僕にとって年賀状は表現活動だった その2

松本 知彦 for Private Time/2014.01.09/私の履歴書私の履歴書

前回の小学生からの続きです。
中学生になってからの年賀状を見ていると、木版の表現をさらに推し進めていく過程が伝わってきます。
中学高校で、ある程度の完成度に達していますね。
小学生の時、夏休みの工作と年賀状の制作は、毎年の恒例行事になっていました。
自分にとっての表現活動といえば、子供の時から続けてきた、このお正月の年賀状が出発点になっています。
そこにはいつも父の存在がありました。

前の記事で紹介した1年生から6年生まで、その多くはお正月をモチーフにしたものです。
小学生らしくない、ある意味大人っぽいテーマが多いですが、これは少なからず父親からの影響があると思います。
父親も年賀状は、毎年自分で版画を彫って刷っていました。
それを見て、自分も自然に版画による年賀状制作を始めたということもあり、モチーフの選定も少なからず父親からの影響を受けていると思います。
でも父親の年賀状ってどんなのだったかあまり覚えてないですが・・・

img中1の年賀状。中学に入ると、いきなりクオリティが高いです。

さて中学1年生の年賀状です。
ここでは10色刷に挑戦してますね。
10色ということは、1枚のハガキを完成させるのに10回刷らないといけないという、、年賀状を100枚出すなら1000回刷るという気の遠くなるような作業をやってのけてます。
随分大人びた構図とモチーフですね。
中1の作品としては完成度がかなり高いと思います。

img中学2年生。ここからしばらく田舎の家シリーズが続きます。

中2からは田舎の民家シリーズがはじまります。
なんでこんな渋いモチーフを選んだのか覚えてないですが、前述のとおり父親から何らかの影響を受けていたと思われます。
今見ると父の切り絵の作品に、どことなく共通点を感じます。
左側の木の部分だけで色を4色使ってるのですが、刷る時のほんの少しのズレで、このように木がボテボテに太くなっちゃうんですよね。
細い木の枝でも、4色をピタリと重ね合わせて刷るのはホントに至難の業です。

img中3は高校受験のため、時間短縮を目的にプリントごっこで。

そして僕が中学3年生の時に、年賀状に革命が起きました。
プリントごっこという飛び道具が登場してきたのです。
シルクスクリーンの簡易版みたいな仕組みで、年賀状制作に特化した製品でした。当時はTVCMもやってましたね。
ある日、父親が買ってきたこの新しい商品に僕もチャレンジしています。
版を彫る必要も、バレンでこすって1枚1枚手で刷る必要もなく、大幅に制作時間が短縮できるのですが、これは受験で時間がなかったというのが最大の理由でしょう。
しかし、チョー写実なんですけど 笑

img高校1年から木版に戻ってまた田舎シリーズ再開。

img高2も続いて田舎の民家。凝ってますなあ。

高校1年になると、受験が終わって時間があったらしく(笑)再び木版画に戻っています。
やっぱり田舎の民家シリーズ。
当時はこのように、雪の部分は紙の白さをそのまま残すという表現が、本人非常に気に入ってました。
高2の年賀状も同じ表現ですね。
今までで最も多い14色刷!!
これは時間がかかってますねぇ。
いったい何百回刷ったのでしょうか・・・
高3は再び受験のため、年賀状を作っていないようです。

そして無事に現役で大学に合格し、大学生活に入ります。
大学に入ると、父親の影響から離れて、自分で好きなように年賀状を作るようになっていきます。
続きはまた次回。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版