お歳暮

松本 知彦 for Private Time/2013.12.25/食べる食べる

先日、ユナイテッドアローズからお歳暮が届きました。
UAからのお歳暮やお中元は、常にパッケージが凝っていて、今回もちょっぴりお洒落だったので紹介しておきたいと思います。

img

小さな段ボールに入って届いたのですが、ちょっと重い。
段ボールにも既にユナイテッドアローズからのお歳暮と印刷されていて、なかなかお金がかかってました。
段ボールの箱を開けると、さらに白い箱が入ってます。
白いフタの上面にはUAのブランドロゴである3本の束矢と、何やらエンボスで記号が印字されてます。
この記号の意味は、、中身を見るとわかるのですが。

imgこのマークが意味するのは何でしょうか?

img中には茶色い包みが2つ

フタをあけるとクラフト紙の包みが2つ。
そこに貼られた帯状の紙にも、箱の上面と同じようにUAのマークと記号がセットで印刷されています。
この中身、お米なんですね。
新潟のコシヒカリですって。
伊勢神宮の奉納米にも選ばれた江戸時代から300年続くお米だそうです。
謎の記号は漢字の「米」を、デザインしてマーク化したものと思われます。
パッケージを変えるだけでお米もお洒落に見えますね。

img正解はお米でした。

こういうのはとっても大事だと思います。
お歳暮もデザインも。
日本には古くから礼節の文化がありますから、その文化を絶やさないよう企業は積極的にその風習を採用し続けるべきですよね。
うちの会社も企業の魅力を作る仕事を標榜しているのだから、こういうちょっと変わったお歳暮をお世話になったクライアントの方々に送りたいものです。
しかしなあ、これだけパッケージに凝っていると結構お金がかかるでしょうね。
いくつくらい作っているのかなあ。
UAみたいに上場企業じゃない僕らは同じことをするのは難しいですが、受け取っただけで、その企業が何を提供したいのかを無言のうちに受け手に感じさせることができるっていうのは、投資価値は十分にある気がしますね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版