Santa Maria Novella シルクサシェ

松本 知彦 for Private Time/2011.10.14/香り香り

世界最古のフィレンツェの薬局で生まれたサンタマリア・ノヴェッラ。
映画、羊たちの沈黙でレクター博士がこのお店の香りを使っていたことでも有名になりました。

img

このブランドのオーデコロンが日本へ上陸して以来僕もファンです。
香りが深くて気品があります。
寺院で修道士が作っていたというのもブランド知る上で欠かせないストーリーですが、なんといってもオーデコロンという名前の起源となったブランドですから本当の意味でオリジンなわけです。
始まったのが1221年ですから800年くらい前のことです。
そのころ日本は鎌倉時代。

img

いくつかの香りを試しましたが、その中でも一番のお気に入りはノスタルジアという香り。
サンタマリア・ノヴェッラのオーデコロンはすべて同じ形の瓶に入っていますが、このノスタルジアは瓶の形状が違います。
キャップも他と違って木製なんですね。
これはクラシックカーレースのイベント、ミッレミリアをテーマに発売されたことにちなんで、木製キャップは車のギアシフトをモチーフにしているからです。

img

オーデコロンは今では使っていませんが、ポプリは長く愛用しています。
ポプリが入ったシルクの袋に、ブランド名が縫い込まれたシルクサシェという商品。
袋のブランド名が以前は印刷でしたが、最近刺繍に変わったようです。

最初車の中に置いていましたが、今は洋服箪笥に入れて使っています。
枕の下に置いてもよいと書いてあったので、今度試してみたいと思います。
サンタマリア・ノヴェッラのポプリは、色々なショップにも置いてある香りなので、ファンも多いのではないでしょうか。
本当にいい香りですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版