中野 ブロードウェイ

松本 知彦 for Private Time/2014.10.16/東京東京

僕が育ったのは東京の新宿ですが、中学校は中野の中学を卒業しました。
そんなこともあって中野は昔から慣れ親しんだ街です。
高円寺の阿波踊り、阿佐ヶ谷の七夕祭りなどなど、子供の頃から通っていました。

img駅からブロードウェイへ続くアーケード。昔とあんまり変わってません。

imgブロードウェイのビル側面にある巨大なロゴ、カッコいい。

そして中野駅周辺。
中野は中央線沿線文化がスタートするディープな街。
中野から先の高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻、国分寺などなど中央線カルチャーが顕著に見られる駅は中野駅から西に点在しています。
中野と言えばサンプラザ、丸井本店、そしてブロードウェイ、その中にある「まんだらけ」は最近の中野のイメージを決定している象徴的な場所でしょう。
ちなみに中野区民の成人式はサンプラザで行います。

僕が中学生の頃、中野には武蔵野館という映画館がありました。
たぶん新宿にある武蔵野館と同じ系列だと思いますが、よく友人と自転車で中野に映画を見に行ったものです。
この映画館、今はもうありません。
阿佐ヶ谷の駅前にもオデオンという映画館がありましたが、それもなくなってしまった。
確か今はスポーツジムになってます。
僕が中学生の時からブロードウェイはありましたが、今のようにサブカルの聖地ではありませんでした。
映画を見たあとはお約束のように、必ずブロードウェイの地下でソフトクリームを食べて、そのあとブロードウェイ脇のお店で今川焼を食べて帰りました。
そのソフトクリーム屋「デイリーチコ」は今も健在。
今も時々食べに行きたくなります。
ということで行ってみました。

img中学生の時と同じ場所、同じメニューで営業してます。

imgアイスの味は8種類

img注:倒しても巻き直しはしませんだって笑

8個重ねの特大ソフトクリームは、僕が中学生の時既にメニューにありました。
今はカルト的な人気があるようですね。
昔はそんなに有名じゃなかったですけど。
普通に食べるなら、3段重ねで十分です。

img大人は小の3段で十分です。250円は安い!

ブロードウェイの上階は、オフィスと住宅になっていて、ビルができた当初は六本木ヒルズや虎の門ヒルズのような最先端の複合ビルでした。
青島幸雄や沢田研二などの著名人が住んでいたことでも有名です。
屋上にはプールがあったりして、ホントに最先端のレジデンスだったんでしょうね。
上の住宅棟には行ったことがないですが、築40年経過しているので今はいい味になってるんじゃないでしょうか。

ブロードウェイを抜けると早稲田通りにぶつかりますが、早稲田通りまで行かずにブロードウェイ脇に足を踏み入れると、そこにはかなりディープなエリアが広がっています。
小さい店が、ごちゃごちゃひしめき合って建っていて、まさに中央線。
大学の頃までここにビリヤード場があったのですが、探したら見当たりませんでした。
もうなくなっちゃったのかなあ。
両親も通ったクラシックという有名な喫茶店があったのですが、それも今はありません。

img黒木香の事件でこのホテルの名前を知った時は懐かしかったなあ。

うなぎのような狭い道の袋小路に建つホテルワールド。
一世を風靡したAV女優の黒木香が、売れなくなったあと90年代に飛び降りて自殺未遂をしたことでも知られるこのホテル、営業は既に終了しているようですが、70年代の姿のまま今もそこに建っています。
今はお坊さんが営業しているボーズバーなど、いくつかの飲食店がビル内で営業しているみたいですが、外観はちょっと不気味な佇まい。

そして夕方になると、たくさん道に立ちはじめる中国人の売春婦たち。
いやあ、、僕が育った中野も売春する街になっちゃったなんて、悲しいというか、時代が変わっちゃいましたね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版