シンプルな制約と純朴なオマージュはデザインの味方

井上 陽敬 for Private Time/2012.03.28



こんにちは。プロジェクト推進チームの井上です。
実は前回のエントリに書いた"新しいiPad"に関する記事を書こうと思いましたが、まだ届かないようなので別の機会にします。
今回は先日の弊社代表のエントリでも触れていたヨーロッパのデザイナー(ディーター・ラムス)のデザインとアップル製品の一部が似ていることを指摘していましたが、これをみて最近興味を持っている、ある製品を思い出しましたので「気になっているトピックス」としてご紹介いたします。


///// @2012/3/28(水) /////
既にengadgetなどのガジェット系のブログなどでも紹介されていたためご存じの方も多いと思いますが、
"OP-1"というスウェーデン産の小型シンセサイザーです。

op1_3_5842.jpg

既に日本の小売店にも流通しており、話題(需要)も落ち着いてきたところです。他の小型シンセと比べてどこがすごいか3点にまとめると、デザイン・ポータビリティ・後から機能をアップデイトできることです。

実はこの製品の開発者は製品のコンセプトやデザインは日本の計算機メーカーCASIOの"VL-TONE"

big-casio_vl_tone_9957.jpgに影響を受けている旨を表明しています。



確かに幾つか似ていますが、「現代版"VL-TONE"」ではなく、「オリジナルな"OP-1"」になっているのは私だけが感じていることではないと思います。
(今回はそういうことが言いたかったです)

私の中ではこの"OP-1"が発表された時は本当に新しい時代の訪れを感じました。
そう、それは初めてAjaxを駆使して作られたWeb2.0的なサイトに出会った時のように。

広義でデザインに興味がある方でこの"OP-1"をご存じない方は是非とも本家サイトでその世界観をチェックしてみてください。ハード(ウエア)からソフト(ウエア)までかなり洗練されています。開発者のメンツは親日家のようなので、いつか来日したときにでも話せる機会があればいいなぁなんて切に願うばかりです。

ちなみに、ヘッドフォン/イヤフォン業界の寝耳に水こと"AIAIAI"fromデンマーク

23_b70dddc388-l.jpg

とはビジネス面で協業しており、この動きも私にとっては凄く興味深いです。 

今回は特にこれといった結論はなくただの紹介ですが、たまにはこういうのもアリですよね!?

おくちなおしに:
若かりしジェニファー・コネリー。CMのクリエイティブ全体から当時の香りがいかんなくたちこめてます。 



ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版