河津 玉峰館

松本 知彦 for Private Time/2011.05.13/旅

伊豆半島の伊東と下田の中間くらいに河津という小さな温泉街があります。
「玉峰館」は、ここに大正時代からある古い温泉旅館です。
今回10年ぶりくらいに訪れました。

img

生前の父と母を連れてこの旅館を訪れたことがあります。
それが両親と旅行する最後の機会となってしまいました。
何も言いませんでしたが、息子からの旅行の誘いを喜んで受け入れてくれたのだろうか?
出不精の彼らは息子からの誘いに気を使って応じていたのではないだろうか? 
旅館の入り口で両親と一緒に撮影した写真を眺めていると、そんなことが何度も頭をよぎって感傷的になってしまうのでした。

img

img

「玉峰館」の特徴は24時間かけ流しの温泉と料理です。
それ以外にも古い蔵を改造したバーやオーナーがバリで買い揃えたセンスのいいアンティークのインテリアなどが印象的。
全部で14室しかありませんが、宿泊中は本当に何もすることがありません。
最近のホテルのように色々な設備があるわけでもなく、ただ温泉に入るだけです。
時間になると女中さんが部屋に料理を運んできてくれたり、布団を敷いてくれたり。
これが大正時代から変わらない本来の温泉旅館での過ごし方なのでしょう。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版