Doritos  ナチュラル

松本 知彦 for Private Time/2012.10.15/食べる食べる

ドリトスが大好きなのです。
黄色、オレンジ、赤とありますが、一番好きなのは黄色です。

成城石井やKALDIなど、今では輸入食材店が普及して、海外の食材も簡単に手に入るようになりましたが、一昔前までこのドリトスを買うのは一苦労でした。
アメ横とか明治屋とか、一部の輸入食材店に行かなければ手に入らず、行く機会があると必ず買ってました。
たしか以前1袋600円くらいはしたと思います。

以前はニュージーランドで作られていましたが、数年前台湾に生産が変わりました。
ドリトスっていったらメキシコとか中南米のイメージですけど、ニュージーランドも台湾も全然ドリトスとイメージが結びつきません。
とうもろこしの産地と関係があるのかなあ。

img黄色のドリトス、たまりません。食べながら描きました。笑

黄色のパッケージは塩味、オレンジはタコス味、赤はナチョチーズ味。
僕は特に黄色が好きです。
夜中でも朝でも食べ出したら止まりません。
お腹が相当すいたまま家に帰って、ご飯がない時、ドリトスを1袋食べてしまうことも。
でも翌日絶対にお腹が痛くなりますけど・・・

そしてディップです。
これもなかなか売ってるところは少ないですが、必需品でしょう。
黄色の塩味とディップの組み合わせは最高です。
(ディップのMildはあまり売ってません。なんでだろ。)

ドリトスは1966年にアメリカで誕生。
考案したアーチ・ウエスト氏は昨年97歳で老衰で亡くなりました。
1987年に発売された日本のドリトス(コンビニで売ってる)は味が違いますから、別モノ。
やっぱりインポートのドリトスに限ります。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版