那須 野ヶ原ファーム

松本 知彦 for Private Time/2012.10.11/旅

先日、生まれて初めて乗馬を体験しました。
行ったのは那須にある那須野ヶ原ファームというところ。
この施設、とある知人に教えてもらって行ったのですが、いやあ、素晴らしい体験でした。

imgアイランドホテル&リゾート那須

それまで那須といえば二期俱楽部しか行ったことがなかったですが、今回行ってみてわかりましたけど、那須ってかなり広いのですね。
泊まったのはアイランドホテル&リゾート那須というホテルで、二期俱楽部よりも福島寄り。
同じ那須町にありますが、2つはかなり離れています。
ホテルにはゴルフ場が併設されていて、宿泊客のほとんどはゴルフが目的の人だと思われます。
あと乗馬が目的の人も多少はいるでしょう。
そこから車で30分。

かなり細い農道のような道も通って、いったいこの先に目的の施設はあるのだろうか?
と不安に思っていたら、日本的な田舎風景が消えて、突然ヨーロッパの田園風景が目の前に。
まず目に入ってきたのが、この白い建物です。
いったい何だろう・・・・?

imgこの白い木造の建物、内部が2,500㎡もあるんですよ。圧倒されます。

中に入ってわかりましたが、それは馬の厩舎でした。
半分が屋内の練習場?になっています。
檻の中(個室?)には馬たちがいました。
こんなに近くで馬を見るのも生まれてはじめてです。
草しか食べないのに、馬ってどうしてこんなにも素晴らしい筋肉とボディラインなんでしょうね。
なんとも美しいフォルムです。

そして僕は馬の厩舎に来たことなど、今まで一度もありませんが、他の厩舎もこんな感じなのでしょうか?
あくまで想像ですが、こんな凝った作りにはなっていないのじゃないかと。
それはシロウトの自分にもわかるくらいで。
部材のディテールを見ても、全部英国から取り寄せているのです。
英国王室で採用されているものと同じものだそうです。
こだわりですね。
やっぱり乗馬はブリティッシュなのですなあ。
本来貴族がたしなむスポーツですから。
そして室内運動場だけで、なんと1,680m²もあるんですよ。
すごいなあ。

img厩舎の中に入ると馬がたくさん。

imgパーツにもこだわってますなあ。でもかなり大事なことです。

もう1つ驚いたことは、たくさんの馬がいるのですが、動物臭がしないことです。
糞の臭いもしないし、動物園のような匂いがまったくないのです。
ゴミもないし、とっても清潔で、英国製の建物と相まって、管理もこだわっているのが伝わってきて、これまたスタイリッシュに尽きますなあ。

さて、いよいよ馬に乗ります。
乗馬ブーツと、その上からスネの部分に巻く革製のもの(何ていうんですか?)、手袋にヘルメット(で呼び方はいいんでしょうか?)を借りて、まず室内運動場で練習です。
習性を利用した馬の操り方を教えてもらいました。
信頼関係を構築することが大事だという説明が印象に残っています。

imgとても広い敷地。ほとんど山丸ごとの印象です。

室内の練習場から屋外に出ると、、、、
これまたよく手入れされた広大な敷地が広がっているのです。
敷地が35ヘクタールもあるんですって。
そこを颯爽と馬に乗って駆け抜けると気持ちがよく、、、、とは当然ならないので、係りの人に手綱を引いてもらってゆっくり歩いただけですが、気持ちがよかったですね。
今まで馬にハマって乗馬が趣味だったり、競走馬を買ったりしている人に何人か出会いましたが、当初はなんでそこまで好きになれるの?自分には縁のない世界と思ってました。
でも馬と接した今では、その気持ちが少しだけわかるような気がします。
愛おしい気持ちが沸いてきますから。
馬って人間より体温が高くて、温かいんです。

imgあんまりカッコよい絵じゃないですけど・・・

この施設、数年前にオーナーが土地から購入して作ったものだそうです。
敷地には農園があって野菜の他にジャムなども作って販売していたり、牧草を育てて供給もしているそうです。
その広大な土地の一部に乗馬の施設があるというわけです。
馬がメインじゃないっていうのを聞いて、それもすごいなと。

欲を言うと、もうちょっと東京から近いといいのになあと思いました。
でもこんな施設は東京近郊にはあまりないと思います(横浜にも乗馬クラブがあるみたいですが)
参宮橋にある東京乗馬クラブはかなり小さいですしね。
オススメの施設ですから、皆さんも機会があったら行ってみてください。
大げさかもしれませんけど、人生でこういう経験も必要だなあと感じさせるものがあります。

最後に
なぜか最近英国づいていますが、乗馬も英国貴族のスポーツです。
ゆえに乗馬にはルールがあって、乗馬ファッションにもセオリーがあります。
それは英国ならでは。
うちの車も英国製ですが、こんなに絵的にぴったりな場所もないなと思った次第でした。
普段都内ではまったく感じませんが。

imgこいつも喜んでいることでしょう。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版