宇宙ミュージアム『TenQ』に行ってきました

菅原 千恵 for Private Time/2014.09.29

こんばんは。
分室では去年風邪とインフルエンザが大流行したので、今年もまたバイオハザードが起きるのではないかと戦々恐々としているクリエイティブチームの菅原です。

先日久々にアミューズメント施設に行ってきました。
今年の7月にオープンした宇宙ミュージアム『TenQ』です!


ビルのワンフロアほどの大きさでしたが、
壁一面に広がるイントロダクションの映像や、
4Kによって再現された宇宙や地球の映像は息を呑むほどの迫力と感動でした。

また、映像のみならず、惑星や衛星について説明された展示も多く見られました。
ほかの博物館とすこし違うなと思ったのは、
説明パネルのついた展示を見るだけではなく、
ミニゲームに参加したり、宇宙人占いをしたりと
わいわいとした雰囲気があったことです。

こんな展示もあったり・・・
IMG_8306_03.png
天井からぷらーんと吊るされているのが可愛い・・・

しんとした博物館とはまた違った面白さが魅力的でした。

出口へと続く道には、青くいくつも輝く星の中に偉人や宇宙に関する人々の言葉が浮かんでいました。
なかでも印象に残った言葉はこちら
IMG_0486_03.jpg
つい時間を忘れて見入ってしましました。

宇宙が好きな人なら楽しめるのではないかと思います。
機会がありましたら是非足を運んでみてはいかがでしょうか

バブルサッカー

斎藤 愛加 for Private Time/2014.09.10

こんにちは。
プロジェクト推進部の斎藤です。

先月大学時代の友人と何人かで集まり、サッカーをしてきました。
とはいっても特にサッカーが上手くも好きでもない私と友人たちは、
「普通にやるだけでは面白くない!」となり、
昨年から話題沸騰中のバブルサッカーというものをやってきました。

1409.jpg

バブルサッカーとは、
上の写真のように丸い風船のようなものの中に入り、サッカーを行うスポーツです。
※画像が荒くてスミマセン。。

普通のサッカーのように、ボールをけったりする足裁きも大切ですが、
相手に体当たりをしてボールを奪えるかがコツとなります。
体当たりされても、風船が衝撃を吸収してくれるので痛くありません!笑

不思議なスポーツですが、
ノルウェーのサッカー番組で考案されたのをきっかけに、欧州で人気が出たそうです。

本当にサッカーが好きな方には邪道なスポーツかもしれませんが、
意外と楽しいので是非一度やってみてください♪

TAKEO PAPER SHOW 2014

上田 学 for Private Time/2014.09.07

こんにちは。
クリエイティブチームの上田です。

先日、紙の専門商社である竹尾が主催する
紙とデザインのイベント「TAKEO PAPER SHOW 2014」に行ってきました。

このイベントは、1965年に始まり第47回目を迎え、今回は「SUBTLE サトル | かすかな、ほんのわずかの」をテーマに企画・構成に原研哉氏を招いて開催されました。





すべて撮影OKだったので、少し紹介させていただきます。

2014-05-31 15.35.30.jpg
まず最初に「紙の花/三澤 遥」。
筒状に丸めた紙を鉛筆削りで削りだしたもの。とても繊細で美しい作品。


2014-05-31 15.37.56.jpg
「コントロール/中村竜治」。紙で作られた構造物。

2014-05-31 15.39.22.jpg
「I HATE U / I LOVE YOU/色部義昭」。
片面が蛍光色の紙を使用し、下部に反射した色が見えている。


このような15人のクリエータによる作品が並びます。
様々な紙を使用し、その紙の特性を活かした作品はとても勉強になりました。

繊細で壊れやすい作品からは紙独特の緊張感や崇高さを感じられ、
デジタルでは感じられない五感を刺激する紙の素晴らしさを実感しました。

数は減っても、紙と印刷はなくならないで欲しいものです。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版