Clinique M Gel-LOTION

松本 知彦 for Private Time/2011.10.31/香り香り

5、6年前から男性コスメが人気で売り上げが右肩上がりだと聞きます。
確かに眉毛を抜いたり、ネイルをしたりする男性が増えているようで、マーケットが拡大しているように感じます。
しかし個人的には、そうした男子は見ていてあんまり・・・と感じていました。

img

僕は生まれつき乾燥肌で、髭剃り後など顎やほっぺが乾燥して肌がカサカサになって白くなるほどです。
それがだんだんひどくなってきたので、そろそろアフターシェイブに何かつけた方がいいなあと探しはじめることにしました。2年くらい前です。
伊勢丹に行ってメンズコスメのコーナーで相談したところ、2つをレコメンドされました。
1つはクリニーク、もう1つがクラランスです。
値段はクラランスの方が高く、フランスのブランドらしく香りがあり、アメリカのブランドであるクリニークは無臭で無骨な感じでした。
クリニークの方が内容量が多いこと、パッケージのデザインが美しいこと、形状がチューブで使いやすそうなこと、などを考慮してまずはクリニークを購入しました。

img

メンズコスメとしての乳液は生まれて初めての経験ですが、これはよいですね。
アルコール分が含まれていて髭剃り後にこれをつけるとサッと乾いて肌がスベスベになります。
3ヵ月~半年はもつので、これでモチベーションをキープできるなら乳液効果以外に投資効果もあります。
こんなことならメンズコスメにもっと早くから手を出せばよかったかも。

しかし一方でちょっと?な部分もあります。
クリニークでは洗顔した後、アルコールを脱脂綿(コットンですね、笑)につけて肌の角質を落とし、そのあと乳液をつけることを推奨しています。
これは一連の商品ラインナップをセットで買わせようとする企業側の意図なのか、医学的なことなのかわかりませんが、それを行うのは大変だなあという印象。。
いくらメンズコスメに早くから参入すればよかったとは言え、コットンで毎日顔を叩くのは時間的にも絵的にもできないだろ、ということです。
女子に聞いてみたところアルコールで顔を拭くというのは女子のコスメでも以前あったそうですが、今では既にトレンドを過ぎている、とのことでした。
コスメにもトレンドがあるのですねぇ。
そんなこんなで僕はローションだけ使っています。

img絵というのは、描き込みすぎるとよくなくなることが多くあります。これはそれに当てはまる失敗例です。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版