リンタロのギターレッスンはじまる

松本 知彦 for Private Time/2013.05.31/私の履歴書私の履歴書

今年になって、なぜかリンタロがギターをやりたいと言い出しました。
なぜにギター?
以前はトランペットがやりたいと言っていたのに。。

img

同じマンションにギターを習っている外国人の子がいて、それを見て感化されたようです。
その子と同じ先生にギターを習うことになりました。
その先生・・・・・実はドクター中松さんの息子さんなのです。
そして、このギターの先生、100%日本人の子供を教えるのはリンタロが初めてという(教えているのは全員外国人)、、なんともレアな習い事となりました。

さて、買うギターは何にしよう?
リンタロのリクエストはアコギじゃなく、エレキ。
う~ん。。。。いきなりエレキから入っちゃうの??
お父さんたちの感覚ではアコギで練習したあと、ある程度弾けるようになってからエレキなんだけど・・・
みんなそういう道を通ってきたんだけど、今は違うんですね。
辛気臭いフォークやるんじゃねーんだからアコギなんてしゃらくせーぞ、ロックやるなら最初からエレキだろ、みたいな感覚でしょうか。
驚くべきことに今の世の中、ネックが短い子供用のエレキギターというものがあるんです。
お父さんたちの時代にはショートスケールしかなかったのに。

img子供用ギターがあるんですよ。

img弁当箱のような小さいアンプ。VOXっていうのがいいですね。

小さいリズムボックス付きのアンプも一緒に買って、リンタロ練習しています。
毎日勉強、勉強で、今ではギターだけが彼にとって唯一の愉しみとなってます。汗

練習曲の一発目は50年代のヒット曲、ギターのリフ(繰り返し)で始まるピーターガンから。
続いてハッピーバースデーの唄。
ある程度弾けるようになったら、そのあとはスタンドバイミー。
今ってコードから習わないんですね。
エレキギターだからかな。

しかし習い始めて2ヵ月、スタンドバイミーは前奏からリードまで全部一人で演奏できるようになりました。
これにはちょっとびっくり。
先生も上達が早いって言ってましたが、習得早くないですか?
やっぱり勉強から逃れるためという理由かもしれませんが(笑)、しがみついてやってるだけのことはあります。
でもこれにはホントにびっくりしました。

imgリンタロが練習している譜面。6本の線はギターの弦を示しています。

そんな中、土日にリンタロから提案が。
「今度習っている子供たちが出るライブイベントがあるんだけど、それに一緒にバンドで出ない?」
ええ??
それを聞いたのはスタンドバイミーがまだ全然弾けないレベルの頃、習い始めて1ヶ月くらいの時でした。
「いま曲もろくに弾けないのに、ライブなんかできるわけないだろ?」と言ったところ・・・・・
泣いちゃったんですね。
そんなにギターが弾きたいのかと改めて思って、自分の言ったことに少し罪悪感。
ごめん、リンタロ。

img小学生でエレキギターを弾く子はどのくらいいるのでしょうね。

でもスタンドバイミーの演奏が、どんどん上達するのを見ていて、これはできるかもしれないと、あとから少しずつ思うようになりました。
聞くと、ライブはもうすぐだとのこと。
ギター習い始めて3ヶ月で、人前で、しかもバンドで演奏できるのか?!

まあ、スタンドバイミーだったら毎週練習しているし、コードも4つしか出てこないので、まあまあできるかな。
リンタロが言うには、ライブで演奏する曲は自分で選んでいいことになってるとのこと。
ある日家に帰ると、
「ライブで演奏する曲決めたよ」
「ん?何にしたの?」
「えーっと、シュガーベイブのダウンタウンにした」
「・・・・・」
ちょっとー、、、小学生とは思えない、その通な選曲は何??
ギターは山下達郎ですよ。。
ジャジーで、大人でも相当むずかしい・・・
「ドラムは大丈夫ですか?って先生が心配してたからね、練習しといてねー」
おいおい・・・・・心配すべきはドラムより自分のギターなんじゃね~の?

あとで聞いたらリンタロ、この曲が大好きらしいです。
しかし、こんなことになるなんて。
高島忠夫一家のように親子でバンドなんて、本当にできるのだろうか??
ライブはもうすぐ・・・・

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版