iPhoneアプリ その2

沼崎 for Private Time/2012.11.16

前回の続きです。

iPhoneアプリを公開すると、専用のサイトで日々のダウンロード数を確認することができます。
最初のアプリの公開後、期待に胸を膨らませながらサイトを確認してみると初日のダウンロードはゼロ。

試しにと思い期間限定のつもりで無料にしてみると・・・ダウンロード数やレビューの数が一気に上がります。
AppStoreランキング上位に食い込んだり、ニュースサイトやアプリの紹介サイトに掲載されたり、解説付きの動画をYouTubeにアップしてくれる人まで出てきて、いつの間にか自分の知らないところで拡散していくのを目の当たりにして、得も言われぬ高揚感を感じました。

それと同時に、何十万ものアプリがひしめいている中、相当レベルの高い、もしくは突出してユニークな、ニッチなものでないと有料アプリはダウンロードしてもらえないのだと、世の中そんなに甘くないのだと思いました。


専用サイトでは他にも世界中から投稿されたレビューを確認することができます。
少し前に"日本のAppStoreのレビューは世界一民度が低い"とネット上で話題になったこともあるので、何を書かれるか最初は心配していましたが、幸い今のところ目立って酷いレビューはありません。
同じアプリでも、激励してくれる人、酷評する人、意見は様々ですが、概ね高い評価をくれる人が多く、ホッとしています。
こちらからレビューを投稿してくれた人にメッセージを送るようなことはできませんが、要望をアプリに反映すると即座にお礼のコメントをくれるような人もいて、そういう反応があると本当に励みになります。

今はObjective-CやXcodeにも慣れ、日々新しいことを覚えていく事が楽しく、新しいアプリも計画中です。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版