スペインの旅

北中 良枝 for Private Time/2014.01.29

こんにちは、クリエイティブチームの北中です。

昨年の秋、新婚旅行でスペインとフランスに行ってきました。
どちらもとても魅力的な国でしたが、スペインについて印象的だった場所を
いくつか書きたいと思います。

【サグラダファミリア】
まずはバルセロナ、スペインを代表する建築物サグラダファミリア!
アントニ・ガウディの建築として日本でもとても有名な建築ですね。
スペインの観光の目玉でもあり、年間200万人以上が訪れるそうです。
私も行く前からこういうものだろうという大体のイメージはありました。
しかし、実際に見てみると驚かされる事が沢山ありました!

いくつか挙げてみると、
・内装がとてもきれい
・外壁の彫刻全てに物語があり、たくさんの動物がいる
・設計図が無い(ほとんどが火事で焼失)
・建築構造が独創的
・塔の建造の手順が独特
・建設費用は寄付(入場料やグッズの収益を含む)によって賄われている

外装はイメージ通りでしたが、内装は圧巻でした。
外装の歴史を感じさせる雰囲気とは打って変わって、内装は塔を支える木の枝のような形の支柱が、
天井に向かって何本も伸びており、上を見上げると柱の隙間から陽の光りが降り注ぐ、大きな森にいるような感覚でした。そのギャップがあまりに凄く、中に入った瞬間に思わず息を飲みました。

20140127_00.jpg

ガウディの建築物は、横構造を支える「梁」が極端に少なく空間が広いことに驚かされます。
かねてより持っていた「自然美こそ機能美を兼ねる」という考えの元、
おもりと紐を用いた重力と構造の実験を積み重ね、梁を必要としない構造を考案します。
それは、それまで真っ直ぐ建てるのが当たり前だった柱を、斜めに建て、更に柱をねじる事で
横の強度を保つというものでした。
これはガウディ独自の構造理論に基づく手法であり、当時としては画期的なものだったそうです。

20140127_02.jpg

おもりと紐を用いてできる弛みを、反転させて見たものこそが、垂直荷重に強い構造であると主張した。

また壁側はステンドグラスも入りカラフルに彩られ、天井の照明にはなんと、
LEDが用いられていました。これはその時代の最新の技術を取り入れながら作るという、
ガウディの意思が反映されているそうです。
不思議な形の柱とそれによって作り出される美しい空間と光、ステンドグラスの彩りがとても魅力的でした。

もう一つ、驚いたことが、建造の手順です。
通常、建築物は基礎から全ての箇所を均等に建てていくものですが、
サグラダファミリアは最初に建築のメインイメージとなる塔を先行して建てたのです。
(現在も、10本の塔、1つの門が未完成の状態)

それはなぜか?

サグラダファミリアが寄付を頼りに建造されているからです。
通常通り均等に進めていたのでは、完成のイメージが伝わりにくく、寄付が滞り工事がストップしてしまうのではないかと考え、まず建築のメインイメージを象徴する塔を建造し、最終的に作り上げる建築の素晴らしさを現実のものとして伝え、寄付を集めやすくなるようにしたそうです。

実際、先に塔ができたお陰で寄付は集まりやすくなり、観光地としても認知され、
観光収益もかなりの額が上がっています。
(しかし、なにせスケールの大きなプロジェクトの為、それでも建設費用を賄いきれなくなった時期もあり、何度も建築がストップしたことがあるそうです。)
ちなみに、スケジュール通りに工事を進めるには20億円/年の寄付が必要なようです。

2026年に完成する予定と発表されましたが、現地の方の話だと完成は無理だとか・・・
ずっと工事をしていないと寄付は集まらないそうで、完成したとしても、修復工事が続くそうです。

20140127_03.jpg

【アルハンブラ宮殿】
アルハンブラ宮殿はあまり耳にしないかもしれませんが、スペイン南部の都市グラナダにある
世界遺産です。(グラナダはフラメンコ発祥の地としても有名です!)

この建築はイスラム文化の影響が多く見られます。
一番の特徴として、具象表現を排したアラベスク模様が、天井も含めた壁という壁、
全てに彫りこまれています。
建物の壁は遠くから見るとただの茶色の壁ですが、近くに寄るととんでもなく細かな模様が
装飾されていました。この装飾の細かさには本当にびっくりしました!

指示一つでこんなものを作らせることができたなんて、当時の王の権力がどれだけ絶対的で
強力なものだったのか想像しただけでも頭がクラクラしそうです。

20140127_04.jpg

また、この建物のもう一つの特徴として、建物のありとあらゆる場所に「水」が通してあるということがあります。
建物全体が石造りで、廊下や寝室に至るまで、水を通す溝が掘られ要所要所に小さな噴水が
作られています。これは単なる装飾の一つとしてではなく、大きな別の目的を持って作られました。
その目的は、緊急時の連絡手段として利用することでした。

通信手段が発達していない時代、敵襲を知らせるにはのろしを上げるというのが一般的な方法でしたが、それでは敵にもこちらが気づいたことがわかってしまい、他の手を打たれてしまう可能性がありました。
そこで利用されたのが、水で知らせる方法でした。

普段は宮殿内の水路や噴水に常に水を通しておき敵襲などの緊急時になると、宮殿の端にある堰で水をせき止めて知らせたのです。これなら敵にばれることなく、いち早く王や重役、また宮殿内の人達に敵襲を知らせ、退避することができたそうです。

20140127_05.jpg

圧倒される程に細かく、かつ壮大で美しい装飾と水を利用した伝達網。
遠くから見た地味な印象とは全然違う、とても内容の濃い素晴らしい建築でした。

20140127_06.jpg

【白い村 フリヒリアナ&ネルハ&ミハス】
白い村が点在するのはスペイン南部のアンダルシア地方です。
その中でもフリヒリアナは、かつて「スペインで一番美しい村」に選ばれたことがあるそうです。
楽しみにしていた一つでしたが、この日は生憎の曇り空で、真っ青な空と白い村のコントラストを写真に残すことはできませんでした。
ですが、素朴で美しい景観はとても魅了されました。

20140127_07.jpg

壁に飾られた色とりどりの花やカラフルに塗られたドアは
白い村の美しさを一層引き立て、小石を敷き詰めてモザイク模様になっている道も印象的でした。
それにしても、どこをどう切り取っても絵になる村です!

20140127_08.jpg

ネルハは海岸沿いにある村で、10月というのに水着になっている人も。
空気が済んでいるときは、アフリカ大陸が見えるそうで、
海を渡ってモロッコ半日観光なんかもあるそうです!

20140127_09.jpg


この他にもまだまだ書ききれないほど、今回の旅行では沢山の場所を訪れ、多くのものに触れ、
色々なことを考えるきっかけとなりました。
スペインに行かれた際は是非ガイドさんと共に行ってみて下さいね。

役者が勢揃い!

小野田 恵子 for Private Time/2014.01.22

こんにちは。デスクの小野田です。

昨年はたくさん新しいスタッフが入社し、ブログ当番がまわってくるまでに
だいぶ時間があくようになりました。でも今年は更新が滞らないようにと思っています!

先日、東京国立博物館にいってきました。
特別展は『クリーブランド美術館展』と『人間国宝展』。
同じ上野にある東京都美術館で開催中の特別展『世紀の日本画』と合わせて、
2館コラボの 「日本美術の祭典」 というプロジェクトで2014年の幕開けだそうです。

私はクリーブランド美術館展を見てきました。
平安時代から明治にいたるまでの日本画コレクションが来日しており、
展示テーマごとに各時代の表現の違いなどが見られて、とても興味深かったです。
それと、屏風絵はやっぱり立ててある実物を見るのが良いですね!
展示数こそ少ないものの、その分一つ一つを丁寧に見ることができて満足でした。

今回の展示は上記の「日本美術の祭典」のひとつということで、ミュージアムショップには定番の
ポストカードなどの展示会グッズに加えて、日本っぽさの漂うお土産がたくさん置いてありました。

その中の1つがコチラ。「役者が揃ったTEA BAG」。

kirie01.JPG
静岡の製茶問屋 山壽杉本商店さんの緑茶ティーバッグなのですが、タグが切り絵なのです。
パッケージ右から時計回りに、助六、忍者、十二単、力士、芸者、侍 と6種類のタグがついており、
飲み終わった後はタグを切り離して再利用も可。

こんな風に壁に貼ってもちょっと楽しいという・・

kirie02.JPG
なんとなく外国の人が好きそうな、わかりやすい日本っぽさですが
国をシルエットで表現できる「役者」がこんなにいるのが日本なんですね。
(パッケージ裏面や中には英語の案内も併記されていたので日本土産って感じです。)

あまり普段から日本らしさを意識することは少ないのですが、
今回のクリーブランド美術館のコレクションのように、異国の人の目を通して日本の美について再発見するのも面白く、良い経験ができました。

ちなみに東京国立博物館は常設展のコレクションも見ごたえがあっておすすめです!
特別展のついで・・と言わず、常設だけ行ってみても良いぐらい。
国宝や重要文化財との距離感も近く、写真を撮れる展示もあったり特別展より気軽に行ける場所です。

建物自体も重要文化財に指定されていて、展示室の間の空間や階段周り、正面玄関など
来場者でざわついている中にも漂う、独特な雰囲気に浸れますよ。

お時間がある方はぜひ!

ファストの潮流

井上 陽敬 for Private Time/2014.01.17

みなさまこんばんは。プロジェクト推進チームの井上です。

寒いですね~、冬ですから当然ですか。

屋外よりも屋内で過ごすことが圧倒的に多いこの季節、
自宅に居ることが楽しくなりそうな低価格雑貨店のお話です。


///// @2014/1/17(金)/////
つい先日、北欧はコペンハーゲンから来た
低価格雑貨店「Flying Tiger」表参道店に行ってきました。

この表参道店はオープンしてから2ヶ月ほど経っていますが、
平日の昼間だというのにレジに15分も並ぶほど沢山のお客さんで賑わっていました。

all-of-i-bought-at-tiger.jpg

こちらが買ったもの全部です。これで¥6,900!

one-of-i-bought-at-tiger.jpg

一昔前ならコンランショップとかに置いてあっても不自然じゃないかと。

店内の商品はすべて、唸るほどの低価格です。
200円~400円くらいがメインの価格帯みたいです)
「これで採算あうのかなー?」って心配になっちゃいました。
もちろん低価格なだけではなく、手に取りたくなるようなデザインのものがほとんどです。

また、商品はどれも「無理なく買える」価格帯なので、
感度の高い雑貨屋やインテリアショップに居る時よりも
「これは部屋のここに置いてみるかな~」と、
現実的な想像力で脳がブンブン高速回転します。

とにかく、お客さんを楽しませることに徹しており、
そのユーザー体験の中で
「ちょこっとお金を落としてくれればいいかな」という余裕さえ感じました。

ということで、お店の中にいると楽しいので是非皆さんも行ってみることをオススメします。
次は「アソコ*1」にも行ってみたいです。

*1:同じく低価格雑貨店。日本の衣料品メーカー「遊心クリエイション」が手掛ける

今回のおまけ:
イギリスのティーネイジャー2人組みです。
甘めの曲が多く、なかなか貫禄を感じるメジャーさも兼ね備えててナイスです。
こんな素敵な音楽がフリーで聴ける時代になりましたか。。。


「Bondax - Giving It All」:

踊り念仏と最高のアフロ

若林 咲 for Private Time/2014.01.10

こんにちは。プロジェクト推進部の若林です。

2013年末は、京都に旅行に行きました。
年末は多くの寺社がお休みで、どこに行こうか迷いましたが、
運良くずっと気になっていたお寺が開いていたので、今こそ!と思い行ってきました。

まずは、六波羅蜜寺です。

念仏の祖と言われている空也上人が平安時代に開創したお寺です。
空也上人立像が見たくて、中学生の修学旅行の時にグループのメンバーを誘いましたが、
結局金閣寺を選ばれてしまい、行けずじまいでした。

空也上人は、京の街に疫病が流行った際に、
踊りながら念仏を唱え、病魔を鎮めたと言われています。
口から6体の阿弥陀が飛び出している空也上人立像は、
「南・無・阿・弥・陀・仏」と念仏を唱え、世を救った姿そのものでした。

そんな上人が創った六波羅蜜寺では当然念仏を唱えるわけですが、
鎌倉時代に念仏は危険だ!と弾圧されたことがありました。
そんなときにも「上人の教えを守るぞ」ということで、
このお寺では、こっそり隠れて念仏を行っていました。
しかも、もし見つかってもごまかせるように、
「南無阿弥陀仏」を「モーダーナンマイトー」と良くわからない呪文に変え、
みんなで踊りまわっていました。

この踊り念仏は「空也踊躍念仏」と呼ばれ、重要無形民族文化財に指定されており、
12月後半の限られた期間にだけ、一般公開されています。
せっかくの機会なので参加し「モーダーナンマイト―」と唱え、2013年の罪業消滅をしてきました。
踊り念仏は、一見の価値があると思います。
機会があったら、是非行ってみてください。

参加するとお札がもらえます
fuda.jpg

もう1つは、金戒光明寺です。

幕末に京都守護職に就いた松平容保と共に会津藩が本陣をおいたお寺です。
「八重の桜」が放映されていた2013年に行けてよかったです。
私は、このお寺にいる「五劫思惟阿弥陀像」にずっと会いたかったのです。
阿弥陀様が五劫という長い時間修行をして螺髪が伸びてしまった姿を表現した仏像です。
アフロのようなその姿は本当に最高でした。

ヘイ!と呼びかけたくなります
aflo.jpg

余談ですが、寺社を参拝した際は必ず御朱印をいただくことにしています。
御朱印帳にも様々なデザインがあり、いろいろ欲しくなってしまいます。
南禅寺と建仁寺の御朱印帳が最高にかっこいいです。

寺用は奈良県の長谷寺
hase.jpg

神社用は島根県の出雲大社
izumo.jpg

ちなみに南禅寺と建仁寺はこんな感じです。
南禅寺
nanzen.jpg

建仁寺
unryuu.jpg

2013年は、本当にいろんな場所でいろんな人に会ってたくさんのことを知りました。
2014年も、きっとたくさんの出来事があるに違いないのでしょう。
1つ1つ真摯に向き合い、考え、成長していきたいと思っていますので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ソーシャルコマース

本江 慶太郎 for Private Time/2014.01.07


ソーシャルコマースサービスを利用されている方は年々増えているのではないでしょうか?

Pinterest、Sumallyなど画像共有からスタートしたサービスや、OrigamiやFANCYなどのようにeコーマス+キュレーションをメインにスタートしたサービス、その他「svpply https://svpply.com/」「Clipie http://clipie.it/」「9cool http://www.9cool.jp/「loverly http://lover.ly/」など最近は本格的なサービスが続々と立ち上がってきています。

私はその中でも「FANCY http://fancy.com/」がお気に入りです。
洋服、靴、アクセサリーなどのファッションアイテムや家具、旅行商材、チケット、デジタルガジェットの他、なんと言っても、ランボルギーニー、ブガッティのヴェイロン、フェラーリーなどのカスタマイズ車、ヘリコプター、モーターボート、ヨットなどもありECサイトでは見た事のない価格が連発していて、スケールが違います。

154781654588595339_a6fa86b2f710.jpeg

120653767665259073_cc9e528cc07f.jpg

281608821_ce9693d1f0a7.jpg

品質、デザイン性が優れていて"クール"なアイテムで"売れる"、"売りたい"ものであれば何でもよく、ECだけではなく、リバースコマースやマイクロファンドなどの機能もあり見ているだけで楽しく、ワクワクする商品が毎日更新されています。
Tim Cook、Bill Gates、Mark Elliot ZuckerbergやLady GaGa、Alicia Keys、Justin Bieber、Ashton Kutcherなど超が付くほどのセレブな人達も利用していたりする為、スケールが違う、センスのいい、ロイヤリティの高いユーザー向けの商材を用意するのは当然の事だと思います。
お値段もそれなりですので、私は1回しか購入した事はないですが、アクティブユーザーの60%は男性との事のようです。それと、欲しい商品を買いにくるのではなく、欲しい商品は何かを教えてくれる楽しさもあり、普段ウィンドウショッピングをしない私でも見ているだけで楽しめるのだと思います。

109304267864544277_755b82ed4425.jpeg

229961223_e2d8749e16fa.jpg

138147131302087255_7c7099d51466.jpg

ソーシャルコマースサービスは、当たり前ですがモバイル前提のものが多く、o2oなど最新の機能が取り込まれていたり、アプリのデザイン、UIは非常に素晴らしくいつも参考にさせて頂いています。

iphone_motoe.jpg

しかし規模や売上はamazonや楽天などに比べると圧倒的に小さく、品揃でもキュレーションされた洗練された商品を掲載する必要がある為、絶対数が少ないため劣ります。
商材を増やして売上を伸ばしたいところだけどできない。このような事象をキュレーションのジレンマと言うらしいのですが、確かに普通の洗剤やお米、水などが商品棚に陳列されていたりしたら引きますよね。

ソーシャルコマースもそうですが、amazon、楽天などの巨大モール、コモディティー商品に特化したECサイト、地域密着型のネットスーパーなどECサイトと言っても今はいろいろな形態があり、ECサイト案件をやらせて頂いている時は、物を売るというのは難しい事だなといつも痛感します。
これからどのように進化していくか予測するのは非常に難しいですが、この進化過程の時代にいる事と、その一部分でも進化に関われる事ができる事は非常に素晴らしい事だと思います。
今年はその進化に少しでも多く関われるように、よりいっそう頑張りたいと思います。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版