CMSはどれにするか

沼崎 for Private Time/2011.11.25

開発チームの沼崎です。

あまりいいネタが見つからなかったので、今回はCMS(Content Management System)について書いてみたいと思います。

[群雄割拠のCMS]
CMSが普及し始めた2004年から数年を経て、ウェブサイトの更新にCMSを利用することはもはや当たり前になりました。

CMSとして利用されるソフトやサービスも実に様々なものがあり、どれを利用するかを選ぶのも一苦労です。
有名どころだと、Wordpress、MovableType、Joomla!、Drupal、XOOPSなどが挙げられます。
また、ECサイトを構築する場合はMagento、ZenCart, osCommerce, EC-CUBEなど、さらにASP型のTypePadといったものもあります。

[定番ソフトのシェア]
このうち、WordpressとMovableTypeをCMSとして使うことが日本では多いようです。
これらは、その特徴からも比較・対比されることが多いソフトで、ネットで検索すれば多くの記事を見つけることができます。

興味のある方はそちらの記事を見ていただくとして、ここでは定番ソフトのシェアを考えてみます。

どれくらいの数のサイトで使用されているかを調べることは不可能だとは思いますが、
ネットでの検索回数をシェアと考えても、当たらずとも遠からずといったところではないでしょうか。

1つ目のグラフは日本で、2つ目のグラフは全世界での、Googleでの検索回数のグラフです。


wordpressmovable typejoomla!drupalxoops



wordpressmovable typejoomla!drupalxoops


この記事を書いている時点ではWordpressが最もシェアが多いと推測できます。
その他にも、検索での記事のヒット数も参考になる数字の1つだと思います。

シェアが多いということは、ソフトを利用する上で同じことに悩んでいる人も多いので、
その解決方法がネットにたくさん載っていて、私も大いに恩恵にあずかっています。

ただし、シェアの多さは決してソフトの優劣を表すものではありません。

[何を選ぶべきか]
数多くあるソフトの中から1つを選ぶためには、
費用、サーバ環境、サイトの規模・特徴・更新頻度・アクセス数、
といった様々な要素から判断する必要があります。

シェアも一つに基準になりますが、これらを考慮せずに適当にCMSを選ぶと後に後悔することにもなりかねません。

しかし、CMSはどんなサイトでも対応できる万能のソフトではありません。
2つ以上を組み合わせたり、既存のソフトではなくオリジナルのCMSを作成して使った方が良いこともあります。
場合によっては、CMSを使わないということも1つの選択肢になるかもしれません。

digでは最適な方法をご提供させていただく体制を整えておりますので、
お声掛けいただければと思います。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版