休日に観たい映画(1)

野口 雄二 for Private Time/2014.03.31

はじめまして。
今月プロジェクト推進部に入社いたしました野口と申します。
今後ともよろしくお願い致します。



いきなりですが、映画『めがね』をご存知でしょうか?







今回は、好きな映画の話をしたいと思います。



『めがね』は、荻上直子監督の2007年の作品。荻上直子監督の作品は、他に『かもめ食堂』『トイレット』『バーバー吉野』など、シュールで温かい空気感のある作品が特徴的だと思います。もたいまさこさんが毎回出てきますね。



その中でも、
一番好きな映画は、前述の『めがね』(youtube動画)です。



学生時代、半年くらいかけて映画を撮ったことがございまして、夏に1週間ほど沖縄行って撮影をしました。
沖縄で撮る予定だったため、雰囲気がつかめる映画を観漁っていました。



その時に初めて観た映画が、『めがね』でした。



画の撮り方もさることながら、キャスト、ストーリー全体に渡るゆるーい空気感、観ている側を急かさないストーリー展開。。。



物語の中に自分が入っていく(気持ち的な意味で)というよりも、冷静に作品のテーマと向き合っている自分がいて、なんとも心地良く、自然体で観ていられる映画だなと思いました。



めがねというタイトルは特に意味がない。ただ、メインキャスト全員がめがねをかけているだけというところも、なんともシュールで好きです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



映画の中で特に印象的なシーンは、小林聡美さん扮するタエコが、行き場を失ってとぼとぼと歩いている。すると後ろから、もたいまさこさん扮するサクラさんが自転車でやってくる所です。



タエコのちょっと先で、サクラさんが自転車を止め、タエコの方を振り返る。



タエコはサクラさんのもとへ歩み寄ろうとするが、キャリーバックが重い!ひっかかる!



そこで、タエコはキャリーバックを手離して、サクラさんの元へ行きます。



映画のテーマを象徴しているシーン(と個人的には思う)で、とても印象的です。



「何が自由か、知っている」



日々忙しなく過ごす中で、ちょっと立ち止まって考えたい。
そう思ったときは、『めがね』を観てはいかがでしょうか。

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版