ステッドラー トリプラステキストサーファー 蛍光ペン

松本 知彦 for Private Time/2012.10.22/文房具文房具

2006年にグッドデザイン賞を受賞しているドイツ、ステッドラーの蛍光ペンです。
全部で4色展開されています。

img

どこが評価されて、このペンがグッドデザイン賞を受賞したのか、理由はちょっとわからないですけど、ボディが三角形の形状というのは珍しいですね。
使いづらいかと思いきや、指にはよくフィットします。
でもこの蛍光ペンがグッドデザイン賞を受賞するなら、以前このブログでも紹介した、スタビロのファイバーチップペンにもあげようよ、と個人的には思います。
あのペン、大好きですから。
http://blog.10-1000.jp/cat43/000642.html

とはいえ、このステッドラーの蛍光ペン、ボディが塗装でなく鮮やかな蛍光色のプラスチック一体成型で作られていて、ブルーのキャップとのコントラストが美しいです。
キャップの形状もきれいですね。
こういうソリッドなデザインからは、日本製ではないというのを如実に感じられます。
垢抜けているというか、これだけ無個性に徹して美しいのはデザインの力量でしょう。

img

このペン、蛍光ペンにありがちな斜めのペン先ではありません。
サインペンと同じ形状で、横に倒して使えば太い線が、縦に使えば細い線が引けます。
他の蛍光ペンのように、ボディが太くて丸い筒型ではなく、ペンケースに入れても場所を取らずに、他のペンとも相性がとてもよいです。
そういう意味ではこんな形状の蛍光ペンは他にありませんね。
人で言えば、デブじゃなく細くてスマート、地味だけどもキラッと光るパーソナリティです。

難点は・・・・細いからインクが思ったより早くなくなるってことでしょうか。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版