ロンドン1 渡航の目的

松本 知彦 for Private Time/2012.04.13/旅

今、この都市へ観光で行こうとする人は、きっとかなり少ないでしょう。
ロンドンの魅力を答えなさいと言われても、人によってバラバラだし、それよりもご飯がマズイ、天気が悪い、街が汚いなどなど、みんなが思う共通のマイナスイメージばかりが先行してしまいます。
やっぱり同じヨーロッパなら、観光、ショッピングどちらを取ってもイタリアやフランスには勝てません。
もうすぐオリンピックだから、今多少は注目されているかもしれませんけど。

img

imgJALの機内食で牛丼が。しかしこのネーミングは・・・

今回、ロンドンに行くことになった理由。
それは息子です。
息子と2人で旅行がしたかった。
彼は中学を受験することになっています。
だから今は毎日勉強ばかり。
小学校の時、まったく勉強しなかった僕にとって、傍から見ているとそれはちょっと可愛そうにも思えるのですが、小学生の50%が中学を受験する昨今、これは仕方がないことなのでしょう。
去年の同じ時期、春休みに2人で旅行に行くことを計画していましたが、地震が起きて行けなくなってしまいました。
そして5年生になった息子と旅行に行けるのは、今年が最後のチャンス、今行かなければいけないと思いました。
男だけの2人旅です。

彼が行きたい場所として選んだのがロンドンでした。
ロンドンには彼と僕の共通の友達、昔digで働いていたスタッフが住んでいます。
英語の絵本を翻訳して、時々息子に送ってくれていた彼女が英国に住んでいるうちに、ロンドンへ行きたい、というのが息子の希望でした。
彼女は現在、ロンドンでPUMAのデザイナーとして働いています。
そしてロンドンに行くなら、大学時代に仲の良かった友人に会うこともできます。

img飛行機の窓からロンドンアイが見えました。

imgヒースロー空港からヒースローエキスプレスに乗ってパディントン駅に到着

さて、そのロンドン。
僕は10年ぶり5回目、息子はもちろん初めてです。
彼女に会うこと以外に、やっぱり押さえておかなければならない場所がいくつかあります。
プライオリティの最優先が美術館です。
息子に本物の絵を見せてあげることが、ジェントルマンズツアーの最大の目的でした。
テートモダン、大英博物館、この2つはマストでしょう。
他にも、バッキンガム宮殿、トラファルガー広場、タワーブリッジ、ロンドン塔、ウェストミンスター寺院、ビッグベン、ピカデリーサーカス、ビクトリア&アルバートミュージアム、デザインミュージアム、ナショナルギャラリー、新しいとこでロンドンアイなどなど。
みんなが知っている基本的な観光名所は押さえておかなければいけません。

img

img懐かしいロンドンの地下鉄。やっぱ車体が小さいです

そしてどうせロンドンに行くのなら、街の様子を息子に見せるという目的以外に、自分の青春時代を振り返ってみたいという気持ちもありました。
僕の青春時代、大学ではやっぱりロンドンは憧れの地でした。
みんなが行く卒業旅行でも、ロンドンは行先に必ず入っていたし、同級生や先輩たちは卒業後、何人もロンドンを目指して渡欧していきました。
10人以上の友人たちが今もロンドンに住んでいると思います。
僕が生まれて初めての訪れたヨーロッパの地もロンドンでした。
当時20歳そこそこ、最初に訪れた時は感動しましたね。
石造りでこんなに美しい街があるのかと思いました。
レンガの壁、オレンジ色の街灯、街の匂い、地下鉄の雑踏、何を見てもすべてが新鮮で、鮮明に記憶に残っています。
他の国との差などわかりませんから、ロンドンというより、これがヨーロッパなんだと実感したものです。
息子は既にヨーロッパに行ったことがあるとは言え、高学年になって僕が感じたことの1/10でも感じてくれたらなあという想いがありました。

かくして、僕の物欲はさておき、息子に色々なものを見せるための、男だけのジェントルマンズツアーはスタートしたのでした。
続く

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版