談話室松本 PRINCIPLE OF STYLE

NEWoMANに見る旬なデザイン その2

松本 知彦 for Private Time/2016.11.16/仕事

前回新宿にできた新しい商業施設 NEWoMANの概要について書きました。
入っているショップや商品にはそんなに興味はないですが、空間設計やデザイン面ではチャレンジングな面があって面白いので是非行ってみてください。
勉強になります。
一生、輝く。新しい時代を生きる、すべての新しい女性のために。
という施設コンセプトですが、メンズもありますww

img

NEWoMANの2回目ではサインシステムについて話したいと思います。
サイトなどを見ると、この施設の導線やサインシステムついては、よい意見がほとんどありません。
結構な低評価です。
案内板がオシャレすぎてわからない
鏡に書かれた文字が反射して読みにくい
店名だけが書いてあって、何の店だか不明
デザイン性を追求しすぎ
と、、、かなり酷評されているのです。

img文字情報がほぼない天吊りの誘導サイン

でも個人的にはそうはあまり思いません。
新しいことをやれば常に酷評はつきものだし、むしろチャレンジングなことをしなければ面白くならない。
これが公民館や図書館なら酷評されても仕方がない。
でもファッション商業施設ならそのくらいのことはやってもよい、もっとやるべきだとも思います。
老人や子供は来ないし、ファッションが好きな感度の高い30以上の女子しか来ないのだから、ユニバーサルデザインにこだわる必要はないでしょう。

サイン計画は、6Dの木住野(きしの)彰悟さんが手掛けています。
この人はサインシステムで知られる廣村正彰さんの事務所で修行した人のようですね。
廣村さんは、デザインナイズなカプセルホテルとして話題になった9hoursや、日産のデザインオフィスのサインで賞を取っている人。
廣村さんの登場以降、施設におけるサインの役割が格段に上がったと言っても過言ではないと思います。

imgフロアの案内板は鏡面仕上げに

img日本語が小さいから見にくい&寄ると自分の顔が映る 笑

サイトで酷評されているように、フロアガイドのパネルにはミラーを採用しています。
見ようとして近づくと自分の顔が映りこむ。笑
サインデザイナーいわく、ファッション性の高い場所なので、親和性の高いミラーを使用し、場になじむようにデザインしたとのこと。
この施設ガイドのパネルもそうですが、誘導サイン系では文字情報が極力省略されています。
施設内の天吊りサインも、壁サインも、ほとんどすべてピクトグラムのみ。

imgルミネゼロの書体は極細のヘルベチカ

imgこっちはさらに潔くて日本語表記は一切なし!

これが隣のルミネゼロに行くとさらに強調されていて、エレベーター内のサインもほぼピクトのみという、かなり潔いデザインになっています。
補足で書いてある文字情報も細い書体の英字のみです。
日本語がない。
田舎から上京してきたじいさんと待ち合わせたとしたら、間違いなく会えないでしょう 笑
しかし確かにNEWoMAN、隣にあるバスタ新宿、そしてルミネゼロ、これらの新しい施設をつなぐ導線、関係性は極めてわかりにくいです。
ルミネゼロの屋上には、家庭菜園の畑があるのですが(コルビジェの考案した現代建築の5つの原則を思い出します)ここへ行くのもどうやって行けばよいのか迷います。
そういう意味では、複雑なビルの構造をわかりやすくサインシステムで説明しきれてないのというのはあるかもしれません。
法規制か何かのせいなのか、ビルの入り口や建築構造がすごくわかりずらいのです。
NEWoMANとルミネゼロのサインは同じデザインテイストで、施工の方法を変えているのが面白いと思いましたが。

imgボードにプリントではなく、ピクトを切り抜いた突き出し型のサインはカワイイ。

ということで、施設におけるVIシステム、その中でもサインの役割は、普段何気なく施設を訪れた際にはあまり気にしないと思いますが、注意深く見てみると面白いのです。
こういうリサーチを通して自分の仕事にフィードバックをするというのもありますが、話題の新しい施設には色々なデザイン戦略あって、行けば毎回参考になるところが多いです。

img英語表記すらないフロアの案内板 笑

share

ページトップへ