千駄木 旧安田楠雄邸

松本 知彦 for Private Time/2011.05.18/東京東京

旧安田財閥の邸宅です。
大正8年に建設された伝統的な純和風建築で、東京都から1998年に文化財の指定を受けています。

img

この家には平成8年まで安田家の方が住まわれていたそうですが、結構というか相当にクラシックで、よく近年まで住んでおられたなあと。
きっと気に入ってらっしゃったのでしょうね。
木造2階建ての内部は、玄関から入るとまず暖炉のある洋室の客間があり、奥へ行けば行くほどプライベートな空間へと続きます。

img

敷地が450坪もあるので家も広いです。
一番奥には以前子供部屋があったようですが、現在は売却されていて存在せず、今では厨房とお風呂が1階の一番奥に位置しています。
大正時代のお風呂は、白いタイル貼りで映画「犬神家の一族」by市川崑で島田洋子が襲われるシーンまんまの感じで、お風呂の隣には畳敷きの広い脱衣所がありました。
当時は脱衣所も畳敷きなんですね。
隣にある大きな厨房にはガラスのトップライトがついていて、かなりモダンな雰囲気。
大正時代には相当に進んだ、贅を尽くしたインテリアだったことでしょう。

img

img

2007年から一般公開されています。機会があれば足を運んでみてください。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版