CLARINS MEN Revitalizing Gel 50ml

松本 知彦 for Private Time/2012.10.30/香り香り

以前このブログで、僕もお年頃になったので(笑)生まれて初めてスキンケアを使いはじめたという記事を書きましたが、その第2弾です。

デビューはクリニークでしたが、ボトルの無骨なデザインや旅行の時の持ち運びの使い勝手のよさなどが購入の理由でした。
1本目を使い切ったので、さて2本目、、どうせなら他のもチャレンジしてみたいということで2本目はクラランスにしてみました。

img今回は色鉛筆で塗ってみました。

無臭のクリニークと違って、青い乳液に香りがついているのは、フランスのお国柄でしょう。
ここは好みが分かれるところです。
そして価格もクリニークよりちょっと高い。

解説を読むと、
植物エキスやポリマーからなるクラランス独自の保湿・保護成分、アンティポリューションコンプレックス配合で、エアコン、大気のよごれなどから肌を守る、エイジングに立ち向かう男性のための高機能乳液です、だって。
「エイジングに立ち向かう」って、、なんだか随分と勇ましいですね。笑
そうか、僕くらいの年になると年齢に立ち向かわないといけないのですね。

この商品、空気圧によるポンプ式で、シュポシュポと液体を手のひらに出して使います。
内容量がクリニークより少ない分、ボトルもコンパクトです。
プラスチックの容器を持っても中身の重量を感じることはむずかしく、中身はもちろん見えないので、残量を判断するのは経験値が必要です。
クリニークはアルコール分が多く含まれているので、肌につけると瞬時に乾きますが、クラランスはしばらくの間、乾かずにしっとりしています。
これも意見が分かれるところでしょう。

結論から言うと、このクラランスを使い切って、3本目はもう1度クリニークに戻しました。
香りはいいですけど、使う際のボトルのインターフェースデザインと価格のバランスがクリニークの方が良いと感じたからですね。
僕みたいな人は、歯磨き粉のように残量のわかるアナログなチューブ式の方が性に合ってるなとも感じた次第です。

スキンケアはアメリカよりおフランスの方が先進国のイメージがありますが、成分や効果はまったくわからない僕にとっては、デザインが継続性の重要な要素であり、アメリカに軍配があがったという話でした。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版