Kiehl's アフターシェーブ モイスチャライザー フォー メン

松本 知彦 for Private Time/2014.02.07/香り香り

冬は肌が乾燥します。
以前はなぁ~んにもしてませんでしたが、このブログを書きはじめた頃から僕も肌にクリームをつけるようになりました。

imgん?なんかヘタウマになっちゃった笑

つけないと肌はガサガサです。
乾燥肌だからだと思うのですが、今ではアフターシェイプローションは欠かせません。
クリニークでデビューして、クラランス、そして行き着いたのがキールズです。
今はこの商品を継続使用しています。

1回に使う量は米粒くらいなので、なくなるのに2年以上かかります。
だから売る側の企業戦略としては、3年に1度の機会を確実にゲットする戦略を取らないといけませんね。
そして1度決まってしまったら、その後ユーザーがブランドスイッチすることは、あくまで想像ですが統計的にそんなに多くはないような気がします。
クリニークでは洗顔後、アルコールで顔を拭いて、そのあとにクリームをつけるというステップを教えられました。
でもコットンにアルコールを染み込ませて顔を叩くなんて、ピリッとするし、男子的にはあんまり現実的じゃないです、というか自分は無理でした。
次に選んだクリニークより少し高いクラランスは、青い液状のクリームにアルコールが入っているので、付け心地はさらっとしていてよいですが、無臭だったクリニークと比べると、おフランスらしく香りがついていて、ま、好きな人は好きなんでしょうけれど、う~ん。
あとボトルのデザイン、メカニカルな仕組みなのですが、中身の残量が見えなくてイマイチでした。

img戸棚のラインナップ

そしてキールズです。
ボディクリームもキールズを使っているので、今では全身キールズになっています。
ボディクリームは冬の乾燥時期にしかつけませんが、このアフターシェイブは年間を通して利用しています。
アメリカ製なので(ニューヨーク)、個人的な趣味としては違うのですが、150年も歴史あるブランドなのでよしとしましょう。
保湿成分が肌に優しい乳液です。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版