ドラゴンクエスト展

北中 良枝 for Private Time/2011.11.15

こんにちは。はじめまして、クリエイティブチームの北中です。
出身地は兵庫県。大学は京都のほうで芸術、デザインを学び、
webデザイン関係の仕事に就きたく、東京に上京してから4年目、
digに入社してもうすぐ1年が経ちます。

今回は、六本木ヒルズタワーの森アーツセンターギャラリーで開催中の
「誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展」に行ってきたことを書こうと思います。

何となくの情報は聞いていたものの、行ってビックリでした!
展覧会の内容は、第一章「伝説の冒険」第二章「導かれし記憶」第三章「新たなる旅立ち」の三章構成で、第1章の「伝説の冒険」では、冒険者となって職業を選択。
戦士、武闘家、僧侶、魔法使いの4つの中から選ぶことができ、私は戦士を選択しました!
冒険の書を片手にあちこちにある5つ謎を解いて行きます。

 

奥まで行くと竜王との対決!
参加型とはいえ、迫力がありテーマパークのような演出でした。
竜王を倒し、全ての謎をクリアして「秘密のことば」を手に入れると
「勇者の証」が貰えるという流れでした。


第2章「導かれし記憶」は、ドラゴンクエストの歴史を振り返るコーナー。
制作の仕様書やキャラクター原画などの膨大な資料を観覧できます。
残念ながらここは撮影が禁止…
驚いたのが仕様書!!どのようにしてドラクエができたか、どれだけ時間をかけてきたか、
細かい手書きの企画書までもがしっかり残っていることに本当に驚きました。
鳥山明さんの書いた多数の原画も、とてもキレイに残されていて素晴らしかったです。

第3章「新たなる旅立ち」は、開発中の最新作「ドラゴンクエストX」についての
世界観やキャラクター設定情報が、紹介されていました。

ドラゴンクエストをやったことがない友人もいましたが、これは初めてでも
十分楽しめるのではないかと思いました。

ゲームと違ってwebサイトは手元に残りません。
古いページは消え、どんどん新しく替わっていきます。
一つ一つの制作期限も短いものが多く、日々新しい仕事をこなしていきますが、
一生懸命ディレクターが書いてくれた提案書や日の目を見なかった自分の案なども
どうやって組み立ててきたか、改めて大切だなと感じました。


最後に余談ですが、ヒルズ内にジャックスパローのそっくりさんを目撃!
この日はハロウィン前日だったためとてもにぎやかな一日でした。

これからもよろしくお願いします!


 

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版