バリ島1

松本 知彦 for Private Time/2011.08.22/旅

今年の夏休みは、円高ということもあって久しぶりに海外旅行に行ってきました。
行った先はインドネシアのバリ島です。
今まで大嫌いな東南アジアへの渡航でしたが、印象が変わって楽しかったです。

img有名なケチャダンスです。

imgケチャダンスのラストは裸足で炎の上を歩くパフォーマンス。

ちょうど滞在時にインドネシア独立記念日があったので調べてみると、バリ島は以前日本の植民地だったのですね・・・。
今ならジェット機で日本から約8時間。
当時は船でしか行けなかったと思いますが、かなり遠くまで日本軍が遠征していることに驚かされます。
10年前の爆弾テロで、バリ島の観光ビジネスは大打撃を受けましたが、最近徐々に観光客も戻りつつあるようです。

以前は(今も?)日本人の女子がバリの男子を対象に、セックス目的(恋愛目的?)で訪れるリゾートとして有名で、それが日本で社会問題にもなっていました。
90年代には多くのOLが、こぞって毎年のようにバリ島に行ってましたね。
知り合いの女子にも、バリ旅行中に現地の男子と関係して帰ってきた人がいましたが、恋愛をして本気で好きになった、と繰り返し彼女は言うのです。
しかし、バリの男子の中には日本の女子を専門に狙って、疑似恋愛によってお金を女子から引き出し、それで生計を立てている人がたくさんいると聞きます。
妻子を持っている男子も多く、職業として割り切って認められているのがスゴイです。
経済格差を背景とした高収入な仕事というのがその理由でしょう。
セックスを売物に女子からの貢ぎで生計を立てるバリの男子、彼らに疑似恋愛を求めてお金を使う日本のなでしこ女子・・・なんだか日本男子としては寂しい限りですなぁ。。
バリ島に行かなければならないほど、日本の女子には逃げ場がないのでしょうか?

さてさて気を取り直して、と(汗)
今では日本からの直行便もなくなり、渡航する日本人も当時よりかなり少なくなりました。
オーストラリア人、ヨーロッパ人がほとんどで、英語はもちろんですが、フランス語、イタリア語も多く聞こえてきます。
アメリカ人はあんまりいませんでしたね。

インドネシアには1万8千もの島がありますが、その多くはイスラム教です。
しかしバリ島だけは、イスラム教の布教から免れ、インドから入ってきたヒンドゥー教が支配する島で、いたるところにヒンドゥー教の寺院があります。
バリ島が神の島と言われる理由は、住む人々と宗教がこれほどまでに近いということが挙げられます。
イスラム教がメインのインドネシアにあって異なる宗教のバリ島、外貨とともに集まる多くの欧米人、それが同じイントネシアにいるイスラム原理主義者たちのテロの対象となってしまうのです。。。
通常の仕事の4倍もの高収入が得られる観光ビジネスを求めて、同じインドネシアのジャワ島(イスラム教)からの人口流入が増えて、日本女子がこぞって訪れていた時よりも治安は悪くなっているでしょう。
レストランに入る時、ホテルに入る時、空港に入る時、車で移動する時はすべてにおいて、各所に設置された検問で、車の下にミラーを入れて爆弾のチェックを受けなければなりません。
リゾートと爆弾、宗教と観光、現地人と日本人女子、なんだか色々なものが混ざり合う場所です。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版