テレビっ子の一日

古谷 梢 for Private Time/2014.03.31

こんにちは。
ブロジェクト推進部の古谷です。

仕事が終わり、家路について、お家でふーっと一息つく時、
みなさんはどんなことをしていますか?

私は根っからのテレビっ子なので、
帰って部屋に入るなり、テレビの電源を入れてしまいます。

癒やされたり、感心したり、驚いたり...
一日の疲れがとれていく瞬間のような気がしています。

特にNHK Eテレは、いい大人になった今でも、
刺激をうける番組でいっぱいです。

そして先日、Eテレのクリエイティブな番組群、
略して「Eクリ」のインスタレーションを開催中とのことで見に行ってきました。

ミッドタウンで行われたこの一大展示は、
「ピタゴラスイッチ」「2355」「0655」「デザインあ」「テクネ」の
番組内で紹介されたワークショップやアート作品を体験できるというものでした。
furutani_0331_1.png
furutani_0331_2png.png
同時に、ミッドタウン内に散りばめられた「Eクリ」カード20枚を、
ヒントをたよりに探し出し、1冊のアートブックを完成させるという
ラリーイベントも開催されていました。

ミッドタウンのB1Fから4Fまで、とにかく歩き続け、
途中素敵なお店の誘惑に駆られながら、なんとか20枚集めきりました。

そんなラリーの途中では、新たな発見もあり...

ミッドタウン・デザインハブで開催されていたまた別の展示会「わたしのマチオモイ帖」展。
日本全国のクリエイター一人ひとりが、
「自分の街への思い」をしたためたジン、約340冊の展示でした。
furutani_0331_03.jpg
端から端まで表紙を眺めているだけでも、日本縦断旅行をしたような気分になれるくらい、
その土地々々の空気感があらわれていました。

私の出身地は徳島の山の麓、とにかく田舎なのでさすがに無いだろうと思っていましたが...
ありました!
なつかしいような、気恥ずかしいような、新鮮な気分になりました。

もちろん代々木上原もありました。
やはり、本から漂う雰囲気がまったく違っているように感じました。
furutani_0331_05.png

とにかく歩きまわった一日でしたが、
発見につぐ発見で、刺激にあふれた一日でもありました。

テレビ、展示会、読書、ネットなどなど...
いろいろなところにアンテナをはらなきゃいけないな、
としみじみ感じている今日このごろです。



ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版