夏休みの自由研究2012 その1

松本 知彦 for Private Time/2012.09.11/私の履歴書私の履歴書

とうとう今年もこの季節がやってまいりました。
夏休みの自由研究課題を学校に提出する季節です。
今まで、2年生の時のワイキキビーチに始まり、竹富島の水牛、バリのアマヌサ、と毎年模型を作ってきましたが、さて今年は何を作るのだろう?
ちなみにこれが去年作ったバリのアマヌサの模型です。

img

http://blog.10-1000.jp/cat36/000510.html
5年生のリンタロから提案があったのは、今年の夏休みに行った沖縄、小浜島のシュノーケリングの模型でした。
また難易度高い・・・・

美しかった沖縄の海の中の様子を模型にしたいとのこと。
まあ確かに、小浜島沖でのシュノーケリングはとっても美しくて、大人でも感動します。
子供にとっては本当に心に残る情景だったのでしょう。

彼に色々話を聞いていくと、やりたいことがだんだんわかってきました。
海の中の様子を真横から見た感じを表現したいようです。
珊瑚を作って、そこに彼が実際に海の中で見たファインディングニモでおなじみ、カクレクマノミを配置したいと。
彼のアイデアを聞いて、設計図と手順を書いてあげました。
今までも毎年設計図だけは書いてあげています。
作ることそのものより、綿密な計画こそが重要で、プランがきちんとしていれば半分は完成したようなものだということを彼に毎年教えているのです。
ちょっぴり仕事っぽいですが、これは人生でとっても重要なことです。

imgリンタロのノートに描いた設計図

さて沖縄から帰った翌日、早速東急ハンズへ2人で材料を買いに行って制作スタートです。
まず去年のアマンを作ったときに余ったスチレンボードで、土台を作ります。
そこにイラストレーションボードを貼って色を塗る。
あとは立方体のスチレンボードを削って珊瑚を作ります。

imgスチレンボードでまず土台を作ります。

珊瑚の土台にはスプレーで色を塗ります。
発泡スチロールも色を塗ればそれっぽい雰囲気が出ますから。
そこへスポンジを細かくちぎって接着したり、鉄道模型で利用する木のパーツを貼りつけたりして珊瑚を作りました。
なかなか珊瑚っぽくなりました。
海は本当にこれくらいの深さがあって、珊瑚もこんな感じでした。
いつもは言われてもまったく勉強しないリンタロですが、この一連の仕事は一人で夜遅くまで作ってましたね。
スチレンボードの扱いは毎年使っているので手慣れています。

img背景を塗って、スチレンボードを削って珊瑚の土台を作ります。

img珊瑚の土台にスプレーしたら、スポンジを接着して珊瑚を作ります。

今回は学校がはじまる1週間前に作業を開始しましたから、去年のように始業式の前日に親子2人揃って徹夜なんてことはないでしょう。
と、高を括っていたのですが・・・

その2に続く

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版