haritts 代々木上原 

松本 知彦 for Private Time/2013.06.27/食べる食べる

代々木上原に3年くらい前にできたドーナツ専門店です。
できたばっかりの時は行列ができて、かなり熱い店でした。
今でも結構人が入ってます。

img

古い民家を改造して、テイクアウト用のドーナツを販売しています。
店内には小さいカフェコーナーもあって、お茶を飲みながらドーナツを食べることもできます。
しかし横幅2メートルくらいのかなり細い道沿いにお店があって、もちろん人通りがある道ではないので、知らない人はまったく知らないと思います。
外観もただの民家で看板もなく、お店には見えないので、たまたま通りかかって、、、ということはあり得ないでしょう。
エントランスも民家の引き戸のままだし。。
これで営業が成り立っているのだから凄いですねえ。
代々木上原ってこういうお店が結構多いんです。
知ってる人は知っている、というお店ですね。

img民家?民家を改造した事務所かと思っちゃいますよね。。。

imgお店を入るとすぐにドーナツ型のタワシがぶら下がってます。

でもそんな店の中から、ベーグルワンとか西光亭とか、ブレイクして百貨店などに進出していったお店もたくさんあります。
このドーナツ屋さんは、以前は車で移動式のドーナツ屋だったそうです。

売ってるドーナツはフカフカで美味です。
でも行くと、どれかの種類が売り切れちゃっていることも。
僕はプレーンが好きですね。

img左からプレーン、かぼちゃ、コーヒー味

昨年、このお店のまん前に洋服屋が新しくオープンしました。
これがまた民家を少し改装しただけのお店で、いわゆるブティックのインテリアではありません。
こういうお店が、代々木上原にはたくさんあるんですよね。
今の世の中のトレンドでもありますが、最近次々できてます。
毎月新しいお店がオープンしているんじゃないかなあ。
新しくできた洋服屋は壁などを白く塗っていて少し目立つので、細い小道に入るきっかけにはなっているかもしれません。
この洋服屋効果で、ドーナツの売れ行きもちょっとは影響あるかもしれませんね。

pour vous 代々木上原 

松本 知彦 for Private Time/2013.03.08/食べる食べる

ここ3年くらい代々木上原近辺ではパン戦争が勃発しています。
以前、パン屋といえば古くから駅前商店街にあるフジヤだけでした。
バケットではなく、食パンを売っている普通の町の商店街のパン屋さんです。

imgパリの街角のような佇まい?

一方、おしゃれパン屋としては、少し歩いたところにルヴァンという、これまたその筋では有名な老舗のパン屋があります。
でもこの2店舗だけで、それ以上にパン屋は増えずに20年くらいが過ぎていました。
そこに最初に殴り込みをかけてきたのがこのプーブーです。
商店街にあった古いテーラーが閉店すると、その場所に新しく若者向けのパン屋をオープンさせたのです。
世間で起きたパンブームの到来に乗ってやってきたプーブー。
それはフジヤのパンの売り方とは明らかに異なる、食パンを売らないスタイルのパン屋でした。
(店の名前からして読めませんし・・・・)
プーブーが口火を切った直後に、今ではパンブロガーの間で知られるカタネベーカリーがオープン、そして元リーガロイヤルホテルのシェフが経営するマンマーノ、フレンチレストランでパンを売るアトリエベックなど、こだわりのパン屋が立て続けにオープンするのです。
新しくなった駅ビルにはチェーン店ですが、リトルマーメード、サンマルクカフェができました。(スタバもできて、そこでサンドイッチは買えるので競合と言えばスタバも)
代々木上原駅近辺で、3年の間になんと6店舗もパン屋がオープンしたことになります。
人々のライフスタイルがこの3年で劇的に変化したのでしょうか・・・?

imgフワフワの揚げパンです。

img個人的に好きなのはダークチェリーとカリカリのマルゲリータパン

さて最初にパン戦争の口火を切ってオープンしたプーブーですが、ここのウリは揚げパンです。
ふっくらとした揚げパンに砂糖がまぶしてあるシンプルで昔ながらのパンですが、内側がふわふわしていて柔らかくおいしい。
ココア味の揚げパンもあります。
経営しているのは、代々木上原に住む30代の夫婦。
奥さんとはお店でよく話をしますが、子供ができてあまり最近お店には立たなくなりました。
軌道に乗っているようです。

こういう現象、他の駅周辺でも起きているのかなあ。
カフェブームが昔ながらの喫茶店を閉店に追い込んでしまったように、新しいスタイルのパン屋がスタンダードになっていくのでしょうか?
でもフジヤにはフジヤの良さがあって、僕はどちらも好きです。

imgホントに店の名前、読めません。

おかめ 東北沢 

松本 知彦 for Private Time/2013.02.05/食べる食べる

寒い季節は、おでんです。
今の時期、毎年食べたくなりますよね。
今回紹介するのは、知ってる人は知っている通の?おでん屋。

img最近、このタッチに凝ってます。

このお店、なんてったってアイドルの小泉今日子先生御用達のおでん屋さんです。
場所は東北沢から徒歩5分くらいですが、かなりエントランスが狭く、看板らしきものも出てないので、知らなければ通り過ぎてしまうでしょう。
え?こんなとこに?という場所にあります。
以前は取材拒否で住所も出てなかったのですが、食べログはじめWebメディアの登場で、今では検索すればどこにあるか出てきますので、行ってみたい方はそちらで。

img

imgいわゆるオープンキッチンスタイル、、って言っていいのかな

和風の細いエントランスを抜けて店に入ると、カウンター席のみになっています。
2人など少人数で行く場合、予約はできないので早めに行くことをオススメします。
4人以上なら2階席の予約ができます。

img

img白子のおでんです

おいしいですよ。
寒い日はやっぱりおでんですねぇ
食べに行きたくなってきました。

img

ESQUISSE 銀座 

松本 知彦 for Private Time/2012.12.26/食べる食べる

僕には20代の時からの親しい女子の友人がいます。
年は僕より下ですが、彼女も美大を卒業後、大手の広告代理店に新卒で入社して今もその会社のアートディレクターとして働いています。

imgエスキスのサイトはきれいです。

imgこちらゴージャスなビルのエントランス。

彼女とはものすごく仲がよいわけでも、しかしながら疎遠でもなく、なぜか毎年1度だけ会って食事をする仲なのです。
こういう関係、かなり不思議です。
20代の時には、もちろん一緒にあちこち遊びに行きました。
バブルはとっくに終わっていましたが、それでも都内のクラブは毎週末たくさんの人で賑わっていたし、毎回仲間たちとそこで朝まで飲んで騒いでいました。
彼女とその同僚たちは、もちろん僕よりたくさんお金を持っていて、遊び方もスマート、、
いえ逆ですね、他の人より忙しい分、とことん遊ぶみたいな、僕にはない抜け感みたいなものがあってすごいなあと当時思っていました。
30代になってもよく遊んでいましたが(彼女は朝まで遊んで個人タクシーを呼んで帰るという遊び方です・・・)、結婚を機に、彼女たちも仲間とクラブやレストランで朝までみたいな遊び方はしなくなりました。
その代わりではないですが、フィジカルな方に行ったり、海外に行ったり、株をやったり、相変わらずパワフルです。
そして40代。
近況を話したりして、彼女と2人で毎年食事をするのが恒例になりました。

img店内はベージュのシックなインテリア。

スカしたレストランに毎年1度、年末に行くという行事がここ数年恒例になって、今に至っています。
毎年お店を選ぶのは彼女ですが、いつも旬で素敵なお店をチョイスしてくれます。
今年は銀座のエスキスでした。
なんでも彼女の食いしん坊の女子の友人からのレコメンドだそうです(たぶんセレブな方だと思いますけど、、)

お店はビルの9階にありますが、エントランスからしてゴージャスです。
当然景色もよろしい。
大人です。

img

img蝦夷鹿の肉です。北海道の鹿を誰かがハンティングしてるってことですよね。

おいしいフレンチ料理を食べる機会って普段なかなかないものですよね。
でも感じることは、一緒に食べる相手が重要だということです。
そう、料理はサブで、時間を楽しみにきているのです。
だから相手が重要です。
彼女と1年ぶりにする話題の内容は、男女の話、流行の話、映像の話、ファッションの話、色々です。
でも共感する部分とか、何かに対して思うポイントが似ていて、だからまた会いたいと思うことにつながるのだと思います。
彼女が30代の頃、毎日のように朝までバリバリ働く姿を見ていて、ガッツがあるなあと感心して見ていました。
遊ぶのも一生懸命だったけど、働くのはそれ以上に一生懸命でした。
ゴールは1つしかないのだと信じて働く姿勢には、僕も共感したものです。
裕福な家庭に育ち、お嬢様学校として有名な女子校に下から通った後、なぜか大学で美大を選び、毎日徹夜して仕事をしている彼女(以前は)。
同じクリエーターとして尊敬しています。

2人に共通する点、それは物事に対するバランス感覚のようなものです。
破綻しているようで実は緻密だったり、流行っているミーハーな話のようで実はリサーチの視点の話だったり、いずれにしても根底にあるのは、どうやったって最後の真理は1つしかないだろうということに行き着くような気がします。

こんな食事は楽しいです。
これからもずっと会っていきたい大切な友人ですね。

そんな大人の夜に、エスキスはぴったりです。

img最後にフレンチらしく、マカロンのおみあげをいただきました。

Doritos  ナチュラル

松本 知彦 for Private Time/2012.10.15/食べる食べる

ドリトスが大好きなのです。
黄色、オレンジ、赤とありますが、一番好きなのは黄色です。

成城石井やKALDIなど、今では輸入食材店が普及して、海外の食材も簡単に手に入るようになりましたが、一昔前までこのドリトスを買うのは一苦労でした。
アメ横とか明治屋とか、一部の輸入食材店に行かなければ手に入らず、行く機会があると必ず買ってました。
たしか以前1袋600円くらいはしたと思います。

以前はニュージーランドで作られていましたが、数年前台湾に生産が変わりました。
ドリトスっていったらメキシコとか中南米のイメージですけど、ニュージーランドも台湾も全然ドリトスとイメージが結びつきません。
とうもろこしの産地と関係があるのかなあ。

img黄色のドリトス、たまりません。食べながら描きました。笑

黄色のパッケージは塩味、オレンジはタコス味、赤はナチョチーズ味。
僕は特に黄色が好きです。
夜中でも朝でも食べ出したら止まりません。
お腹が相当すいたまま家に帰って、ご飯がない時、ドリトスを1袋食べてしまうことも。
でも翌日絶対にお腹が痛くなりますけど・・・

そしてディップです。
これもなかなか売ってるところは少ないですが、必需品でしょう。
黄色の塩味とディップの組み合わせは最高です。
(ディップのMildはあまり売ってません。なんでだろ。)

ドリトスは1966年にアメリカで誕生。
考案したアーチ・ウエスト氏は昨年97歳で老衰で亡くなりました。
1987年に発売された日本のドリトス(コンビニで売ってる)は味が違いますから、別モノ。
やっぱりインポートのドリトスに限ります。

利庵 白金台

松本 知彦 for Private Time/2012.07.25/食べる食べる

ここのおそば、最高です。
休みの日のお昼に行くことが多いですが、本当においしいですね。
あるサイクルが来ると、定期的に行きたくなります。

img久しぶりに気合いを入れて描きました。結構うまくない?自画自賛 笑

一軒家で、店内は日本の古いインテリアで統一されていて趣があります。
あまり席数がないため、お店に入るのに並ぶことが多いですが、他の店と違って並ぶ価値はあると思います。
お昼でも、芸能人との遭遇率が高いお店ですね。
それだけ有名店ということでしょうか。

出汁巻玉子(通称だし巻)がまず最高です。
もちろんおそばもおいしい。
そして小柱のかきあげ。
あ~おいしい。
書いている途中でまた行きたくなってきました。

img

imgこれが小柱かきあげです。

せいろは800円で普通ですが、小柱のかきあげは小さいのに1350円もします。
しかしおいしいので許してあげます。
ビールと出汁巻玉子、せいろを2枚、そして小柱かきあげ、って注文しているとフランス料理のコースランチみたいな金額になってしまうのですが、、、でもおしいので許してあげます。
今度の日曜にまた行こっかなあ。
本当にオススメの1店。
これからの暑い季節、皆さんもぜひ。

叙々苑 神泉 

松本 知彦 for Private Time/2012.05.22/食べる食べる

松本家は、誕生日などのイベントがあると焼き肉を食べるという習慣があります。
そんな時、大抵いつも行くのはこのお店です。
目の前に駐車場があるから便利という理由も大きいです。

img

img

この店の並びには、あの市川海老蔵の家があります。
店で彼を見かけたこともありますが、ホントにご近所。
事件の時は、店のすぐ近くで取材陣がワイワイ。
こないだは広末涼子が来てました。
芸能人って焼き肉好きなのでしょうか?? 
かなりの確率で遭遇するのですが。

この叙々苑は、最近改装してエントランスの位置が変わりました。
以前は店に入るための入口と、エレベーターに乗るための入口が分かれていました。
上階が個室の座敷になっていること、入口が2つあるので出入りの際人目につきにくいこと、駅から遠くて少し不便なこと。
これらの条件が芸能人には都合がよいのかもしれませんね。

img叙々苑ワカメサラダが大好きです。おいしいですよね

すぐ近くに、代官山蔦谷ができたので、以前と比べると少し混んでいるかも。
それもあってエントランスの工事をしたのかなあ。
環境が変わったので、芸能人はもう来ないかもしれませんね。
まあ、会いに行っているわけではないので、どちらでもいいんですが。

東急プラザbills 神宮前

松本 知彦 for Private Time/2012.04.20/食べる食べる

おととい、原宿の表参道と明治通りの交差点、元GAPがあった場所に新しい複合ビル「東急ブラザ」がオープンしました。
オープンに先駆けて、この建物の5階にあるbillsというお店のオープニングレセプションに行ってきました。
このお店のウリは、皆さんご存知、朝食です。
パンケーキがとても有名ですね。
お店は朝8時半から営業するそうですが、朝食がウリな割に営業開始時間が遅いような・・・

img

世界のセレブに愛されるオーストラリア人オーナー、ビル・グレンジャーが日本で展開する4店舗目。
2008年に鎌倉の七里ケ浜に最初のお店をオープンさせて以降、横浜赤煉瓦、お台場と続き、都心では初出店になります。
彼も奥さんと会場に来てましたが、写真を撮られまくりで、とても人気があるんですね。

しかしこのレセプションがすごい人で、、、
容姿・スタイル抜群の若い女子がたくさん押し寄せてきていて、東京にこんなに可愛い子たくさんいたっけ?っていうくらい。
どうしてレストランのオープニングにこんな?と思ったら、
店のオペレーションはトランジット、PRを手がけているのは、中田英寿のマネージメントなどで知られる芸能プロダクション、サニーサイドアップ。
来ていたのは、事務所に呼ばれたモデルの方々でした。(色々な種類のモデルがいますが、一応総称で)

よく見れば、松本莉緒、安田美沙子、杉本彩、宍戸開、志村けんのラーメン屋コントでお色気担当の人(森下悠里)などなど。
そして、水泳の北島康介まで来ています。
彼はサニーサイドアップ所属ですからね。
そんなに店は広くないので、芸能人密度がすごいです。
他にも見たことあるけど、名前知らないタレントがたくさんいました。

花柄のノースリーブのワンピースを着ていた女子たちと少し話しましたが、彼女たちは雑誌ノンノの読者モデルとのこと。
そんなにまだ暖かくないのに、薄着でパーティ仕様です。
昼間は事務の仕事をやってるそうですが、レストランのオープニングのために、ドレスに着替えてやってくるというモチベーション。
ライフスタイルが変化して、ゆる〜くどこまでもフラットに続く日常、そこにオンとオフというボーダーを設けて、モチベーションを自分で上げようとする姿勢は、今の時代逆に新鮮に映りますね。
その舞台が、レストランのオープニングレセプションなのか?というのは置いといて・・・汗

img

「おもはらの森」と名付けられた森を見ながらテラスで食事できるのがお店のウリと聞いていたのですが、見ると森はなく、木が数本生えているだけ 笑

会場で偶然、大学の同級生に会いました。
彼女はスタバの店舗設計のチーフ。
代官山ツタヤのスタバも彼女の設計だそうで、このビルの違うフロアにも新しく設計した店がオープンするとのこと。
いやあ、みんながんばってますねえ。
僕もがんばらなきゃなぁ。

img

おみあげにパンケーキのキーホルダーをもらいました。
しかし東急プラザというビル名、いいんでしょうか?
渋谷の映画館か、スーパーみたいなんですが・・・。

まい泉 青山 

松本 知彦 for Private Time/2012.03.21/食べる食べる

東京の山の手に住んでいたなら、知らない人はほとんどいないであろうとんかつ屋さんです。

imgまい泉青山店

これは有名な話ですが、まい泉青山店の建物は銭湯を改装してそのまま利用しています。
西洋館と呼ばれるメインフロアは脱衣所、調理場はもともとは洗い場でした。
湯船で揚げられたとんかつを脱衣所で食べているという感じですね、おもしろいです。
今は床に絨毯が敷かれているので見えなくなってしまいましたが、以前「まい泉」がまだ「井泉」という名前で営業していた頃、床は銭湯の時のまんまの板張りで、男湯と女湯の仕切りや番台のあとが残っていました。
そのほかにも窓の外の小さな庭には石の金魚鉢が置いてあって、お風呂上りの涼みの場所であるとか、少しだけ銭湯の面影が残っています。

大学生の頃、夏には毎年千駄ヶ谷の区民プールに行っていましたが、そのあとは必ずこのまい泉青山店でとんかつを食べていました。
そしてデートでもよく使いましたね。
まい泉のあとは、すぐ近くにあったバー「マンボーズ」(大きな水槽で泳ぐ魚を見ながらお酒を飲むという、当時としては斬新なアイデアだったバー)に寄ったり。
大学生のデートってそんなカワイイものでした(僕にとっては)。

img

img行くといつも注文するのは、このお好み膳。

そんなまい泉も経営が厳しくなったのか、数年前サントリーの傘下に入り、同時にメニューも食材も食器もすべて一新しました。
飲み物にサントリーの酒類が加わり。。。
時代の流れなのでしょうけれど、大好きだったまい泉が変わってしまって残念な思いがしています。
味も以前の方がおいしかったと感じるのは気のせいでしょうか。
自分の中でまい泉はやっぱり井泉の頃の味でしたから。

サントリーにお店を売ったあと、オーナーは熱海で再び「とんかつ小出」というお店を開いているそうです。
井泉時代からお店を支えてきた古いメンバーも、一緒にそのお店に移動したらしいです。
機会があったらぜひ行ってみたいです。

チチヤスヨーグルト 

松本 知彦 for Private Time/2012.03.16/食べる食べる

スゲー可愛いパッケージデザインだなぁと以前からずっと思っていました。
調べたら2007年にグッドデザイン賞(コミュニケーションデザイン部門)を受賞していたんですね。
1957年にグッドデザイン賞が始まって以来、ヨーグルトのパッケージが受賞するのは初めてだそうです。

img

このチチヤス株式会社、広島で明治19年(1886年)に創業、その後大正6年に日本ではじめてヨーグルトを発売した会社なんですね。
知りませんでした。
2007年に商品のリブランディングを行い、商品名に“チー坊”というキャラ設定を行ったようですが、そんなに新しいキャラクターだったのかと、逆に驚きです。
ずっと昔からいた会社のキャラクターのような顔をしています。
狙いでしょうね。

img

img

img

何が可愛いって正面の表情もいいですが、パッケージの後ろには“チー坊”の後頭部が描かれていることです。
このイラスト、ヤクルトみたいに容器に直接印刷されているわけではなく、印刷されたシートを容器に圧着しているので、よく見ると個体差があって表情が違います。
“チー坊”が痩せたり、太ったり 笑

img標準的なチー坊(左)と、アタマがちっちゃくて面長のチー坊(右)。これじゃ別のキャラだよね。

チチヤスは2005年に1度解散の憂き目にあいますが、ファンドからの援助を受けて、昨年には伊藤園の完全子会社になった模様。
ん、、、、なぜに伊藤園???

ナチュラルヨーグルトは赤、低糖と毎朝快調ヨーグルトは青。
おいしいです。
毎日食べてます。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版