無印良品 水性六角ツインペン

松本 知彦 for Private Time/2013.03.05/文房具文房具

無印良品から出ている六角形の水性ペンです。
以前ここでも紹介したスタビロのpoint88ファイバーチップペンから着想を得ていると感じるのは決して気のせいではないと思います。
無印って結構そういう商品が多いんですよね。
パクリとは言わないですけど、アレンジって言えばいいのかな 汗
http://blog.10-1000.jp/cat43/000642.html

imgファミリーマートでも売ってます。

この六角ペンは、2008年にグッドデザイン賞を受賞しています。
出始め当初は、各色単品で販売していましたが、そのうち10色セットで売るようになり、つい最近本体にクリップが付いて、また単色バラ売りするようになりました。
小さいミニサイズも出てます。
ペンの前後で太い筆先と細い筆先、2種類の太さで字が書けます。
そしてキャップは、どちらの後ろにも差し込むことができます。
これは便利ですね。

imgペン先の細い方から見た図

imgこちらは太い方から。

しかし、、、最近なぜクリップ付きにデザインを変更したのか疑問です。
クリップをつけることにより、ノートや手帳の表紙などにペン本体を挿せるようにはなりましたが、デザイン形状は悪くなりました。
ノートに挿せないから不便、というユーザの声があったんでしょうかねぇ。
このペンは、スタビロ同様、正六角形の形状だからよかった気がします。

この六角形という形状。
鉛筆は六角形ですが、いつからそれが鉛筆のスタンダードになったのでしょう?
転がらないように、持ちやすいようにというのが六角形の理由だそうですが、親指、人差し指、中指の3点で支えるために、3の倍数である必要があるとのこと。
知ってました?
この無印の六角ペンも持ちやすく、転がりにくくしているというわけです。
それを知って再度このペンを持ってみると、なるほど3つの面に3本の指がフィットしています。

しかし六角形の形状もそうですが、キャップを飲み込んでも空気が通るように作られていたり、スタビロとの類似性があって、グッドデザイン賞にあんまり納得感はないんですよね。笑
まあ、可愛くて使いやすいことに間違いはないですが。
ただし個人的にはクリップない方がいいと思います。
しついこいですけど・・・

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版