「松本正彦 郷愁の切り絵展」 本日からはじまりました!

松本 知彦 for Private Time/2016.08.22/私の履歴書私の履歴書

何度かお伝えしていますが、僕の父親はマンガ家でした。
しかし僕が大学を卒業したあたりから、切り絵作家に転向し、毎日紙と向き合って気の遠くなるような細かい作業に向かうようになります。
そして都内の画廊や百貨店で、毎年個展を開くようになっていきました。

img今回は銀座の伊東屋さんでの展示です

それは母と二人三脚ともいえる作業。
創作は父、対外的な交渉は母、という役割分担で、活動は2人で行っていました。
会場の選定やフレームのチョイス、作品の命名、金額を決めるのは母親の仕事。
父親はいつも家で仕事をしていたために、マンガ家の時代から長い間、彼らは24時間一緒に家で過ごし、晩年は仕事も2人でするようになっていったのでした。
サラリーマンの家庭では考えられないですよね。
2人にとって結婚生活は、良くも悪くも実に濃厚な数十年だったと思います。
よくケンカもしてました。

しかし母はパートナーを失って一人になってしまった。
その喪失感がどのくらい大きなものか、僕には想像することしかできません。
すごく仲が良かったというわけでもないと思いますが、毎日ずっと一緒に過ごした仲間を失って、彼女の心にはとても大きな穴が空いてしまったように見えました。
しかし作家がいなくなったあとも、彼女は個展を開きたいと度々口にします。
その先に何があるのか、僕にはわからない。
でも彼女がやりたいと思うことは、やらせてあげた方がよいと感じています。

img父親の展覧会は実に3年ぶりです。

img展示場所は広くはないですが、20点近くの切り作品を展示しています

imgこちらはシルクスクリーン作品

img絵葉書もたくさん販売しています

img切り絵の作品集もありますので是非!

今回縁があって、銀座の伊東屋さんで展示をすることになりました。
これも母が一人で場所を決めてきて、作品の選択も梱包もすべて彼女が一人で行いました。
展示中は毎日会場にも立つとのこと。
オドロキの83歳・・・
でも、そうしていることが楽しいのだと思います。

img場所は伊東屋本館の裏にあるK.Itoya。万年室のサインが目印です。

銀座伊東屋(本館ではなく、別館のK.ITOYAの方ですのでご注意ください)の地下のフレームフロアにて、「松本正彦 郷愁の切り絵展」が、本日からはじまりました。
皆さん、銀座にお越しの際は覗いてみてください。
1週間やっています。
台風は今日で過ぎ去りますので是非。

8/22(月)~28(日) 月~土 10:00-20:00/日・祝日10:00-19:00
※最終日18:00閉場
銀座伊東屋 K.ITOYA 地下1階フレームフロア 
http://www.ito-ya.co.jp/store/itoya/k-itoya/recommend/2016/08/001962.html

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版