ユナイテッドアローズ お歳暮

松本 知彦 for Private Time/2011.12.14/食べる食べる

お歳暮の時期ですが、ユナイテッドアローズからお歳暮をいただきました。
オリジナルで作ったものと思われる箱のパッケージがかわいいです。
中身はおせんべいでした。

img

味は5種類
・カレーせんべい
・なっとうつくね
・五穀せんべい
・たがねせんべい
・サラダ小僧

三重県にある山盛堂本舗という会社が製造、同じく美鹿山荘という会社が販売しているようですが、ここに束矢(ユナイテッドアローズの語源)を加えた3つのマークがパッケージの箱に銀で箔押しされています。

img

お店の選択の理由はわかりませんが、5つの味の中ではカレーせんべいがおいしかったですね。
日本古来からの文化が次々と消えて行く中で、お歳暮は見直されるべき風習のように思います。
昭和の時代のように会社の上司と部下の間では必要ないかもしれませんが、売る人と買う人のリレーション作りとしては効果があるように思います。
いただくとそのブランドのファンを継続しようという気持ちが、少なからず湧き起こりますから。

ユナイテッドアローズは、古くは原宿マリナドブルボン時代から利用しています。
羽田空港をはじめ、銀座に文具の伊東屋とコラボショップを出したり、先日も高速の海老名インターチェンジ内に店舗をオープンさせたり、次々と打ち出してくる消費を牽引する戦略を傍から興味深く見ています。
アパレル全体が不況にある中で、今年最高益を出しました。スゴイですね。
見ていて感じるのは、以前から持っている感度の高いセレクトショップとしての編集力と、マス向けのオリジナル商品の展開力をバランスよく戦略化している点です。
洋服好きのマニアと独り暮らしの大学生どちらにもアプローチできることを目指しているのは他のセレクトショップも同じだと思いますが、拡大戦略を取る中で感性価値は往々にして失われ、提案の鋭さやエッジは薄れていくものです。
マニュアルやオペレーションとしてカタチにしにくい感度・感性というものを保ちながら、先を行っていたビームスを抜いて、現在に至るまでには相当な苦労があったはずです。
そして販売スタッフの人が全員人懐っこいのも、他のショップと大きく異なる点だと感じます。
これは教育なのかなあ。
参考にしたいですね。

おせんべい、おいしくいただきました。
原宿店のC島さん、A部さん、いつもお世話になります。
ありがとうございました。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版