MOSAIQUE 表参道

松本 知彦 for Private Time/2014.07.11/食べる食べる

以前青山のプラダの近くに厨房のピカソと呼ばれた男ピエールガニエールのお店、その名も「ピエールガニエール東京」というフレンチレストランがありました。
ミシュランで3つ星を取っていたお店です。
それが5年くらい前に突然閉店してしまいました。

img壁のモザイクが店のコンセプトになっているのですが・・・・

僕もこのレストランには2,3回食べに行きましたが、いつものように、やっぱり味よりも店に来ている人たちに興味が湧いて、そればかり見てました笑
食通と業界人ばかりで、予約はあまり取れないお店でした。
それが運営会社の経営破綻を理由に突然閉店してしまった。
その頃ってアランデュカスもそうですが、高級店がたくさん東京にできた年でした。
今それらのお店がうまく行っているかはわかりませんが。

ずいぶん前のことになりますが、友人に誘われてレストランに行く機会があったのですが、それで連れていってもらったのが、以前ピエールガニエール東京があった場所に新しくオープンしたレストランでした。
そこでかなり驚いてしまった・・・
インテリアの内装がガニエールの時とまったく同じなんです。
こんなことってあるんですね。
椅子まではわかりませんが、壁もオブジェもそのままで、、もしかするとテーブルの配置も一緒じゃないか?と思われました。
前の店舗の設備をそのままの状態で借りることを居抜きっていうんですけど、有名店の内装そのまんまで同じフレンチをやるって、、、いいのかな。
ガニエールは相当内装にお金をかけたはずですから、それを壊すのは確かにもったいないし、借りる側からすれば安くていいんでしょうけどね。

img元ロブションやベージュのスタッフが店を運営しています。

お店の名前はモザイクといいます。
なぜモザイクかと言うと、店の壁がモザイクタイルでできているからです。
でも、そのモザイクはガニエールの時のまんまです。笑

雰囲気はそのまま、料理も悪くないですし、料理の金額も以前より安くなってます。
これはいいのか、悪いのか、なかなか判断がむずかしい。汗
でも確実に1つ異なる点があります。
サービスがまったく違うのです、いろんな意味で。
モザイクの方がずっとフレンドリーです。
同じ内装で、同じフレンチ食べながら、以前と全く違うサービスを受けると、なんだか戸惑ってしまいます。

洋服屋などと違って、同じ内装で運営できるレストラン業界って不思議です。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版