digの分室 その2

沼崎 for Private Time/2013.12.27

開発チームの沼崎です。

以前のワカホイさんの記事で分室のお話がありましたが、今年は好業績のために急に社員の数が増えたので、早くも前の分室を引き払ってもっと広い分室ができました。

今度はクリエイティブ・開発チームの全員が分室に移動したので、本社側より人が多いという逆転現象が起きています。全員が1つの部屋に居たころよりは静かですがその分作業に集中できます。また、残念がらベランダからの眺めが良くありません。ですが、概ね快適な作業場所となっております。

短いですがこれにて。
来年も好調なdigをよろしくお願いいたします。


アンドレアス・グルスキー展

上田 学 for Private Time/2013.12.27

はじめまして。
11月より新しくクリエイティブチームに入りました上田といいます。
どうぞよろしくお願い致します。

初ブログは、少し前ですが今年の夏に国立新美術館にて開催された
「アンドレアス・グルスキー展」について書きたいと思います。


2013-12-26 02.52.31.jpgのサムネール画像のサムネール画像
展覧会のメインビジュアルは、岐阜県 神岡鉱山地下1000mに存在するニュートリノの観測装置。
日本の光景とは思えません!



作品《ライン河Ⅱ》は、2011年に、クリスティーズニューヨークのオークションにおいて、430万ドル超(約4億4700万円!)で落札されました。グルスキーは「世界でいちばん高い写真」の称号をもつアーティストです。

この作品はタイトルの通りライン河が撮影されています。ただぱっと見にはライン河と判別できるものはなく、画面にあるのは水と芝生だけです。

20130729184352.jpg

ほんとうはこの写真には、建物が写り込んでいたそうですが、場所を特定できるような個別具体的なものが注意深く取り除かれ、画面を抽象的にし、ヨコ方向へ流れる線と色の美しさのみを強調しています。

人間の視覚というのは、私達が思っているほど現実に忠実ではなく、脳によって補正された画像を見ています。

グルスキーがやろうとしているのは、補正された「リアル」をカメラで表現しようとしているのではないでしょうか。
そぎ落としたり強調することによって、ある光景の構成を明確にし「世界の構造」のようなものを垣間見せる。そこがグルスキー作品のおもしろさだと、わたしは思っています。


来年2月より大阪での展示が始まります。
ぜひ興味がありましたら、写真集ではなく、数メートルにも及ぶ
巨大なプリントで表現された緻密でリアルな世界を体験してみてください。

PACIFIC NORTHWEST-PORTLAND-

原 寛己 for Private Time/2013.12.24

はじめまして。
そしてメリークリスマス!
今月よりディレクションチームに入りました原と申します。
どうぞよろしくお願い致します。

初ブログは、最近気になっている"パシフィック・ノースウェスト"のライフスタイルについて書こうと思います。

そもそも"パシフィック・ノースウェスト"とは
アメリカ大陸北西部の沿岸地域を指し、
北はアラスカから、南はカリフォルニアに至る地域のことです。
バンクーバー、シアトル、ポートランドと大都市が共存するこのエリアに今、注目が集まっているそうです。

ここに住む人たちの多くは、豊かな自然を身近に感じられる環境でシンプルな暮らしを楽しんでいるそう。快適な生活を送るために工夫をするDIY精神が根付き、体にやさしいオーガニックフードを食し、休日は家族や友人との時間を大切にしながらがのんびり過ごすというイメージです。

なかでも、オレゴン州・ポートランドは、独自のカルチャーやリベラルな気風が根付く街として、昨今、さまざまなメディアに取り上げらているホットなスポットです。

hara01.jpg以前訪れたポートランド。コーヒー片手に散歩を楽しむ人やジョガー、ローカルスケーター、タトゥー&ピアスのオーガニック系スーパーマーケットのスタッフ、ヒップスター、ヒッピー、パンクスなど、自由に生きる人々が集まる魅力的な街という印象を受けました。

ポートランドは、毎年、全米で住みたい街ランキングの上位に入る環境に優しい街で、やはりDIYカルチャーや食、アウトドアが盛んです。他にも、独立系書店の「Powell's Books」やヒップなホテルの「ACE HOTEL」、サイクリング&スケートカルチャー、「DANNER」のブーツ、「NIKE」の本社、ライフスタイル誌「KINFOLK」、ガス・ヴァン・サントの映画、ZINE、ファーマーズマーケット、コーヒーショップ、地ビールなどなど、気になるモノやコトがたくさん!
hara02.jpg
先日、日本版が創刊されたポートランド初のライフスタイルマガジン「KINFOLK」。食や暮らしにまつわる写真や詩的なエッセイなど、休日にソファに寝転んで、ゆっくりと読みたくなる雑誌です。

hara03.jpg
部屋のソファの上に洋服が散乱していたので、何か置けるものを作ろうと、週末にホームセンターへ。"PORTLANDIA"になった気分で、簀の子を使用した超簡単DIYを決行。ペンキも塗ってみました。ベンチを物置にして、下のスペースに収納BOXを入れようと思います。

自然体でシンプルなライフスタイルが魅力のポートランド。アウトドア好きの方やエコ&スローライフ好きの方はもちろん、休暇を利用して少しの間滞在するだけでも、新たな発見がある街だと思います。日本から直行便もあるので、アクセスもしやすいです。

次回は、少し北上したワシントン州・シアトルについて書こうと思います。それでは失礼致します。

益子焼

山崎 綾子 for Private Time/2013.12.17


はじめまして。
11月から新しくクリエイティブチームに入りました山崎です。
どうぞよろしくお願いします。


私は栃木県出身なのですが、
栃木では「益子焼」という焼き物が有名なんです。
おしゃれなカフェも多く、最近では雑誌などでもたまに見かけます。

昔は益子焼というと、古くさくて地味なイメージがありましたが
今は隠れたおしゃれスポットという感じで、とても素敵な街なのです。


最近雑誌を見ていて気になる益子焼の作家さんを見つけました。
伊藤丈浩さんという方なのですが、細かい模様と色味がとても素敵で!

mashiko_1.jpg

リボンのような模様が印象的ですが、
ストライプっぽいものや、ジグザグしている
とても細かい模様のものが特に私は好きです。

気になり調べてみると、
平面の土の上に線を描くようにして模様を描いてから
石膏型をあてて器の形に成形する「スリップウェア」という手法で作られているようです。

mashiko_2.jpg

形よりも絵付けが先とはとても意外でした。
なんだかお好み焼きの上のマヨネーズみたいですよね。




秋に益子町に行った時に彼の作品を見かけたのですが、
その時は陶芸体験が目的だったので、購入せずに終わりました。。。

ちなみにその陶芸体験で作ったものはこれ。

mashiko_3.jpg

カップとお茶碗と中くらいのお皿を作りました。

画像では分かりませんが、焼くと7割くらいの大きさに縮んでしまいます。
なので、ろくろで形成するときは一回り大きく作るんです。

スタッフの方は散々そのことを説明してくれたのですが
想像していた以上の縮みようで...。
これは自分が作ったものと違う!と電話が来ることもあります
とスタッフさんが言っていた意味がよく分かりました...。



でも自分で作ったものは愛着がわきますね。
とても大事に使っています。

鎌倉市長谷

奈良 文美 for Private Time/2013.12.13

こんにちは、クリエイティブチームの奈良です。

先日、鎌倉に行ってきました。
友人が住んでいることもあって、私はよく鎌倉に行くのですが、
特に長谷が大好きで、よくぶらり散歩を楽しんでいます。

長谷には、ビストロの「ボータン」やおそばの「松原庵」など
有名なお店がたくさんありますが、
今回は、海の直ぐそばのヴィーガンカフェ「サイラム」でランチしました。
このヴィーガンという聞き慣れない単語、
乳製品、卵を含む一切の動物性の食品を採らない完全菜食のことだそうです。

DCIM0145.jpg

DCIM0146.jpg

古民家を改装した、静かで落ち着いた雰囲気のお店で、
奥には靴を脱いであがる、由比ヶ浜を一望できるお座敷があります。
とにかくまったり心地いいです。

DCIM0144.jpg

皆さんも機会があったら、是非一度行ってみてください!

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版