います。
お寺と石材業者はほぼ1対1で契約しているので、お寺が決まれば石材業者は自動的に決まってしまうんですね。
なんだか結婚式場みたいなシステムです。
だから通常、お墓の営業はお寺ではなく、石材業者がしています。
皆さんも新聞などの折込チラシで見たことがあるでしょう。

話が逸れましたがお墓のデザインです。
真言宗高野山東京別院に出入りしている石材業者から提案のあったお墓のタイプは3種類。
どれもどこかで見たことがある形状で、、、、お寺の敷地内にあるお墓もみんなほぼ同じカタチをしています。
石もほとんどがグレー。
奇をてらったものを作る必要はありませんが、ずっと作家であった父らしいお墓を作りたいと思いました。

img敷地内にあるお墓。

img最初に提案のあった3つのお墓のデザインです

img2回目の提案と石のプラン。まだまだダメです

お墓の施工料金は、石の色と材質によって決まります。
黒がいいと思ったんですが、黒はインドかスエーデンしかなく、最高級のスエーデンの石で作ると1000万。。。
地震のあとで、国内生産の黒い石は手に入らなくなっていました。
う~ん・・・・お墓も家のようです。
最終的には、黒いインドの石を選びました。
形状は新規で図面を起こしてもらって、3、4回の修正のやり取りを経て、オリジナルのカタチに決めました。
今はお墓のデザインもCADで行うんですね。
デザインのディテールは、曲線や余計な飾りは一切やめて、すべて直線にしました。
3段で階段状に、上へ(天へ)登っていくような構成にしています。
そこに父の切り絵を彫り込むデザインに。
何の絵を入れるのかも悩みましたが、候補を決めて子供たちに選んでもらいました。
花菖蒲です。
江戸時代からハナショウブ園として、公園や憩いの場に多く利用されるこの花は、みんなの癒しの花です。

imgゼロから起こしてもらったプランの図面。

img出来上がったばかりのお墓。側面には自分の名前が彫られています

形が決まるとあとは石に彫り込む書体です。
これも3書体くらいから選びます。
お墓を独自のカタチにしたので「松本家」の3文字は入らなくなってしまって、「松本」の2文字だけになりました 笑

こんな経験は最初で最後でしょう。
お墓の石に父の作品を彫り込む、これで父も喜んでくれるといいなあと思っています。
そして彫り込んだ絵を見る度に、いつも静かで優しかった父を思い、父が教えてくれた素晴らしい芸術のこと、そして自分が今後やっていくべきことを考え、前を見てまた新たな気持ちになることを考えました。
父のお墓ですが、僕にとっては自分を鼓舞する忘れないためのモニュメントでもあるのです。

納骨式には父の再評価のきっかけを作ってくれた編集者の浅川さんや、父の盟友さいとうたかをさんも来てくれました。
さいとうさん「たまには遊びに来てちょうだい」なんて、泣かせるとこ言ってくれました。
本当に皆さんありがとうございます。
これで母もきっと肩の荷が降りたことでしょう。

息子は、、、、これからもがんばります。

img灰色の中で1つだけ黒い松本家のお墓。

imgさいとうたかをさんと僕

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版