色彩ピアノのこと

恵美 奈保子 for Private Time/2011.11.11

こんにちは。イメージカラー「緑」担当の恵美です。仕事では主にWebサイトやそれに付随する紙媒体のディレクションのほか、コピーライティング、編集などを担当しています。イメージカラーについては、きっとしかるべき人が語ってくれると思いますので控えます(お楽しみに?)。とは言いつつも、緑がちょっと気になったので、調べてみました。

緑って、どんな色?
タイでは、曜日ごとに色が決まっていて、緑は水曜の色だそうです。
ほかの曜日は下記の通りで学校など公共の場所では、この色に合わせた洋服を着ている人が多いとのこと。
月=黄色  火=ピンク  木=橙  金=青  土=紫  日=赤

また、抽象画家のワシリー・カンディンスキーは、ある書籍の中で「緑は、ゆるやかにはじかれるバイオリンの中低音の色」だと述べています。ポロ~ン。
下記は、今日の通勤途中に見つけた緑。東京の緑。

img_11111101.jpg

 
それからそれから。色彩ピアノという楽器をご存じですか?
18世紀に、ルイ・ベルナール・カステルという人が考案した光と色を同時に奏でられる楽器です。
その中で、緑はDまたはF#の音に対応しています。
ちなみに色彩ピアノは、音と色の共感覚をインスピレーションに生み出された楽器(共感覚とは、音を聴いて色を感じる、またその反対の感覚を持つなどです)。昔の人も、いろいろな感覚、表現要素の組み合わせに可能性を見出し、何かをつくっていたのですね。

img_11111102.jpg

 

長くなってきました、、もうちょっとです >_<
随分話がそれてしまったので、仕事の話に。最近のWebサイトは、ご存じのようにどんどん変化していて、表現の要素としては18世紀のような音と色だけではなく(当たり前ですが)、文章も写真もムービーも数式も、現在も過去も(未来も?)、大切な友達も遠い国の知らない誰かも、取り込むことができるようになりました。

トレンドとしては、モバイルファーストとか、レスポンシブWebデザインなどという言葉が巷にあふれています。こちらの細かい説明は省きますが、どうしても要素をそぎ落としたミニマムな方向に設計方針が傾きそうな気がしています。そのような流れをおさえつつも、さまざまな要素を自在に組み合わせ、かつシーンに合わせたこれまで以上のパーソナライズを戦略的に図りながら、情報を「体感」する楽しさが提供できる時代なのではないかなと思います。

少し妄想が拡がってしまいましたが、常にちょっぴり新しいクリエイティブの可能性を信じながら、
今ここにいるdigのメンバーとともに、皆さんの希望に応えていけたら嬉しいです。昨日のブログに名前が出てきたクリエイティブチームメンバーはじめ、来週も、社員ブログが続々アップされていきます。

それでは、よい週末を。
私は明日引越しですが、部屋が完全に日常風景です。
 

折り紙

猪爪 雄 for Private Time/2011.11.10

はじめまして。
クリエイティブチーム 猪爪です。

折り紙の話を書かせて頂きます。

先日、健康診断の帰りに新宿の無印良品によって文房具を探していたのですが、たまたま棚に置いてあった折り紙を見つけて、それも買って帰りました。
小さい頃から数えて10〜20羽も鶴を折ったことがない僕がなんで折り紙を買って帰るのか自分自身もわからないのですが、きっと僕の中にいる子供の頃の自分が「折り紙ほしい!ほしい!」とジタバタしたのでしょう。そうします。

会社に戻って落ち着いたところで高橋さんと鶴を折っていたのですが、やっぱり小さい頃から数えてあまり鶴を折ったことがない僕はすっかり鶴の折り方を忘れていました。
高橋さんに教えてもらい四苦八苦しながら鶴を折っていると近くにいる人が集まってきたので、みんなに折り紙を渡すと子供の頃を思い出しながら楽しそうに折り紙を折っていました。

翌日、出社すると机の上にガキ大将みたいな兜、育ちの良さそうな鶴、精密に作られたカメラなど、作った人の個性を感じる折り紙が置いてありました。
どんなものにも作り手の個性が宿るんだなと改めて、折り紙からモノをつくる楽しさを教わりました。

【お気に入り】若穂囲さんが作った兜と手裏剣です。

Google+(グーグルプラス)はどうだい?

井上 陽敬 for Private Time/2011.11.09


初めまして、そうでない方も宜しくお願いいたします。
ディレクションチームの井上です。
さっそく自己紹介です。
・長男として北九州に生まれ、麦酒のようにすくすく育つ
・広義で流行を学ぶために上京し、今やすっかり一児の父
・デザイン全般とインターネット好きが講じて株式会社digを掘りあて…←いまここ
ということで、私はブログが回ってくるタイミングで
気になっているトレンドやトピックスについて書いていきます。


///// @2011/11/09(水) /////
昨日、Google社謹製のSNSサービス
「Google+」にFacebookページに似た機能「Google+ ページ」が追加されました。
この機能追加の将来性について3つ側面から考えてみましょう。
1.競合(Facebookページ)との優位な点
2.GoogleがGUIを統一している理由は?
3.スマートフォンとの親和性


<1.競合(Facebookページ)との優位な点>
まず、日本のgoogle+開発チームのリリースノートからおいしいとこを引用します。


「Google+ ページ」で、新しいつながりを

情報発信時のグループ分け機能であるサークルを活用すれば、相手の細かな興味に合わせてメッセージを発信することが可能です。たとえば同じ携帯電話のキャンペーンでも、“既存の顧客”サークルには「いつもありがとう特典」の情報、“新規見込み客”サークルには「今ならお得キャンペーン」の情報を送るなど、ひとつのページでターゲットごとにメッセージを発信することができます。


なるほど、確かにこれは情報の出し分け機能において
Facebookページのそれとは異なる大きな優位点です。
しかもGoogleであれば、検索やメールサービスで既に得ている
精度の高い属性データを持っていると考えられるため、機能への期待は高いです。
純粋に機能だけで考えると、
「定期的に似た性質のキャンペーンをセグメント毎に展開する場合」は
Google+ ページに軍配があがりそうです。


<2.GoogleがGUIを統一している理由>
ここ最近、Googleが提供するサービス
(Gmail、カレンダーやリーダーなど)のデザインが、
Google+のようなテイスト/使い心地でリニューアルされています。
デザインの老朽化もその理由の一つと考えられますが、
私はそれ以外の理由から戦略的な予感がしています。
それは
・Googleのサービスとしては新しい「Google+」のGUIに近づけている
・Googleリーダーの「共有/コメントをつけて共有」機能が無くなり、
 その代わりに「+1」ボタンが実装された
上記のように、
操作感や機能の一部を「Google+」(SNS)に
まとめようとしている傾向がみられるからです。


<3.スマートフォンとの親和性>
昨今のスマートフォンブームの火付け役はiPhoneであることに誰も異論はないでしょう
しかし、Android端末は
・通信キャリアには導入障壁の低さ
・端末メーカーには開発コストの低さとOSのオープン性
これらを理由に、
スマートフォンをまだ持っていない/使ったことがないユーザを中心に、
シェアが広がることは必至と言われています。


スマートフォンの利用が加速! グーグル・アンドロイドOSがアップルiOSのシェアを抜く! - comScore, Inc


ここで話を少しSNSにもどします。
iPhoneに搭載されている最新のOS、iOS5からは
SNSへの投稿機能がユーザに分かりやすく、手軽にできるようになりました。
AndroidにこのようにOSレベルでSNSと連携した、目立つ機能を搭載するとすれば、
おそらくgoogle+の機能の一部が搭載されるのではないかと私は考えています。
これによりAndroidユーザは、これまでよりも更に自然にGoogle+(SNS)と接触することになるでしょう。


■まとめ:
今回の機能追加の影響力は未知数ですが、細かくセグメント(最適化)されたコンテンツを
Androidユーザへ一気にリーチできそうな点で、早期から活用する価値は充分にありそうです。


□余談:
ちょっと前に「Facebook Phone」がこっそり発売されていたようです。
Facebook Phoneはストレージなしのクラウド端末、HTC製造で来月発表?

HTC ChaCha Product Support – HTC Help Centers


おくちなおしに:
生まれ変わったら是非、梶芽衣子が姉であってほしいものです X)
Girls On Film (Drop Out Orchestra Rework) EDIT by Drop Out Orchestra


 

よだかの星

浅利 佳恵 for Private Time/2011.11.08

 
はじめまして、コンサルティングチーム兼スタッフブログ管理人の浅利です。

何から書いたらよいか、とても迷ったのですが・・・
初めての更新なので、自己紹介を兼ねて、
昔から変わらず大好きな宮沢賢治についてお話したいと思います。
 

宮沢賢治の本を通じて出会ったものが二つあります。


ひとつは、ドイツ語。
「der heilige Punkt」
「Eine Phantasie im Morgen」
詩の中などで頻繁に使われる言葉にウズウズ!
大学ではドイツ語のインテンシブクラスを選択しました。


そして、もうひとつは星です。
「銀河鉄道の夜」「双子の星」「星めぐりの歌」など、
天文学に関心が高かった賢治の作品には「星」が多く登場します。
それが物語と現実をつなぐ接点のように思えて、
星にも興味を持つようになりました。


星の出てくる物語の中でも、秋に読みたくなるのが、

 yodaka.jpg

 
「よだかの星」です。 

カシオペア座の中の「チコの星」という超新星が
「よだかの星」のモデルだと、昔本で読み、
あの「W」を見るたび「よだかの星」を探していました。


実はもう光度が落ち、肉眼ではその光をとらえることができないと、
後になってから知ったのですが、、、、。
それでもカシオペア座を見つけると、今でもやっぱり嬉しい気持ちになります。


11月はカシオペア座が一番きれいに見える月。
13日の日曜にはおうし座流星群の北群も見れるかもしれません。
ですから、星が綺麗な「秋」も、私にとって心躍る大好きな季節です。

 

そんなふうに、宮沢賢治を通して出会ったもの、好きになったものが沢山あります。


文章で何かを伝えるのはとても難しいことですが・・・・

このブログを通じて、みなさんにもdigの様々な側面に出会ってもらえたら、
そしてその中から、一つでも興味を持ってもらえたら、とても嬉しいです。

そのような場にできるよう、
すこしずつ、みんなで頑張っていければと思いますので、
温かく、長い目で見守っていただければ幸いです。

 

あさり

祝スタッフブログ開始

松本 知彦 for Private Time/2011.11.07

会社でブログをはじめようと、全員に通知してから早4年・・・。
やっと実現することができました。
ここまで来るのには、本当に時間がかかりました。(かかりすぎです!)

このスピード感、本当にどうにかしないとマジでまずいと思うんですが、社内のプロジェクトとなるとスタッフの間でどんどん後回しにされ、いくら言っても進まず・・・・
鶴の一声で即時開始というわけでは決してなく、紆余曲折あってどうにかこうにかオープンまでこじつけた次第です。
しかし繰り返し言っちゃいますが、4年ってかかりすぎですよね・・・
ここまでの経緯を振り返ると泣けてきます。

松本のブログ「談話室松本」をスタートさせたのが昨年11月。
本当はスタッフブログを同時スタートさせる予定でしたが、作業が間に合わず、1年後という約束で松本のブログだけ先にスタートしました。
その間せっせと僕は記事を書いていたんです。
そして1年。
やっと今日の日を迎えることができました。
いやあ、本当に長かった。
 
なぜスタッフのブログをはじめるのか?
ちょっとカタい話になりますが、今まで会社のブランディングを牽引するのは松本でした。
松本がdigであり、digのパーソナリティは松本が創っていました。
でも違うだろっていうのは6年くらい前から少しづつ感じ始めていたんです。
会社の、組織の、パーソナリティはみんなで作っていくべきだろうと思います。
みんながもっとフロントに出て、顧客から信頼を得て、それがdigのパーソナリティになっていくべきだろうと思っています。

digという会社は、まったく営業をせずに15年やってきました。
営業せずに20人、、一体今までどうやって仕事を取ってきたのでしょうか?
よくも悪くも不思議な会社です。
振り返ってみれば、そこには人とのつながりしかありません。
チャンスをもらえれば死ぬ気でがんばりましたが、すべてのはじまりは人でした。
それはパーソナリティに起因することが大きいと思います。
 
コンペを取ったり、新しいことにチャレンジしたり、あの時の努力がなければ今のdigはありません。
でも人とのつながりがなければ、がんばるチャンスもなかった。
仕事は人の力によって大きく左右されるのです。

それを今後は全員が行って欲しいと思い、バトンを渡します。
松本一人でここまでできたのだから、全員で力を合わせればもっと大きなことができるはずだと信じています。
digという組織のパーソナリティを創り、これからの新しいページを開くのはみんなだと大きい声で言いたいです。
 
だから、だからですが、
もっと早く社内のプロジェクトを進めてもらいたい。。。笑
色々手を尽くしたのであとはもうお願いになっちゃいますけど、これに尽きますね・・・
本当にお願いします 笑

まかせたよ

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版