川崎大師風鈴市

猪爪 雄 for Private Time/2012.07.17

クリエイティブチームのイノツメです
先週から一気に暑くなってきましたね

毎年、暑くなってくると聞こえてくる風鈴の音
風情があってとても好きなので、僕もお気に入りに風鈴を買って夏を乗り切りたいと思っています

どこで風鈴を買えば良いかと探していると丁度良いイベントがありました
明日から日曜(7/22)まで川崎大師風鈴市が始まるそうです

120717_blog.jpg

川崎大師は成田山新勝寺、高尾山薬王院とともに関東三山として有名ですね
ぜひ興味のある方はチェックしてみてください!

何が主役かは、みる人が決める。

井上 陽敬 for Private Time/2012.07.13

こんにちは。プロジェクト推進チームの井上です。
夏が来てますね。つい最近一部の熱狂的ファンから「ブラボー!」が聞こえてきそうな嬉しいトピックスをインターネットで見かけましたのでご紹介いたします。

///// @2012/7/13(金) /////
ご存知の方も多いと思われますヒップホップやエレクトロファンクのルーツとも言われているアフリカン・バンバータの「Planet Rock」。このパイオニア的作品にも多用されている「楽器の」ドキュメンタリー映画が来年アメリカで公開されるようです。 ※この映画の仕掛け人はアーサー・ベイカー氏

311571_414863268557162_1690537471_n.jpgのサムネール画像
このRoland TR-808とは日本のローランド株式会社が1982年に発売したリズムマシンです。 前回のエントリでもCASIO計算機の話をしましたが、'70~'80初頭の日本の電子楽器は実に名機が多いです。

何故ここにきて「名曲の」ドキュメンタリー映画ではなく、「楽器の」ドキュメンタリー映画としたのでしょうか?

私の考えでは、何か作品をつくるときに使うツールも「一つの作品」だとする感覚が、これらのコンテンツを消費するユーザにとって、より一般化してきたことが大きいと思います。 これに加え、彼らはよい作品の制作プロセスを多くの角度から眺めて、解釈の拡張を楽しむ傾向があると思います。

前掲のTR-808をグラフィック化した一例:
Program Your 808 Posters By: Antonio Carusone



20120703-080456.jpg
眺めるだけでなく、リズムパターンをメモできるパターンチャートとしても使える可能性を提示していてナイス!

Planet Rock and other tales of the 808」公開されたら見にいきたいですね。 それではまた。

 「Planet Rock」:
 


TR-808にまつわる有名な話。 開発者「クラップの音が気に入ってない」 :

野菜寿しとこの夏のテーマ

浅利 佳恵 for Private Time/2012.07.05

こんにちは。マーケ企画グループ浅利です。


魚を一切使わない畑の寿司屋『野菜寿し ポタジエ』に行ってきました。

美味しいのはもちろんなのですが、
素材をそのまま活かした、目にも楽しい鮮やかな盛り付けで
おなかもココロも満たされたので、ご紹介させていただきます。


オーダーしたのは【野菜寿しコース 葵』。

sushi01_R.JPG
まずは、スッと喉ごし良く。オレンジ風味の根菜冷製スープ。

sushi02_R.JPG
野原を食べているかのような野菜と花のサラダ。

sushi03_R.JPG
一の皿の握りと野菜のあら汁。
本当に野菜?と目を疑うほどですが、もちろんすべてお野菜です。
一番左のウニに見立てた「雪下ニンジンのお寿司」と、
真ん中のマグロに見立てた「トマトのお寿司」が特に印象深いです。

sushi04_R.JPG
二の皿の握り。
驚いたのが、スプーンにカレー風味のソースと塩トマトがのったお寿司。
出汁の味もして、でもやっぱりカレー。味の表現が下手で申し訳ないです・・・

sushi05_R.JPG
デザートは、百合根というゆりの球根部分のアイス。
味はお芋のような・・・初めて体験の味でした。


味。香り。ビジュアル。
コースを通して、シンプルに感覚を刺激してくれる
体験の重要性に改めて気づかされました。

思えば、この上半期を振り返ってみると、
チーム変更もあり、多くの方との出会いに恵まれました。
そのどれもがとても刺激的で、
自分の価値観を豊かにしてくれていると感じています。

この夏は仕事面だけでなく、
「感覚を豊かに」をテーマに
様々なことにチャレンジしたいと考えています。

皆さんはどのような夏を過ごされますか?

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版