SMYTHSON OF BOND STREET レターセットのオーダー

松本 知彦 for Private Time/2013.10.03/文房具文房具

随分前の話になりますが、ある日家に帰ると何やら黄色い小包が届いていました。
なんだろ?と最初はわからなかったのですが、そうでした、思い出しました。

img海外から小包が届くと今でもワクワクします。

imgロゴにはロイヤルワラントが3つ入ってます。

ロンドンでオーダーしたスマイソンのレターセットが送られてきたのでした。
注文したものが、遠くヨーロッパから小包で届く喜び。
これは格別ですね。

imgボンドストリート本店の奥からエントランスを見た様子。

ロンドンのボンドストリートにあるスマイソン本店では、レターヘッドや封筒に自分の名前や住所をオリジナルで印刷してくれるサービスがあります。
店内は広いのですが、この名入れサービスのカウンターは、店の一番奥にあります。
銀行の奥にある顧客相談窓口をもっと広くしたみたいな場所と雰囲気。

店の手前の方では革小物や手帳を扱っていて、手帳の表紙やパスポートカバーなどに金の箔押しで名入れのオーダーをすることができます。
手帳のオーダーには、長身でモデルみたいな男子がかなり親切に対応してくれました。
彼に封筒のオーダーもしたいと伝えると、店の一番奥のオーダーサロンに案内してくれたのですが、、、
しかし、、、そこへ一歩足を踏み入れるなり、急に顔から笑顔が消えて「ここは僕の担当じゃないから」とそそくさと立ち去っていきました。
なんで?と思ってたんですが、理由はあとでわかることに。

img小包を開けると箱が3つ。封筒1箱、便箋2箱でした。

オーダーは、まずレターヘッドの紙質を選んで、デザインを指定します。
そのあとヘッダーに入れるアルファベットの書体と色を選びます。
僕はスマイソンのブランドカラーであるブルーと、同じくツールに共通で使用しているスマイソンの書体、要はスマイソンと同じ仕様にしました。
長く使われている書体と色、最初にVI(ビジュアルアイデンティティ)を策定したデザイナーは一番美しく見える組み合わせを選んだはずですから、それに沿って同じ組み合わせで依頼することにしました。
封筒もスマイソンブルーの定型を選びました。
封筒の裏に、良く見ないと見えないくらいのサイズで、スマイソンの名前がエンボスで小さく入っていますが、それに気が付かなくても見る人が見たらすぐにそれだとわかると思います。

imgスマイソンのレターヘッドと同じ書体、同じ色を指定して住所を入れてもらいました。

img本店にある書体見本。これが何冊もあるので本気で選ぶとかなり時間を要します。

しかし、、、、
このレターセットの名入れオーダーを受ける担当のおばさんが、めちゃめちゃ怖いのです。
は?何?という態度で、何か言ったら怒られそうで、冗談抜きに怖いのです。
ビビりながらも、オーダーのシステムを聞いて注文しましたが、手帳担当のイケメンの彼の態度が硬化した理由がよくわかりました。

オーダーしたレターヘッドの文字組みサンプルは、2週間くらいすると、確認のため画像がメールで送られてきます。
僕はそこで1度修正を入れました。
問題なければ、印刷工程に入ってロンドンの現地から発送されます。

この手順を踏まなければならないのは最初のオーダー時だけで、追加オーダーをするときは、現地に行かなくてもメールや電話で対応してくれるとのこと。
日本のビジネス慣習はヨーロッパと異なるので、こうしたレターセットへの名入れが国内のビジネスシーンにおいて、どれだけニーズがあるかわかりませんが、逆にビジネスではなく、パーソナルユースでかなりニーズがあるのではないかと思います。
ロンドンでは、ほとんどがビジネスユースみたいですが。
今は国内の一部のセレクトショップで、手帳のみに限定して名入れすることが可能です。

imgこちらは革用の書体見本。一番の売れ筋はパスポートケースです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版