速報!!「点と線システム Ver2」が完成しました!

本江 慶太郎 for Private Time/2012.02.24


こんにちは、プロジェクト推進チームリーダーの本江です。

今回は私のお気に入りのインターネット動画サービス「Hulu」とその中でも最近ハマっている海外ドラマ「スタートレック エンタープライズ」のお話をしようかと思ったのですが、弊社自慢のシステム「点と線システム」Ver2が本日完成したので、簡単ではありますが新機能を紹介したいと思います。

tensen5.jpg

「点と線システム」を一言で言うなら、Webサイトワークフロー管理システムです。
WEBサイトコンテンツの制作依頼から本番アップまでを、ワークフローを用いてコンテンツを一元管理するシステムで、主な機能としては、コンテンツ承認機能、設定した時間になったら本番公開、削除する時限公開・削除機能、コーポレイトサイト、ブランドサイト、ECサイト、スマートフォンサイト、モバイルサイト、キャンペーンサイトなど複数サイトの更新進捗状況が一目で把握できるタスク一覧機能などがあります。
Ver1を開発してから既に4年?ほど立ちましたが、今回は満を持してVer2が完成しましたので、新機能の一部をご紹介したいと思います。

今回のバージョンアップ内容は主に以下の6つです。

1、インターフェース、デザインの大幅な変更

  ナビゲーション、ステータス表示を大幅に変更しユーザビリティーの強化を図りました。

tensen2.jpg

2、今まで正式リリースされていなかった機能をリリース。

  メンバー管理、サイト管理、削除機能など正式リリースされていない機能をリリースしました。

3、ユーザー権限(作成、制作、承認、公開、削除)をサイト毎に設定できるようになりました。
 
  複数のアカウントを持つ事なく、サイト毎に権限を付与する事ができるようになりました。

4、カレンダー機能を追加

  複数サイトの公開情報を一目で確認する事ができるようになりました。

tensen3.jpg

5、公開バッチの見直し

  時間設定によるコンテンツ公開機能をより安定させ、失敗時の原因を即座に確認できるように
  管理者用にエラーログ閲覧機能を追加しました。

6、フレームワークを「symfny」から「cake php」に変更。

  環境依存、モジュールの依存性が少ない為、より多くの環境に導入する事が可能となりました。

その他、こんな機能があればいいのにと思った機能は時間が許す限り取り入れましたので、もし興味がありましたら是非、是非ご連絡下さい。いつでもご説明にお伺いします!


十市さん!、御社でのご利用いかがでしょうか?
ご連絡お待ちしております!!!



最後に沼崎君、カズキ君、猪爪君、そして高橋さん、松本さんお疲れ様でした。それと点と線システム広報の成宮君、このシステムをもっと多くの方に知ってもらえるように一緒に頑張りましょう!・・・・浅利さんもよろしくです!

それから、鈴木さん、加藤さん
お忙しいながら貴重なご意見ありがとうございました!

WITH 10YEARS OF LIFE

西山 幸江 for Private Time/2012.02.17

こんにちは。クリエイティブチームの西山です。
少し前になりますが、テレビを見ていたら目に止まったCMがあったのでご紹介します。



WITH 10YEARS OF LIFE 公式サイト
3653日の詳細が1つ1つ見れます。

キャッチコピーは
「WITH 10YEARS OF LIFE -同じあかりの下で、10年間、幸せな日々は続いていく- 」


LED電球を使い始めたその日から男性の10年間の日常が描かれています。
10年という長い月日の中で恋をし、結婚をする。
そして家族が増えていく様子はとてもあったかい気持ちになれます。

2分と長めですが、思わず見入ってしまい泣きそうになりました。


受動的なCMと能動的なWebでは、広告としての役割、作りかたは異なりますが
見てくれた人、訪れた人に「いいな」と思ってもらえるものを作るというのは一緒ですね。

『UNO』さん展示会(成宮)

成宮 成 for Private Time/2012.02.11

クリエイティブチームの成宮です。
先日、友人の知り合いのイラストレーターさんの展示会に淡島通りのBrownDoorに行って来ました。
『UNO YOSHIHIKO』さんという方でスタイリストとして活躍する傍ら、同時にイラストレーター・ペインターとして精力的に活動を開始。アパレルブランド、カルチャー誌、エキシビションの他、アニメーション、ショーウィンドウ、書籍を手がけるなど、独自のストリートポップアートを生み出しているそうです。

当日はクロージングパーティーでなぜかお子様を連れてきている方も多く、子供がスケボーで遊んでいる前でライブペインとをしたりとアットホームな中で作品を楽しむ事が出来ました。

作品のテイストは、私がこの店好きだなと思う雑貨や服屋に何故か良く置いてあるフリーペーパー『VICE』に出てきそうなお洒落なイラストでした。

古着屋の奥のギャラリースペースという空間も始めてで新鮮で、当日販売していたUNOさんのオリジナルグッズもどれも素敵で色々と刺激とパワーを貰った数時間でした。
1日でファンになってしまったので、また何処かで作品をみる機会があったら嬉しいです。
uno.jpg

年賀mail making

高橋 一嘉 for Private Time/2012.02.03

こんにちは。高橋一嘉です。
早いもので、ついこの前、年が明けたと思ったらもう2月。

ふりかえると、恐怖のフォレストアドベンチャー研修、年末の仕事納め、年賀メールの制作、吹雪の中の帰省&Uターンと、たいへん充実した年末年始でした(?)
気がつけば、あ〜本厄終わってるよ、ラッキーといった感じです。

さて、はからずとも僕の2011年、最後の力を全て注入することとなった(?)
年賀メールですが、そのコンセプトはすでに談話室松本でふれていますので、今回は制作裏話をしたいと思います。

映画オーシャンズ11のポスターをパロディ化するという軸は決まっていたので、あとはdigらしさをアピールできる要素を盛り込むだけと、アイデアは比較的スムーズに浮かびました。

メンバー全員の抱負をキャストロール風にあてはめたり、細部までこだわっています。
こういうのって、とことんやりたくなってしまう、オソロシイ。

出来上がったデザインをみて、我ながら大満足。
digメンバー全員が撮影に快く協力してくれたおかげです。

まず、撮影にあたっては新オフィスはスタジオ兼備ではないので皆が仕事をしているワンフロアの片隅で撮影。

あらかじめ、女性はいい女な感じの服装にハイヒール、サングラス、男性はスーツにサングラスとドレスコードを指定。

初めて見るようなシャレた姿に変身した面々(注:社長を除く)に、素人カメラマンの僕が、ドヤ顔やセクシーショットを誘導することなど出来るはずもなく皆をまきこみながらの撮影に。

「いいねー、雰囲気でてるよ〜」
「もうちょっと、こういうポーズしてよ。そうそう、それそれ〜」

皆が口々に、被写体メンバーをのせて場を盛り上げてくれたので、とても撮影がしやすかったです。

そして、拳銃の小道具を携えて現れたり、あんなポーズやこんなポーズをとってくれたり、皆のノリノリ度も加速。


making.jpg

そんな皆の写真をコツコツ切り抜き、
出来上がった2案を松本さんに見せたところ
「・・・これはやりすぎだろう」
と、お蔵入りになった方をチラ見せです。

nenga.jpg

抱負にも書いたように今年は「案件増やして体重減らす」を達成できるようがんばります。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版