熱海 ふふ

松本 知彦 for Private Time/2011.11.30/旅

以前このブログでも紹介した箱根翠松園の姉妹旅館「熱海ふふ」です。
2007年12月にオープンしました。

img

img

熱海は、古くは明治時代から栄え、昭和に入ると新婚旅行の名所として、そして70~80年代には企業の慰安旅行先としてなくてはならない保養地でした。
「オレが日本を作ったんだ」という世代のお父さん、お母さんには馴染み深い温泉街なのです。
しかし今では・・・・それは後述するとして、まずは「ふふ」です。

ここを訪れるのは2回目ですが、最初に行った時は、わかりやすいプチラグジュアリーの演出(もちろん悪い意味での)が、残念な印象でしたが、今回訪れた時は前回ほど感じませんでした。
なぜだろう?慣れてしまったのかな。。
自分の感度が落ちたのか?経年で馴染んできたのか?以前と比べると周りの経済状況が変化したからなのか、わかりません。
客室には全室露天風呂があって、翠松園と同じ設計者らしくインテリア、露天風呂のレイアウトが翠松園とそっくりです。

img

img

今回は僕の誕生日ということで、シャンパンやケーキをサービスしてくれました。
とうとう僕もAKBならぬMTM(マツモト)48になってしまいました・・・用意してくれた4と8の数字のろうそくが泣かせます。

img

img

全室に露天風呂がついているのですが、宿泊客用の大きな露天風呂もあります。
その脱衣所にはコーヒー牛乳が。
やっぱお風呂の後はコーヒー牛乳ですね。
このコーヒー牛乳は、室内に置かれたネスプレッソ同様、何本飲んでも無料です。
再生紙のキャップは昔から変わりませんが、開けやすいよう今はツメのようなものがついているのですね。
子供の頃は小学校でこのキャップを飛ばして遊んだものです。

紅葉の季節で、熱海の街も色づきはじめていました。
近くの熱海梅園を訪れると美しいもみじがたくさん。
しかし、、、熱海。
日本人のリゾートの原点のような温泉街ですが、今は廃墟マニアがこぞって訪れる場所となっているのです。

img

新幹線が止まるとはいえ、かなりローカルな感じで老朽化は否めません。
そして駅前にはボーリング場。
温泉+ボーリング、射的・スマートボールという温泉街の王道な組み合わせですが、ボーリング場のビルはデザインも相まって今はただ無機質の巨大なコンクリートの塊に見えます。
ボーリング場から熱海サンビーチまで、相当な数の旅館やホテルがひしめきあっていますが、どれも60~70年代に建設されたと思われる建物、かなり昭和な雰囲気です。
中でも1964年に建築された巨大なニューフジヤホテルはザ・昭和。
箱根と違って、熱海は海まで急勾配の狭い場所に、ここぞとばかりホテルや旅館が乱立しているのですが、無計画に建てられた建物は、今見るとかつての盛況ぶりが容易に想像できて、悲しい感じに襲われます。

ビーチ前の一等地には廃墟群。
工事が途中のままで放置された大型ショッピングセンタ-、倒産して壊され、更地となっているホテルの跡、跡、跡。
これだけ巨大な廃墟を見るのは生まれて初めて。ものすごいインパクトです。
1990年代以降、社員旅行の衰退と大型宿泊施設を敬遠する顧客動向によって、次々とホテルは廃業に追い込まれました。
まるで空爆を受けたガザ地区のような熱海・・
http://www.funkygoods.com/hai/atami/atami.html

2006年には、熱海市長は財政危機宣言を出しています。
そんな熱海にもリーマンショック以降、東京から近い旅行先として人が少しずつ戻ってきていると言います。
「ふふ」もそんな中の1つでしょう。
また盛り返して、時代にマッチした新しいリゾートに生まれ変わって欲しいですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版