困った!ブログ当番

本江 慶太郎 for Private Time/2014.03.24

ブログ当番がやってきました。
ブログ当番の新ルールで、前の人がブログを更新してから3日以内に書かなくてはいけません。
3ヶ月以上先だと思っていたら、突然自分の番がやってきました。これは緊急事態です。
昔から日記や作文が大の苦手なので本当に困りました。しかも、ここ最近の週末は、寝てる(70%)、huluでお気に入りの海外ドラマを観る(20%)、飲み行く(10%)の生活なのでネタもありません。
仕方がないので、今までは避けてきたのですが、趣味でもある、最近プチ改造したクルマの話をしたいと思います。

クルマの所有経験がある方や、教習所へ最近通った方なら一度は耳にした事があるかと思いますが、「ESC」横滑り防止システムについてご存じでしょうか?

「ESC」はABSやTCSを統合制御し、クルマがより安全に曲がることができるようにする装置です。
呼称は、ABSやTCSと違いメーカーによっていろいろあります。日本のメーカーだけでも



スズキ ESP (Electronic Stability Program)
トヨタ VSC (Vehicle Stability Control)
日産、スバル VDC (Vehicle Dynamics Control)
ホンダ VSA (Vehicle Stability Assist)
マツダ DSC (Dynamic Stability Control)
三菱 ASC (Active Stability Control)

と様々な呼称があります。

各メーカーで呼称が違うのは、制御の考え方や味付けが違うからだと思います。

では「ESC」はどのような時に機能する装置かというと、単純に言うと曲がりすぎて後輪が
滑りそうな時や、前輪が滑って思った方向に曲がらない時などに効果を発揮します。
わかりずらいですね。要すにスリップしそうな時に、スリップしないようにする装置です。

雨の日や砂利道など滑りやすい路面で少しきつめにハンドルを切ってしまうと、突然、横滑り警告灯が表示されグッグッグッとかガクガクといった音がし、ブレーキが入ります。
こんな風にESCは介入するのですが、最初は自分のコントロールから外れるのでかなり怖いですが、慣れるとまたかといった感じです。

しかしこの装置、運転を"楽しむ"場合少々余計な装置です。例えがあっているかわからないですが、ESC付のスキー板でスキーを楽しむようなものです。自分で書いておいてアレですが、ESC付のスキー板がどうのように滑るかは全く想像できないですが、きっと面白くないはずです。

であれば、ESCを解除すればよいという事で、上の図のようなスイッチを押してOFFにしたのですが、私のクルマはESCを切ってもブレーキの制御は残ったままで、完全に解除することはできませんでした。

忌々しいESCめと思い、早速インターネット。ちょっとググれは写真付きで詳しい改造例がたくさん。もちろんディーラーでは作業をしてもらえませんので、全て自己責任で部品を分解しインターネットの情報を参考に電子工作をしました。ESCを切ったままだと少し不安な時もあるので、スイッチを付けて完全にON/OFFができるように改造しました。

人を乗せてのドライブや、長時間の高速でのドライブ、知らない道でのドライブはESCを作動させ予期せぬ横滑りに対応し、それ以外ではOFFにし横滑りも楽しみながら運転しています。おかげでタイヤが2年ももちません・・・。
もっといろいろと書きたい事があるのですが、マニアックになるのと少々危険な面もあるので今回はここで終わりにしたいと思います。

最後に「みなさんも機会があったらESCを切って、2つの安全(命、免許書)を大切にドライブを思いっきり楽しんでみてはいかがですか」と言いたいところですが、おすすめもできないので、今回はクルマ好きの独り言だと思って頂ければと思います。

あ、ESCを切ると便利な事がありました。最近東京でも大雪が降りますが、もしクルマが雪でスタックした場合はESCがONのままだとエンジンが回らない時もあるので、ESCを切るとエンジンを回す事ができるので脱出できますよ。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版