EAST TOKYO 蔵前

成宮 成 for Private Time/2014.12.15

浅草の隣町、蔵前が最近ブルックリンみたいになっている。
そんな噂を聞いたので調べてみると確かにクラフト系の作家の工房やデザイン事務所、カフェなどが増え始めている都内でも注目のスポットと。。気になって行ってみました。

まずは雑誌などでも見て一番行ってみたかった「Nui. HOSTEL & BAR ROUNGE」
こちらは江戸時代からの倉庫をリノベーションしてたゲストハウスという事でどでかいエレベーターなど随所にその名残がみえました。1階カフェ&バーラウンジが併設されていて、宿泊客でなくても誰でも利用できるのでまずはビールを。相部屋も有りかなり安く泊まれるので世界中のバックパッカーが来るらしく、カフェに訪れるだけで少し旅に来た気分になれました。

NUI.JPG

そして、Nuiのスタッフの方が「MIRROR」という川を見ながら食事が出来る素敵な店があると教えてくれたので、食事は済ませていたのですが様子を見に。
行ってみるとこちらは各階にカフェレストラン、リビングスタイルBAR、プライベートサロンと性格の異なる3つの店舗が入っている食の複合施設との事で。夕方の光がたっぷり入り川を見ながらゆったりと過ごせそうな空間が見え、今度はぜひここで食べようと心の中で自分に約束しました。

MIRROR.JPG

最後は「KONCENT」というオリジナルとセレクトの両方のを扱うデザイン雑貨屋。中で見つけた渋谷にあるTAKIBI BAKERYの商品(写真右上)、PEPPERSMITHというイギリス生まれのオールナチュラル素材のミント&ガムのパッケージ(写真右下)が初めてみたのですがとても好きでした。こちらに置いてある商品は、どれもなんだか作り手の新しいものを作りたいという思いが伝わってくる刺激的なものでした。

CONCENT.jpg

TAKIBI BAKERYの事が気になり帰って調べてみると、アパレル業界では衣食住を複合的に展開するスタイルが増えて来ていますが、TAKIBI BAKERYはパンとそのまわりの食材、食器類、インテリアと衣・食・住の垣根を越えて展開中との事で。色々な展開の仕方があるのだなと思いました。ちなみにTAKIBI BAKERYが運営するBISTRO「SALT & SOIL」もVANSっぽい雰囲気のロゴやアーリーアメリカンっぽい看板も素敵です。

SALT&SOIL.jpg

話が逸れてしまいましたが、ブルックリンには行った事が無いので比べられないのですが、古いものと新しいものが同居する蔵前は何か新しいものが生まれていくパワーを感じさせてくれる魅力的な街でした。






ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版