『北沢小西』という店

成宮 成 for Private Time/2016.06.21

こんにちは。クリエイティブチームの成宮です。

僕はここ最近、毎年父の日に普段スーパーなどで目にする事の少ないビールを探して贈っているのですが、今回は新たに珍しいビールを買える良い店を見つけたのでご紹介させてもらいます。
その店は下北沢にある『北沢小西』という店。

kitazawa_01.jpg
一見普通の酒屋さん、入ってみると冷蔵ケースには見た事も無い珍しいビールが100種類近くズラリと。そのビール達は最近巷で耳にする事の多い"クラフトビール"と呼ばれる小さな醸造所が作るビールです。
この店の面白いところは、有料試飲という形で、キャラのある知識の深いお店の方とビールなどお酒の事について説明を受けたりお話をしながら店内で売ってるビールを飲む事が出来るところです。

早速僕も店員さんの勧めてくれたビールを試飲。パッケージもとてもステキです。。。ウマイ! 他にも1本試飲したのですが、どちらも今まで飲んだ事の無い味わいで、すっかりクラフトビールというもののトリコになってしまいました。


この店にはカルディなどでは余り見かけないアメリカのシードルも豊富に揃っていて、次はシードルがブームになると店員さんが目をキラリとさせて言っていました。

お陰で今年は父に良い物が贈る事が出来ました。

kitazawa_03.JPG

LABYRINTH OF UNDERCOVER

奈良 文美 for Private Time/2016.06.07

こんにちは。
クリエイティブチームの奈良です。

少し前になりますが、
オペラシティで開催された「UNDERCOVER展」に行ってきました。




1990年、高橋盾が立ち上げたブランド「UNDERCOVER」。
当時、東京のストリート感覚を反映した独自の作風で、
いわゆる裏原系ブランドの代表として支持を集めました。
今回の展示は、初期から最新作までのコレクションルックを中心に、
25年間を振り返るものとなっていました。


undercover02.jpg

undercover03.jpg

undercover04.jpg

undercover05.jpg

undercover06.jpg

私は高校の時、UNDERCOVERが好きでした。
当時、地元青森では扱っているショップが1軒しかなく、
そこに各サイズ一足ずつしか入荷しないスリッポンを入手すべく、
入荷日の平日に高校をサボり買いに行った懐かしい記憶(笑

服飾に興味を持ち、友人たちと真剣に服を作りフリマなどで売ったりもしていました。
長期の休暇になると、東京など都会に出かけて行きショップを巡り、買い物とリサーチ。
一応進学校だったため規則が厳しくなく、私は、お気に入りの蛍光色のかばんで登校し、
高校を出たらボーダーソックスを履いたり、好きなアウターを羽織ったりと、
個性的で自由奔放な子だったと思います。
かっこいいかどうかは別として(笑

自分が惹かれたものは追いかけ、チャレンジしてみる。
そんな高校生だった気がします。

普段会社では、働きやすい適当なゆるい格好をしているので、
あまり洋服に興味を持っている印象はないかもしれませんが、
実は意外と。

今はネットでいろんなものが買える時代になりました。
欲しい1点のために、走り回って買いに行ったりしていたことがとても懐かしいです。
便利さに甘んじてしまうことも多々ありますが、
好きなものを求めて動く行動力は、いつまでも大切にしたいですね。
この展示に行って、昔の情熱を少し思い出しました。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版