SMYTHSON OF BOND STREET

松本 知彦 for Private Time/2012.10.12/文房具文房具

英国続きでもう1つ
メモやノートというのは使い倒してこそ、ナンボという商品ですが、ノートとは言え気軽に使うのは気が引ける商品もあります。
それが英国の老舗スマイソンです。

img

スマイソンは、1887年フランク・スマイソンによって「ファーストクラスの革製品と文具」を作ることを信条に創業された、英国王室御用達ブランド。
鮮やかな色の革表紙に金でメッセージが刻印された手帳は有名ですが、そこに使用されているのはフェザーウェイトペーパーと呼ばれる羽のように軽い紙。
特許も取っていて、非常に薄いのに万年筆にも耐えられる丈夫で書き心地のよい紙です。
かつて英国のポンド紙幣としても使われていました。

imgこの美しいブルーがスマイソンのブランドカラーです

img赤い革のレポートパッド、美しいのですが重いです。。

imgMade in England!

英国本国だと封筒や便せんにイニシャルを入れてくれるサービスがあるのですが、日本だと残念ながらできません(手帳ならできますけどね。)
今年ロンドに行った際、ボンドストリートの本店でオーダーしたレポートもいつか紹介したいと思います。
スマイソンを持つこと自体がロマンチックで、とってもステータスなことに感じます。
使う前に所有する喜びがあること、それこそがブランディングですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版