Google+(グーグルプラス)はどうだい?

井上 陽敬 for Private Time/2011.11.09


初めまして、そうでない方も宜しくお願いいたします。
ディレクションチームの井上です。
さっそく自己紹介です。
・長男として北九州に生まれ、麦酒のようにすくすく育つ
・広義で流行を学ぶために上京し、今やすっかり一児の父
・デザイン全般とインターネット好きが講じて株式会社digを掘りあて…←いまここ
ということで、私はブログが回ってくるタイミングで
気になっているトレンドやトピックスについて書いていきます。


///// @2011/11/09(水) /////
昨日、Google社謹製のSNSサービス
「Google+」にFacebookページに似た機能「Google+ ページ」が追加されました。
この機能追加の将来性について3つ側面から考えてみましょう。
1.競合(Facebookページ)との優位な点
2.GoogleがGUIを統一している理由は?
3.スマートフォンとの親和性


<1.競合(Facebookページ)との優位な点>
まず、日本のgoogle+開発チームのリリースノートからおいしいとこを引用します。


「Google+ ページ」で、新しいつながりを

情報発信時のグループ分け機能であるサークルを活用すれば、相手の細かな興味に合わせてメッセージを発信することが可能です。たとえば同じ携帯電話のキャンペーンでも、“既存の顧客”サークルには「いつもありがとう特典」の情報、“新規見込み客”サークルには「今ならお得キャンペーン」の情報を送るなど、ひとつのページでターゲットごとにメッセージを発信することができます。


なるほど、確かにこれは情報の出し分け機能において
Facebookページのそれとは異なる大きな優位点です。
しかもGoogleであれば、検索やメールサービスで既に得ている
精度の高い属性データを持っていると考えられるため、機能への期待は高いです。
純粋に機能だけで考えると、
「定期的に似た性質のキャンペーンをセグメント毎に展開する場合」は
Google+ ページに軍配があがりそうです。


<2.GoogleがGUIを統一している理由>
ここ最近、Googleが提供するサービス
(Gmail、カレンダーやリーダーなど)のデザインが、
Google+のようなテイスト/使い心地でリニューアルされています。
デザインの老朽化もその理由の一つと考えられますが、
私はそれ以外の理由から戦略的な予感がしています。
それは
・Googleのサービスとしては新しい「Google+」のGUIに近づけている
・Googleリーダーの「共有/コメントをつけて共有」機能が無くなり、
 その代わりに「+1」ボタンが実装された
上記のように、
操作感や機能の一部を「Google+」(SNS)に
まとめようとしている傾向がみられるからです。


<3.スマートフォンとの親和性>
昨今のスマートフォンブームの火付け役はiPhoneであることに誰も異論はないでしょう
しかし、Android端末は
・通信キャリアには導入障壁の低さ
・端末メーカーには開発コストの低さとOSのオープン性
これらを理由に、
スマートフォンをまだ持っていない/使ったことがないユーザを中心に、
シェアが広がることは必至と言われています。


スマートフォンの利用が加速! グーグル・アンドロイドOSがアップルiOSのシェアを抜く! - comScore, Inc


ここで話を少しSNSにもどします。
iPhoneに搭載されている最新のOS、iOS5からは
SNSへの投稿機能がユーザに分かりやすく、手軽にできるようになりました。
AndroidにこのようにOSレベルでSNSと連携した、目立つ機能を搭載するとすれば、
おそらくgoogle+の機能の一部が搭載されるのではないかと私は考えています。
これによりAndroidユーザは、これまでよりも更に自然にGoogle+(SNS)と接触することになるでしょう。


■まとめ:
今回の機能追加の影響力は未知数ですが、細かくセグメント(最適化)されたコンテンツを
Androidユーザへ一気にリーチできそうな点で、早期から活用する価値は充分にありそうです。


□余談:
ちょっと前に「Facebook Phone」がこっそり発売されていたようです。
Facebook Phoneはストレージなしのクラウド端末、HTC製造で来月発表?

HTC ChaCha Product Support – HTC Help Centers


おくちなおしに:
生まれ変わったら是非、梶芽衣子が姉であってほしいものです X)
Girls On Film (Drop Out Orchestra Rework) EDIT by Drop Out Orchestra


 

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版