げんきなマドレーヌ / ルドウィッヒ・ベーメルマンス 瀬田貞二訳 1939

松本 知彦 for Private Time/2013.06.04/本

こちらも古典的というか絵本の王道ですね。
なんと言っても80年くらい前に描かれた絵本という、、、それが現代でも読み継がれているのですから普遍的な何かがあるのだと思います。

imgマドレーヌのシリーズ第一作です。

マドレーヌはパリの寄宿舎で生活するアメリカ生まれの小さな女の子のこと。
このマドレーヌを主人公にしたシリーズ、その第1作がこの「げんきなマドレーヌ」です。
発刊は1939年。
古いっすねえ。
シリーズは全部で12冊。
シリーズの中で、マドレーヌはロンドンやローマに行ったり、アメリカのホワイトハウスまで行っちゃったり、スケールが大きいのがおもしろいです。

img2れつになって、パンをたべ、2れつになって、はをみがき、2れつになって、やすみました。 グッドな日本語訳です。

imgマドレーヌの入院している病院へ、お見舞いに行ったシーン。

パリの寄宿舎には12人女の子がいて、その中でも一番小さいのがマドレーヌ。
ある日マドレーヌは盲腸になって、救急車で病院に運ばれます。
11人の女の子が病院を訪れるとお見舞いのいただきものがたくさんあって楽しそう。
退院したマドレーヌは傷を見せて自慢すると、女の子はみんな盲腸になりたいと言い出す、という、、ストーリー自体は他愛もないものです。
でも先生や友達とのやり取りが生き生きとしていて、楽しい。
出てくるのが全員女の子なので、どっちかっていうとい女の子の子供に読んであげると、喜ぶかもしれないですね。

本はカラーと、黄色と黒の2色刷のページに分かれています。
カラーページには、エッフェル塔、コンコルド広場、オペラ座、バンドーム広場、ノートルダム寺院などなど、パリの名所が効果的に出てきます。

作者のベーメルマンスはオーストリア人。
父親はベルギー人の画家でした。
16歳からアメリカに渡ってホテルで働きながら絵を習い、第1次世界大戦(!)を挟んで、除隊後にニューヨークで絵本を発表して評判になります。
「マドレーヌ」という名は、奥さんの名前だそうです。
ベーメルマンスの経歴を知ると、マドレーヌがヨーロッパやアメリカを行き来するのが理解できる気がします。
当時は外国の情報がそれほど入って来なかった時代ですから、異国の情景を舞台にしたストーリーはみんなワクワクしたんじゃないですかね。

img2作目、マドレーヌと犬。

img左のページにサクレクーレ寺院が見えますね。

続いて出版されたのが「マドレーヌといぬ」
セーヌ川に落ちてしまったマドレーヌを助けた犬、ジェヌヴィエーヴとマドレーヌを描いたこの本でベーメルマンスはコルデコット賞を受賞しました。
この絵本、ここでは書きませんが、ラストのオチがいいんですよね。

img

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版