バイタミックスの季節がやってきました!

松本 知彦 for Private Time/2015.05.14/食べる食べる

出ました!
泣く子も黙るバイタミックスです。
この季節はやっぱりスムージーですね!って書いてる自分がかなり恥ずかしいのですけど・・・汗

img色々入れてスイッチ入れるだけの簡単なシステム。

好き嫌いは別として、よくも悪くも流行っているものには真理がある、と常に思っている自分ですが、これだけストレートに流行っているものを自ら紹介するのは若干照れがありますね、ハイ。
松本家にバイタミックスが導入されたのは今から3年前。
スムージーを家でも飲みましょうという奥さんからの提案でした。
アメリカ、オーガニック、海、健康、LAファッション、
もっと言っちゃうと、マラソン、ワイハ、朝食、ヨガ、スマイル、美容、セレブなどなど 笑
アメリカ製のバイタミックスは、今流行しているそれら全部をひっくるめたライフスタイルを送りたい人にぴったりの製品です。(ってかなりの偏見 笑)
別に自分は、ロンハーマンのジャージ着て、毎朝走って週末はサーフィン、LA大好き、みたいなライフスタイルじゃないのですけど(むしろ正反対)、うちにも導入されました。

imgアメリカ製だけあって、GEにも通じる大味なデザイン。

imgアイスクリームとかスープも作れるらしいです。かき氷も?

バイタミックス?何それ?ミキサーと何が違うの?っていう人のためにちょっとだけ紹介します。
僕も最初そう思ってました。
今も全然詳しくないですけど。
バイタミックスは1921年にアメリカのクリーブランドで創業された家電メーカー。
プロの料理人やレストラン向けの製品がメインでしたが、近年急速に家庭にも浸透してきました。
背景にはオーガニック、ローフードなどアメリカ人の健康志向ブームがあると思います。
その流れが日本にも上陸してきて、バイタミックスも注目を浴びるようになりました。

imgパセリのせいでグリーンですね。

バイタミックスのマシンには「混ぜる」「潰す」「刻む」「砕く」「加熱」「冷却」「挽く」「撹拌」の8種類の機能があります。
これをすべて使いこなしている人はスゴイですが、うちではスムージーを作る時しか使っていません。
サイトを見ると、強力モーターのパワーで、特殊ステンレスブレードがコンテナ内の材料を細かく粉砕。
硬い氷も数秒で粉砕可能。
刃こぼれ、摩耗がないので耐久性も非常に優れています。とのこと。
詳しい人に聞くと、野菜の粉砕力が他のミキサーより秀でているらしく、バイタミックスで作ったスムージーは他のマシンで作ったものより、はるかにスムースな状態までに粉砕されているらしいです。
飲み慣れている人は飲んだだけでわかるみたいっすよ。
自分はこの分野に詳しくないので、全然言及できませんが。汗

imgできあがったら本体からコンテナを取り外してコップに入れるだけ。

img食感はネクターですね。

問題は、、、砕いた野菜がスムースかどうかではなくて、味ですね 笑
健康的だとはいえ、スムージーってそんなにおいしくないです。
入れるものにもよるとは思いますが。。
まあ、野菜をバリバリ食べるよりは、はるかに容易に同じ栄養分の取得ができるので、お手軽でいいですけどね。
今日のスムージーは、キウイ2個、ピンクグレープフルーツまるごと1個、バナナ1本、パセリ3、4本でした。
まあ、これだけのフルーツと緑黄野菜を一日で食べることはまずないですからね、便利ではあります。
しかし子供の頃、ネクターが嫌いだった自分にとって、スムージーのどろどろとした食感はどうもあんまり好きにはなれず・・・・
青汁みたいに健康とは、おいしくないことがつきものなのでしょうか。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版