Santa Maria Novella のポプリソープは、たまらない香り

松本 知彦 for Private Time/2016.03.29/香り香り

以前もこのブログで紹介したサンタマリア・ノヴェッラのポプリ。
その石鹸バージョンです。
皆さんも知っている定番商品ですね。

imgもうすっかり有名なブランドになりましたね。

身体を洗うという際に、液体のボディソープ派の人と、昔ながらの石鹸派の2つに分かれると思いますが、僕はずっと後者です。
液体のボディソープはどうしても洗ったあとの、あのヌルヌルした感じが好きになれず、、、
あのヌルヌル感は、石油製品だから仕方ないのでしょうかね?
僕はずっと石鹸で通しています。

img

imgポプリ石鹸はボックスに4つ入りです。

このサンタマリア・ノヴェッラのポプリ石鹸。
包装紙を開いた瞬間に香るあの香り、
石鹸を置いて1日後、お風呂場に足を踏み入れた瞬間に香るラグジュアリーな香り。
いやはやクセになりそうな香りなのです。
いい匂いですね。
この石鹸を使うとお風呂全体がポプリの香りで満たされます。
ポプリには一応男性用石鹸という表記があるのですが、女性が使ってもまったく問題ないと思います。
男性用は1箱4つ入り。
女子向けにミルク石鹸というシリーズもありますが、そっちは1箱3個入りです。
今ではサンタマリア・ノヴェッラからたくさんの種類の石鹸が出てますが、日本に入ってきた当初、石鹸はこのポプリだけだったと記憶しています。
本当に良い香り。
しかしながら、最近どこの店舗に行っても売り切れのようですね。
フィレンツェでは、そんなにたくさんの量を生産できないのかもしれません。

img

img内側のプリントされた包装紙も新聞みたいで素っ気なくていいですね。

imgカラダを洗わなくても置いておくだけでもよいと思います 笑

難点は、大きさでしょうか。
LUXや牛乳石鹸などと同じ(笑)通常サイズのため、すぐになくなってしまいます。
香りはとってもいいのですが、その点ではモルトンブラウンやキールズに軍配があがりますね。

2倍くらいの大きさで作ってくれないかなあ。
洗うという本来の目的以外に、香りを楽しむという付加価値を与えてくれる、ダブルでよい商品だと思います。
別にただの石鹸なのですが、人生においてこういう必要のない経験をすることはとてもいいことだと感じるのです。
今年のスタッフへのホワイトデーのお返しは、このサンタマリア・ノヴェッラの石鹸の詰めあわせを贈りました。
みんなも経験して欲しいので。
こちら、自分用としても、どなたかへの贈り物としてもオススメです。

ツイギー 製品パッケージリニューアル

松本 知彦 for Private Time/2014.07.18/香り香り

僕は、もう10年以上ずっと青山にあるツイギーというお店で髪の毛を切ってもらっています。
リンタロと幼稚園に上がる前から一緒に行ってますが、彼はこのお店がそれなりに知られたカリスマなお店だということはまったく知りません。
当たり前ですけど。笑

imgツイギーのオリジナルの製品色々

さて、このお店何度かこのブログでも紹介していますが、有名とか技術が高いとかではなくて(もちろん技術が高いのは言うまでもないのでしょうけれど)、個人的にはビジネスの展開の仕方がとても勉強になるなあと感じているのです。
美容院というのはヘアカットやカラー、パーマなどの用途で訪れる、主に女性がターゲットの「自分を美しくチューニングしてくれる場所」ですが、ビューティーのジャンルだけあってそこには顧客を呼び寄せる話題性やストーリーが欠かせません。
何かに突出していた方がいい。
まあそれが芸能人御用達ということだったりするのですが。
ツイギーの場合はファッション関係者、モデル/編集者/スタイリスト御用達ということで、雑誌を起点に知られるようになりました。

img右が今までのパッケージ、左がリニューアル後

ロンドン仕込みのモードな技術、松浦さんというカリスマ、そうした話題性があって今のような有名店になったわけですが、ツイギーについて個人的におもしろいなあと感じるのは、そこからさらに展開を広げていること。
どんどん進化して、美容院というカテゴリーを超えて行くのが面白いなあと思って見ています。
常にエッジ=先端に居続けることには努力が必要で、それをお店から感じることができます。

それまでお店で使っていたヘアケア製品はAVEDA一本でしたが(松浦さんはAVEDAが日本に上陸してくる際のディレクターもやっていたはず)、3年ほど前それをやめて、オリジナルプロダクツを自社製品として開発、全国で販売を開始して、サロンからの収益だけでなく、遠くに住む地方の顧客ともつながりを持てるようにしたこと。
決して安い店ではないんですが、そのブランディングを生かして、製品を世に送り出すことでサロンと同じブランド価値をサロンに来られない人にも訴求できるようにしたんですね。
また展開している店が伊勢丹やUAというマーケティングに優れた企業、高感度の人が集まる場所にしているというのも間違っていない。
お店で築いたモードに敏感な人向けのサロンという知名度を活かし、マーケットを拡大しているのです。

今ではネイルはもちろん、ヘッドスパ、カフェ、ストレッチまで事業を広げていて、美容院という昭和の響きはそこになく、総合的な「美」を追求する企業という立ち位置になっています。

img以前のフェミニンなデザインをやめて男女使えるデザインに変更したとのこと

img確かにユニセックスなデザインになったけど、普通になってしまった感があり。。

imgロンドンのオーガニックブランド「ニールズヤード」に似てなくもない?

うちの近所にカリスマメイクアップアーティストの嶋田ちあきさんが住んでいますが、彼も美の追求者として、代々木公園に会員制のワークアウトの施設を随分前にオープンさせました。
美を追い求めるなら、メイクだけじゃなくて、フィットネスもやらにゃあいかんのですね。
ツイギーは髪の毛からですが、既にメイク、フィットネス、食材までビジネスを拡げ、今後もしかすると精神世界まで?笑
髪の毛を「美」というカテゴリーに広げれば、色々なことができるのです。
僕たちもデザインというカテゴリーで、それを追求することで何かできないだろうか?といつも考えています。

Kiehl's アフターシェーブ モイスチャライザー フォー メン

松本 知彦 for Private Time/2014.02.07/香り香り

冬は肌が乾燥します。
以前はなぁ~んにもしてませんでしたが、このブログを書きはじめた頃から僕も肌にクリームをつけるようになりました。

imgん?なんかヘタウマになっちゃった笑

つけないと肌はガサガサです。
乾燥肌だからだと思うのですが、今ではアフターシェイプローションは欠かせません。
クリニークでデビューして、クラランス、そして行き着いたのがキールズです。
今はこの商品を継続使用しています。

1回に使う量は米粒くらいなので、なくなるのに2年以上かかります。
だから売る側の企業戦略としては、3年に1度の機会を確実にゲットする戦略を取らないといけませんね。
そして1度決まってしまったら、その後ユーザーがブランドスイッチすることは、あくまで想像ですが統計的にそんなに多くはないような気がします。
クリニークでは洗顔後、アルコールで顔を拭いて、そのあとにクリームをつけるというステップを教えられました。
でもコットンにアルコールを染み込ませて顔を叩くなんて、ピリッとするし、男子的にはあんまり現実的じゃないです、というか自分は無理でした。
次に選んだクリニークより少し高いクラランスは、青い液状のクリームにアルコールが入っているので、付け心地はさらっとしていてよいですが、無臭だったクリニークと比べると、おフランスらしく香りがついていて、ま、好きな人は好きなんでしょうけれど、う~ん。
あとボトルのデザイン、メカニカルな仕組みなのですが、中身の残量が見えなくてイマイチでした。

img戸棚のラインナップ

そしてキールズです。
ボディクリームもキールズを使っているので、今では全身キールズになっています。
ボディクリームは冬の乾燥時期にしかつけませんが、このアフターシェイブは年間を通して利用しています。
アメリカ製なので(ニューヨーク)、個人的な趣味としては違うのですが、150年も歴史あるブランドなのでよしとしましょう。
保湿成分が肌に優しい乳液です。

THANN

松本 知彦 for Private Time/2014.01.27/香り香り

タイ生まれのスキンケアブランドという珍しい商品です。
タイ生まれだから、価格は安いだろうと思ったら大間違いで、ヨーロッパのそれらと同じくらいします。

img

詳しくはわからないですが、タイで開発したのかなあ。
タイで独自にこうした外国人向けの、いわゆるグローバルなマーケット向けの高価格帯の商品を開発するようにはあまり思えないですが。
デザインもそうですね。
こうした自国のブランドで、アマンリゾート的な立ち位置の商品の開発は、外国人の力が必要です。
斜めな見方をしちゃうと、デザインで武装してるけど原価は安そうだなとか、思っちゃうんですよね・・・・スミマセン。
って、原価やレートばかりが気になってしまいますが、このブランドは2004年に登場した、まだ新しいブランドです。
熱海の旅館、「ふふ」に泊まった時に、はじめてこのブランドを知りました。
他にもANAのファーストクラスのラウンジ用アメニティにも使われているようです。
去年ミッドタウンにもお店ができたようで、快進撃ですね。

img子供の部屋の壁紙の前に置いて撮影 笑

でもその理由はわかる気がします。
今の時代マストであるオーガニックというキーワードはしっかり押さえていて、
コメヌカ油やシソエキスなどアジア独自の自然植物を原料に、タイ産のレモングラスやカフィルライムなど選りすぐった植物から得られる精油からできていること、
ボトルやパッケージデザインが優れていること(グッドデザイン賞、アジアデザイン大賞)、
スキンケアブランドを展開すると同時に、THANNサンクチュアリーというエステも開業していること
などなど。

そして国内の多くのデザインホテルにアメニティとして置いてあります。
僕のように、デザインホテルに宿泊した際にこうしたブランド知る、と言う人は多いのじゃないでしょうか。
実際泊まった後、こうして僕は商品を買っているわけですからね 汗
そう言えば以前このブログでも紹介したギリシャ発のヘアケアブランド、KORRESもそうでした。
だからホテルでアメニティと出会って認知するというのは、実は侮れません。
那須のリゾートで有名な二期倶楽部が都内でエステを開いたように、家庭向けのショップ販売からだけではなく、こうしたホテルを起点とした認知戦略は正しいのかもしれないです。

img

Santa Maria Novella テラコッタポプリポット

松本 知彦 for Private Time/2013.12.12/香り香り

先日、会社の3階にあるSPACE8で開催したスペイン現代美術展で来客があった際、質問を受けました。
それは香りについて。
このいい香りは何ですか?と聞かれたのでした。

img

それは、、、
サンタマリアノヴェッラのポプリの香り。
知ってる人も多いと思いますが、1221年にフィレンツェの薬局で生まれた香りです。
800年前ですからねえ、相当な歴史があります。
このブログでも、パフュームをはじめ、小林幸子レコメンド(!)のバスソルト、シルクサシェ、石鹸、お香など、今まで色々と紹介してきました。
たくさんの種類の商品がありますが、このブランドで代表的な香りと言えば、個人的にはやっぱりポプリのような気がします。
フィレンツェの丘に生えている植物をブレンドし、独自の製法によって3ヶ月間熟成させて生み出される香り、それをテラコッタの壷に詰めたものです。

imgSPACE8では床に置いています

img坪の中には香りが浸み込んだ葉っぱ。

20g、70g、150gの3種類で販売されていますが、人気商品のため、すべての種類が揃って店頭に置かれている期間はあまりありません。
だから、このブログを読んでいる人の中で、もし買うことを検討している人がいたら、見つけた時に速攻で購入した方がいいと思います。
SPACE8では大きいギャラリースペースに150gを、ミーティングルームにはそれより小さい70gを置いています。
家でも会社でも使っていますが、お約束のよい香り。
これが置いてあるショップは多いですね。特に洋服屋。
入った時にすぐわかります。

imgミーティングルームではどこにも坪は見当たりませんが、、

img見えないようにモニターの裏に置いてあります。

imgギャラリーのものよりひと回り小さい70g

香りの賞味期限がどのくらいかわかりませんが、ポットの中身ももちろん詰め替えられます。
香りがしなくなったなあと感じたら、壷の口を手で押さえて、5.6回振れば、また香り出す。
しばらくはこれでOKです。
ミーティングルームの方は、スタッフが毎日お昼を食べているので、もう香りがしなくなっているかもしれません。
午後イチのミーティングでは食べ物の匂いがいつも充満してますから。汗

ポプリ、よい香りで素晴らしいのですが、
欠点は、、、口があいているので、そこからホコリが入って溜まると言うことです。
これを避けるために、フタを閉じたままでも香りが香るように、フタに小さい穴のあいたポプリウォーバという卵のような形状の瀬戸物の商品もあるのですが、デザインはイマイチです。
イタリアのクラシックなデザインだとちょっと好きになれないという、、、
ファッションにしても、食にしても、車にしても、コテコテのイタリア好きではない自分は、やはりモダンとクラシックの中庸が好きなのでした。

JO MALONE white jasmine & mint bath oil

松本 知彦 for Private Time/2013.10.23/香り香り

だんだん寒くなってくると、生活の中でお風呂の時間が重要になってきますね。
今日はJO MALONEのバスオイルです。
ブランドごとに、どうしてこうも香りの方向性が違うのかなあとおもしろく感じます。
作っている国によっても全然異なりますし。

img

JO MALONEは英国製。
だからなのかもしれませんが、MOLTON BROWNと香りの傾向がちょっと似ている気がします。
でもブランドの歴史が浅いだけあって、パッケージのデザインが現代的。
これが非常に重要だと思います。
JO MALONEのパッケージデザインは、ブランドの立ち位置を明確に表現しているし、ボックスから商品パッケージ、キャンドルに至るまで、全商品に統一したデザインマネジメントが施されていて、とても優れていますね。
商品そのもののコンセプトや品質はもちろん重要ですが、デザインの力を感じます。
デザインによって付加価値が創出されている好例です。

img

imgデザインマネジメントが商品に魅力を与えている好例です。今の時代、忘れかけていたラグジュアリーを再認識させてくれます。

などと言いつつ、ここ最近ずっと僕は平日ほとんど湯船には入らない(入れない)生活が続いています・・・・
土日くらいはJO MALONEの豊かな香りに包まれて、ゆったりお風呂に入りたいものですね。

KENNETH TURNER LONDON ディフューザー

松本 知彦 for Private Time/2013.03.22/香り香り

出ました!
またしても英国王室御用達ブランド。
ケネス・ターナーです。

img鮮やかなブルーのパッケージ

ケネス・ターナーは、ロンドンで活躍するフラワーアレンジャー。
イギリスにお店があります。
生花を使ったカントリースタイルがメインですが、プリザーブドフラワーの第1人者でもあります。
1996年~2007年までチャールズ皇太子のサプライヤーとして活躍しました。
そうした背景もあって英国王室御用達ブランドの称号を与えられたのだと思います。
最近、ケネス・ターナーから直接指導を受けた日本人が英国以外での唯一のショップとして東京にお店を開きました。

でも僕がこのブランドに目が留まったのは花ではありません。
ディフューザーです。
瓶に入ったフレグランスに木製の棒を入れて徐々に揮発させるモノですね。
この手の商品はイタリア製が多いですが、英国王室の香りを体験してみたくて購入しました。

会社(dig buildingという名称)にはトイレが3つあります。
フロアに1つづつなんですが、オフィスはビルの2階と3階を使っているので2階を女子用、3階を男子用にしています。
そこにケネス・ターナーのディフューザーを置いています。
男子用がブルータンジェリン、女子用がインディアンスパイスの香り。
あれ、逆だったかな?

img香りによって貼られているシールの色が違います。

英国王室御用達の香り・・・・・香りはよいですが、英国な気分に浸れるかというと、あくまで受け手がどれだけ思い込めるか、ですね。笑
パッケージは鮮やかなブルー。
中には空の瓶とフレグランスが入った液体の瓶、木製スティックの3つが入ってます。
いつも思うんですが、この瓶どのディフューザー商品にも最初から入ってるんですが、香りの液体だけ詰め替えができるものって本当に少ないんです。
継続購入の際に、古い瓶を捨てて、また同じ新しい瓶を使うのはいつも抵抗あります。
古い瓶を継続利用して、香りだけ詰め替えられるようにすべきです。
瓶あり/なしを選べて、その分コストを安くするってできないのでしょうかねえ。
詰め替えられる商品も出てはいるのですが、そういうのに限って香りはあんまりよろしくなく、このこと毎回気になってます。

img液体が入っている瓶にはブランド名がプリントされています。

img

img移し替える方の瓶には何のプリントもないのでプレーンな花瓶のようです。

さて話が逸れましたが、ケネス・ターナーのディフューザーの瓶はどこにもブランド名表記がありません。
ただのガラスの瓶です 笑
使い終わったら花瓶にできるってコンセプトなのかなあ。
瓶に入れる液体の瓶の方にのみブランド名が印刷されています。
(だからこれだけ単体で売ればいいと思うのですけど。。)
フタを開けて木の棒を入れれば、そのまま使えるという商品とはここが異なりますね。

うちの会社も15周年なのでどこかで今年はパーティをしたいと思います。
その際にトイレは英国王室の香り・・・・?
来ていただける方はその際に嗅いでみてください。笑

KIEHL'S ultimate white

松本 知彦 for Private Time/2013.02.20/香り香り

あまぁぁぁぁぁ~い。(大きい声で)
なぜ甘いのかはわかりませんが、甘い洗顔クリーム。

img

恥ずかしい話ですが、僕は今まで石けんをつけて顔を洗うことが、生まれてからほとんどありませんでした。
お風呂に入っても顔だけは石けんをつけずに洗ってました。
顔を石けんで洗うと、油分が全部飛んで顔がカピカピになり、そのあと乾燥してバリバリに張るからです。
痛いくらいに。

しかし、以前このブログにも書きましたが、顔に保湿クリームをつけるようになって、やっぱり洗った方がいいのかなあと。
そこで洗顔デビューと相成りました。

img

アメリカ生まれのブランド、キールズの製品を購入すると、たくさん試供品がもらえるのですが、その中に洗顔クリームがありました。
以前から使ってみて洗い心地がよいので、お店に行ってその商品をリクエストすると・・・・
毎日洗ってはいけない洗顔クリームがあるとのこと。
角質を落とす細かい砂のようなプチプチのもの、スクラブというものがたくさん入っていると肌がダメージを受けるとのことでした。

それで勧められたのがこのウルチメイトホワイトという洗顔クリーム。
(なぜ商品名がホワイトなんだろう?顔が白くなるのか???)
これなら毎日洗ってもよいとのことでした。
これにもスクラブが入ってます。
タピオカに似てます。
この粒粒が顔を洗っている最中、手のひらの中で小さくなって消えていく感触は、とっても気持ちのよい体験ですね。
香りはグレープフルーツのようなよい香り。
たぶん男女兼用です。

使用感はとてもいいのですが、冒頭に書いたように口に入ると甘いのです。
まあ、あまり口には入りませんが。
しかし、しつこく言いますが甘いのです 笑
このジャンルまったく詳しくないのですが、甘いって普通なのかなあ。。。

しかし前も書きましたが、年を取ると色々なものを買わないといけなくなるのですね。
過度にケアしてる人も嫌ですが、汚いおじさんにならないように最低限気をつけないといけないという・・・。
悲しい現実です。

Molton Brown キャンドル

松本 知彦 for Private Time/2013.02.08/香り香り

1973年、ロンドンのサウスモルトン通りでヘアサロンとしてスタートしたモルトンブラウン。
高級ホテルのアメニティに採用されたことで、その評判が世界中に広まりました。

imgホントに良い香り。置いておくだけでもお洒落です。

僕がこのブランドを初めて知ったのもホテルでした。
新宿にあるパークハイアット東京の部屋のアメニティが、オープン当初すべてこのブランドで揃えられていて、使ってみると何ともいえない豊かな気持ちになったのを覚えています。
国産のシャンプーにはない、はじめての体験、とても豊かな体験でした。
それはまだ10代の頃、当時の自分には高くて買えなかった外国の雑誌を洋書屋さんで手に取り(主に嶋田洋書ね)、ページをめくると、ほのかに立ち上る香水サンプルの香りに、遠い外国を感じてちょっぴり豊かな気持ちになったのと似ています。

そういう意味では、ヘアケアの分野で一番最初に僕に海外を、ヨーロッパを教えてくれたのは、このモルトンブラウンかもしれません。
その体験が忘れられずに、このブランドが国内のどこで買えるのか調べて、一時期続けて購入したものです。
当時はイギリスからboots、コンランショップなどが次々と上陸し、都内にモルトンブラウンの直営店もありましたから、そこで購入していました。
bootsもモルトンブラウンの直営店も今はもうありませんね。
そしてコンランショップも日本のコクヨの経営に。

3年前、スタッフの誕生日には、このブランドのキャンドルを全員にプレゼントしました。
それは、自分の新しい扉を開いてくれた数少ない経験をみんなにもしてもらいたい、という自分なりの想いもありましたし、単純にモノや情報を知って見聞を広げるだけでなく、できるだけ体験して欲しいという気持ちもありました。
しかし10種類以上ある中から、あげる人のキャラクターに合わせて毎回キャンドルの香りを選ぶのは骨の折れる作業で・・・・

img写真だとよくわからないですが、キャンドルが入っているパッケージも洒落てるのです。

img玄関のサイドボードの上で火をつけたり。

他社のキャンドルよりかなり大きく、インテリアとしても使えます。
そして箱のパッケージが素晴らしく、ヨーロッパを感じます。
スタッフみんなにプレゼントしたあと、自分用にも1つだけ購入しました。
時々火をつけますが、やはりいい香り。
パークハイアットがオープンしてから10年以上が経過しますが、香りを嗅ぐたびにあの頃の気持ちに立ち返るのでした。

ここでユーミンの「あの日に帰りたい」が流れ出す・・・

Kiehl's クレムドゥ コール ボディクリーム

松本 知彦 for Private Time/2013.01.24/香り香り

だんだん乾燥してきましたね。
以前このブログでいい香りのするキールズのHAND&BODY LOTION FOR MENについて紹介しましたが、もうその効力だけでは治まらなくなってきました。
なんでだろ?
以前紹介したボディローションはこちら↓
http://blog.10-1000.jp/cat41/000625.html
年を取ると、どんどん干からびていくでしょうか?・・・怖い 笑

img

さっそくお店の人に相談して、さらに強力なものを。
それがこのキールズ クレムドゥ コール ボディクリームです。
キャメロン・ディアスをはじめ、スーパーモデルも使っているこのクリーム。笑(店の人がそう言っていた ←女子には重要なんでしょう)
ま、キャメロンはどうでもいいのですけど、これはなかなか強力です。
お風呂上りに身体につけて、翌日の夜にお風呂に入ると、前日に塗ったところがまだぬるぬるしています。
これって効いてるってことですよね?
HAND&BODY LOTION FOR MENよりは確実にしっとりします。

imgデカいボトルから手に取って、お風呂上りにつけています。

買ったのはポンプ式の1リットルサイズ。
でっかいボトルなので、なかなかなくなりません。
(250ml、75mlもあります)
ボトル1本で既に3年目に突入しましたが、まだ十分あります。
難点は、、見当たらないのですが、いい香りはしません。
効能と香りを両立したものは、たぶん存在しないのでしょうね。
最初にKiehl’sのHAND&BODY LOTION FOR MENの最高の香りを知ってしまったので、それに続く商品にも香りも求めていましたが、諦めました。
夜に塗って、翌日の朝起きた時の体験はなんとも言えず素晴らしかったのですけど。
今は2つを組み合わせて使ったりしています。

しかし年を取ると、今までまったくどうでもよかったことにお金を使うようになるのですね。
こんなこと知らなかったなあ。。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版